黒系と茶系のカラーでドレスアップした「トヨタC-HR」登場

2018.12.03 自動車ニュース
トヨタC-HR G“モード ネロ”
トヨタC-HR G“モード ネロ”拡大

トヨタ自動車は2018年12月3日、クロスオーバー「C-HR」に2種類の特別仕様車“Mode-Nero(モード ネロ)”“Mode-Bruno(モード ブルーノ)”を設定し、同日、販売を開始した。

ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。
ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。拡大
C-HR G“モード ブルーノ”
C-HR G“モード ブルーノ”拡大
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。拡大
「G“モード ブルーノ”」のシート。
「G“モード ブルーノ”」のシート。拡大

今回の特別仕様車はC-HRの「G」「G-T」がベース。「G“モード ネロ”」と「G-T“モード ネロ”」は、内装をブラック基調とした上で、シート表皮にはクールグレー(本革部)のアクセントカラーを採用。インストゥルメントパネル上部やコンソールボックスなどはブラックとなっている。外装については、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを装着。クールでスポーティーなイメージが強調されている。

もう一方の「G“モード ブルーノ”」「G-T“モード ブルーノ”」は、ブラウン基調の内装や、ダークサドルタン(ブラウン系)のシート表皮およびインストゥルメントパネル上部、コンソールボックスが特徴。さらに、外側のドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、おしゃれに仕立てられている。

いずれも、後退時の安全運転をサポートするバックカメラとリアクロストラフィックアラート(RCTA)を装備する。

ボディーカラーは、モノトーンのブラッキッシュアゲハガラスフレーク(“モード ネロ”に設定)や2トーンのダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン(“モード ブルーノ”に設定)など4色の特別色を含む全11色がラインナップされる。価格は以下の通り。

  • G-T“モード ネロ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ネロ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ネロ”(FF車):297万9200円
  • G-T“モード ブルーノ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ブルーノ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ブルーノ”(FF車):297万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR S-T“GRスポーツ”(FF/6MT)【試乗記】 2020.1.30 試乗記 トヨタのクロスオーバーモデル「C-HR」に、GAZOO Racingが開発を手がけた新グレード“GRスポーツ”が登場。専用のエアロパーツと足まわりでチューンされた、スポーツバージョンの走りやいかに?
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • マツダCX-30 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.23 試乗記 マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」に試乗。映り込みを意識したという大胆なボディーパネルにまずは目を引かれるが、このクルマの魅力の源泉はそれだけではない。内外装の随所に施された丁寧な“仕事”によって、美しい世界観をつくり上げているのだ。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る