装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売

2018.11.29 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティー
プジョー3008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大

今回の3008クロスシティーは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに掲げ、機能と装備を充実させた特別仕様車。パワートレインは1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと6段ATの組み合わせのみで、ディーゼルの設定はない。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンターラとテップレザーのコンビシート、グリーン系のステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが備わる。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムやBピラーステッカー、クロームドアミラーによるドレスアップも特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール
  • 18インチマッド&スノータイヤ
  • ダークグレーのアルカンターラ&テップレザーシート
  • フロントシートヒーター
  • 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • インテリアのグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングホイールなど) 
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム、左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • フロントドアステップガード
  • フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008クロスシティー:405万円
  • 3008クロスシティー パノラミックサンルーフ:420万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る