「ロックスター」でスター気分になれるのか?
ミツオカの50周年記念モデルに思うこと

2018.12.10 デイリーコラム

イメージの起点はカリフォルニア

先日、正式発表されたミツオカの創業50周年記念限定車「Rock Star(ロックスター)」。「マツダ・ロードスター」をベースにカスタマイズしたモデルである。同社では当然ながら公表していないが、2代目「シボレー・コルベット」をモチーフにしているのは一目瞭然。今から55年をさかのぼる1963年に「スティングレイ」のサブネームを付けてデビューした、60年代を代表するスポーツカーの一台であるC2こと2代目コルベットだ。

開発コンセプトなどはすでにニュースでお伝えしているのでここでは繰り返さないが、なぜモチーフがコルベットなのか? 発表会に登壇した同社執行役員の渡辺 稔氏によれば、そこに至る出発点は「今、自分が乗りたいクルマ」だったという。

渡辺氏は1980年代半ば、20代の頃にカリフォルニアで4年間過ごしたそうだ。クルマのない生活は考えられない西海岸で、彼が足にしていたのは中古の「フォルクスワーゲン・ビートル」や「ダットサン・トラック」など。憧れは「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。

自分が今乗りたいのは、そうした青春時代に輝いていた、ドイツ生まれとはいえ西海岸の風景にすっかりなじんでいたスポーツカー。そう確信した渡辺氏は同社デザイナーの青木孝憲氏に思いを伝えた。リクエストを受けた青木氏が描いたデザインスケッチを見た渡辺氏の感想は、「出来はいいが、ピンとこない」。おとなしく、刺激やワクワク感が足りなかったのだという。

そんな渡辺氏の思いが伝わったのか、それから間もなく1枚のデザインスケッチが青木氏から送られてきた。「タイプ カリフォルニア」と題されたこのデザインスケッチこそがロックスターの原案で、渡辺氏は「見た瞬間にこれだ! と思った」という。渡辺氏と青木氏は、かねがね「アメリカ車をテーマにしたクルマを作りたい」と語り合っていたそうで、それがたまたま50周年記念車として具体化したというわけだ。

ミツオカ独自のボディーパネルを使って製作されたカスタマイズカー「ロックスター」。ベースとなるのは、現行型の「マツダ・ロードスター」(ND型)である。
ミツオカ独自のボディーパネルを使って製作されたカスタマイズカー「ロックスター」。ベースとなるのは、現行型の「マツダ・ロードスター」(ND型)である。拡大
こちらは、今回のデザインモチーフとおぼしき2代目「シボレー・コルベット」。エッジの効いたフェンダーやL字型のバンパーなど、特徴的なディテールが「ミツオカ・ロックスター」のエクステリアに反映されている。
こちらは、今回のデザインモチーフとおぼしき2代目「シボレー・コルベット」。エッジの効いたフェンダーやL字型のバンパーなど、特徴的なディテールが「ミツオカ・ロックスター」のエクステリアに反映されている。拡大
「ロックスター」について説明する光岡自動車の渡辺 稔 執行役員。企画の発端となっているのは、渡辺氏が若かりし頃にアメリカ・カリフォルニア州で目にした「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。
「ロックスター」について説明する光岡自動車の渡辺 稔 執行役員。企画の発端となっているのは、渡辺氏が若かりし頃にアメリカ・カリフォルニア州で目にした「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る