装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売

2018.11.29 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティー
プジョー3008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大

今回の3008クロスシティーは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに掲げ、機能と装備を充実させた特別仕様車。パワートレインは1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと6段ATの組み合わせのみで、ディーゼルの設定はない。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンターラとテップレザーのコンビシート、グリーン系のステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが備わる。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムやBピラーステッカー、クロームドアミラーによるドレスアップも特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール
  • 18インチマッド&スノータイヤ
  • ダークグレーのアルカンターラ&テップレザーシート
  • フロントシートヒーター
  • 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • インテリアのグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングホイールなど) 
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム、左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • フロントドアステップガード
  • フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008クロスシティー:405万円
  • 3008クロスシティー パノラミックサンルーフ:420万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る