スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化

2018.12.03 自動車ニュース
スズキ・エスクード
スズキ・エスクード拡大

スズキは2018年12月3日、SUV「エスクード」に一部改良を実施し、同年12月21日に発売すると発表した。

 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化の画像拡大

フロントを中心にエクステリアデザインを変更

エスクードはスズキがハンガリーで生産し、日本で輸入販売しているコンパクトSUVである。今回の改良は内外装の変更と運転支援システムを中心とした装備の強化が主となっている。

エクステリアでは、フロントにスモークメッキのフロントグリルやLEDヘッドランプ、メッキ装飾のバンパーガーニッシュとLEDイルミネーションランプベゼルを採用したほか、リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ付き)や17インチアルミホイールの意匠も変更。アルミホイールはブラックのモノトーンから、切削加工とガンメタリック塗装を組み合わせたツートンのデザインとなった。

一方インテリアについては、スポーティーなイメージを強調していた赤いアクセントカラーを廃止。白いステッチの入った本革とスエード調表皮のコンビシートを採用し、インストゥルメントパネルの天板にソフトパッドを用いたほか、マルチインフォメーションディスプレイをフルカラーのものに変更するなど、より上質なイメージを志向したという。

大幅に強化された運転支援システム

装備類では、運転支援システムが従来の「レーダーブレーキサポートII」から「デュアルセンサーブレーキサポート」に変更された点が大きなポイント。従来の前方衝突警報機能や自動緊急ブレーキ機能に加え、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能が追加された。またアダプティブクルーズコントロールについても、これまでは車速40km/h以下の状態では機能しなかったものを、同社としては国内初採用となる、完全停車まで機能が継続する全車速対応型に変更している。

このほかにも、ドライバーに後側方の車両の有無を知らせて車線変更時の接触事故などを予防する「ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付き)」や、駐車枠から後退して出庫する際に、左右から接近する車両の有無を知らせる「リアクロストラフィックアラート」を新たに採用している。

価格は265万8960円。

(webCG)

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
  • マツダCX-30 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.23 試乗記 マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」に試乗。映り込みを意識したという大胆なボディーパネルにまずは目を引かれるが、このクルマの魅力の源泉はそれだけではない。内外装の随所に施された丁寧な“仕事”によって、美しい世界観をつくり上げているのだ。
ホームへ戻る