黒系と茶系のカラーでドレスアップした「トヨタC-HR」登場

2018.12.03 自動車ニュース
トヨタC-HR G“モード ネロ”
トヨタC-HR G“モード ネロ”拡大

トヨタ自動車は2018年12月3日、クロスオーバー「C-HR」に2種類の特別仕様車“Mode-Nero(モード ネロ)”“Mode-Bruno(モード ブルーノ)”を設定し、同日、販売を開始した。

ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。
ブラック基調でまとめられた「G-T“モード ネロ”」のインテリア。拡大
C-HR G“モード ブルーノ”
C-HR G“モード ブルーノ”拡大
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。
「G“モード ブルーノ”」では、ブラウン系のインストゥルメントパネルやシート、コンソールボックスが採用されている。拡大
「G“モード ブルーノ”」のシート。
「G“モード ブルーノ”」のシート。拡大

今回の特別仕様車はC-HRの「G」「G-T」がベース。「G“モード ネロ”」と「G-T“モード ネロ”」は、内装をブラック基調とした上で、シート表皮にはクールグレー(本革部)のアクセントカラーを採用。インストゥルメントパネル上部やコンソールボックスなどはブラックとなっている。外装については、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを装着。クールでスポーティーなイメージが強調されている。

もう一方の「G“モード ブルーノ”」「G-T“モード ブルーノ”」は、ブラウン基調の内装や、ダークサドルタン(ブラウン系)のシート表皮およびインストゥルメントパネル上部、コンソールボックスが特徴。さらに、外側のドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、おしゃれに仕立てられている。

いずれも、後退時の安全運転をサポートするバックカメラとリアクロストラフィックアラート(RCTA)を装備する。

ボディーカラーは、モノトーンのブラッキッシュアゲハガラスフレーク(“モード ネロ”に設定)や2トーンのダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン(“モード ブルーノ”に設定)など4色の特別色を含む全11色がラインナップされる。価格は以下の通り。

  • G-T“モード ネロ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ネロ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ネロ”(FF車):297万9200円
  • G-T“モード ブルーノ”(FF車):265万5200円
  • G-T“モード ブルーノ”(4WD車):284万9600円
  • G“モード ブルーノ”(FF車):297万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • レクサスUX【開発者インタビュー】 2018.12.28 試乗記 レクサスブランド初となる、コンパクトクロスオーバーモデル「UX」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの加古 慈さんと、デザインを取りまとめた三木鉄雄さんに語ってもらった。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.22 試乗記 イタリア発のスクランブラーモデル「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、最大排気量の「1100」が登場。リッターオーバーの空冷L型ツインエンジンを搭載した上級モデルには、他メーカーの空冷バイクにはないドゥカティならではの魅力が備わっていた。
ホームへ戻る