装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売

2018.11.29 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティー
プジョー3008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大

今回の3008クロスシティーは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに掲げ、機能と装備を充実させた特別仕様車。パワートレインは1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと6段ATの組み合わせのみで、ディーゼルの設定はない。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンターラとテップレザーのコンビシート、グリーン系のステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが備わる。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムやBピラーステッカー、クロームドアミラーによるドレスアップも特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール
  • 18インチマッド&スノータイヤ
  • ダークグレーのアルカンターラ&テップレザーシート
  • フロントシートヒーター
  • 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • インテリアのグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングホイールなど) 
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム、左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • フロントドアステップガード
  • フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008クロスシティー:405万円
  • 3008クロスシティー パノラミックサンルーフ:420万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • 【ジュネーブショー2019】プジョー、初公開2台を含む全展示車が電動化モデルに 2019.3.4 自動車ニュース 仏プジョーは、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、新型「208」とプジョースポールの名を冠した「508」の新たな高性能電化スポーツコンセプトを世界初公開する。
ホームへ戻る