安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開

2018.12.06 自動車ニュース
ミツオカ・ヒミコ
ミツオカ・ヒミコ拡大

光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。同年12月7日に販売を開始する。

 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大
 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大
 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大

2018年2月にデビューした2代目ヒミコ。これまで全7色だったボディーカラーは、10万8000円の「ボディーカラーオプション」を選択することで全30色から選べるようになった。

また、フロントフェンダーおよびトランクリッドのブラックアウト部分をボディーカラー同色で仕上げる「ボディー同色フロントフェンダー/トランクフード」も3万2400円のオプションとして設定された。

機能面では、「ブラインド・スポット・モニタリング」「車線逸脱警報システム」「オートライトシステム」「レインセンサーワイパー(フロント/感度調整式)」「スマート・シティー・ブレーキ・サポート(前進・後退時)」「リアパーキングセンサー(センター、コーナー)」などが標準装備に。安全性能の向上が図られている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S:506万6280円(6段MTのみ)
  • Sスペシャルパッケージ:537万2676円(6段MT)/554万0076円(6段AT)
  • Sレザーパッケージ:593万8272円(6段MT)/607万3272円(6段AT)

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • マツダCX-30 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.23 試乗記 マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」に試乗。映り込みを意識したという大胆なボディーパネルにまずは目を引かれるが、このクルマの魅力の源泉はそれだけではない。内外装の随所に施された丁寧な“仕事”によって、美しい世界観をつくり上げているのだ。
ホームへ戻る