装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売

2018.11.29 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティー
プジョー3008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月29日、プジョーブランドのSUV 「3008」の特別仕様車「3008 CROSSCITY(クロスシティー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大
 
装備が自慢の「プジョー3008クロスシティー」発売の画像拡大

今回の3008クロスシティーは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに掲げ、機能と装備を充実させた特別仕様車。パワートレインは1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと6段ATの組み合わせのみで、ディーゼルの設定はない。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンターラとテップレザーのコンビシート、グリーン系のステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが備わる。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムやBピラーステッカー、クロームドアミラーによるドレスアップも特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール
  • 18インチマッド&スノータイヤ
  • ダークグレーのアルカンターラ&テップレザーシート
  • フロントシートヒーター
  • 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • インテリアのグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングホイールなど) 
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム、左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • フロントドアステップガード
  • フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008クロスシティー:405万円
  • 3008クロスシティー パノラミックサンルーフ:420万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る