装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売

2018.11.29 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティー
プジョー3008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大

今回の3008クロスシティーは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに掲げ、機能と装備を充実させた特別仕様車。パワートレインは1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと6段ATの組み合わせのみで、ディーゼルの設定はない。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンターラとテップレザーのコンビシート、グリーン系のステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが備わる。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムやBピラーステッカー、クロームドアミラーによるドレスアップも特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール
  • 18インチマッド&スノータイヤ
  • ダークグレーのアルカンターラ&テップレザーシート
  • フロントシートヒーター
  • 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • インテリアのグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングホイールなど) 
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム、左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • フロントドアステップガード
  • フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008クロスシティー:405万円
  • 3008クロスシティー パノラミックサンルーフ:420万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
ホームへ戻る