安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開

2018.12.06 自動車ニュース
ミツオカ・ヒミコ
ミツオカ・ヒミコ拡大

光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。同年12月7日に販売を開始する。

 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大
 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大
 
安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開の画像拡大

2018年2月にデビューした2代目ヒミコ。これまで全7色だったボディーカラーは、10万8000円の「ボディーカラーオプション」を選択することで全30色から選べるようになった。

また、フロントフェンダーおよびトランクリッドのブラックアウト部分をボディーカラー同色で仕上げる「ボディー同色フロントフェンダー/トランクフード」も3万2400円のオプションとして設定された。

機能面では、「ブラインド・スポット・モニタリング」「車線逸脱警報システム」「オートライトシステム」「レインセンサーワイパー(フロント/感度調整式)」「スマート・シティー・ブレーキ・サポート(前進・後退時)」「リアパーキングセンサー(センター、コーナー)」などが標準装備に。安全性能の向上が図られている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S:506万6280円(6段MTのみ)
  • Sスペシャルパッケージ:537万2676円(6段MT)/554万0076円(6段AT)
  • Sレザーパッケージ:593万8272円(6段MT)/607万3272円(6段AT)

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • 「ミツオカ・ロックスター」発表会の会場から 2018.11.29 画像・写真 光岡自動車の創業50周年を記念して製作される、200台限定のオープンスポーツカー「ミツオカ・ロックスター」。その発表会が東京・港区のミツオカ麻布ショールームで開催された。往年のアメリカ車を思わせる個性的な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)【レビュー】 2018.12.7 試乗記 来月(2019年1月)に迫った正式発表を前に、トヨタが新型「スープラ」のプロトタイプ試乗会を開催した。そこで語られた新型のキャラクターとは? 実際のドライブフィールは? webCG編集部員が、速報でお届けする。
  • ヤマハ・ナイケン(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.1 試乗記 “3輪”でありながら、バンクしながらのスムーズな旋回を実現した「ヤマハ・ナイケン」。バイクならではのスポーティーな走りと、他の二輪車とは一線を画すスタビリティーの両立はどのような技術でかなえられたのか? 独特なライディングフィールとともに報告する。
ホームへ戻る