黒系と茶系のカラーでドレスアップした「トヨタC-HR」登場

2018.12.03 自動車ニュース
トヨタC-HR G“モード ネロ”
トヨタC-HR G“モード ネロ”拡大

トヨタ自動車は2018年12月3日、クロスオーバー「C-HR」に2種類の特別仕様車“Mode-Nero(モード ネロ)”“Mode-Bruno(モード ブルーノ)”を設定し、同日、販売を開始した。

ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。
ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。拡大
C-HR G“モード ブルーノ”
C-HR G“モード ブルーノ”拡大
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。拡大
「G“モード ブルーノ”」のシート。
「G“モード ブルーノ”」のシート。拡大

今回の特別仕様車はC-HRの「G」「G-T」がベース。「G“モード ネロ”」と「G-T“モード ネロ”」は、内装をブラック基調とした上で、シート表皮にはクールグレー(本革部)のアクセントカラーを採用。インストゥルメントパネル上部やコンソールボックスなどはブラックとなっている。外装については、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを装着。クールでスポーティーなイメージが強調されている。

もう一方の「G“モード ブルーノ”」「G-T“モード ブルーノ”」は、ブラウン基調の内装や、ダークサドルタン(ブラウン系)のシート表皮およびインストゥルメントパネル上部、コンソールボックスが特徴。さらに、外側のドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、おしゃれに仕立てられている。

いずれも、後退時の安全運転をサポートするバックカメラとリアクロストラフィックアラート(RCTA)を装備する。

ボディーカラーは、モノトーンのブラッキッシュアゲハガラスフレーク(“モード ネロ”に設定)や2トーンのダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン(“モード ブルーノ”に設定)など4色の特別色を含む全11色がラインナップされる。価格は以下の通り。

  • G-T“モード ネロ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ネロ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ネロ”(FF車):297万9200円
  • G-T“モード ブルーノ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ブルーノ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ブルーノ”(FF車):297万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る