「ロックスター」でスター気分になれるのか?
ミツオカの50周年記念モデルに思うこと

2018.12.10 デイリーコラム

イメージの起点はカリフォルニア

先日、正式発表されたミツオカの創業50周年記念限定車「Rock Star(ロックスター)」。「マツダ・ロードスター」をベースにカスタマイズしたモデルである。同社では当然ながら公表していないが、2代目「シボレー・コルベット」をモチーフにしているのは一目瞭然。今から55年をさかのぼる1963年に「スティングレイ」のサブネームを付けてデビューした、60年代を代表するスポーツカーの一台であるC2こと2代目コルベットだ。

開発コンセプトなどはすでにニュースでお伝えしているのでここでは繰り返さないが、なぜモチーフがコルベットなのか? 発表会に登壇した同社執行役員の渡辺 稔氏によれば、そこに至る出発点は「今、自分が乗りたいクルマ」だったという。

渡辺氏は1980年代半ば、20代の頃にカリフォルニアで4年間過ごしたそうだ。クルマのない生活は考えられない西海岸で、彼が足にしていたのは中古の「フォルクスワーゲン・ビートル」や「ダットサン・トラック」など。憧れは「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。

自分が今乗りたいのは、そうした青春時代に輝いていた、ドイツ生まれとはいえ西海岸の風景にすっかりなじんでいたスポーツカー。そう確信した渡辺氏は同社デザイナーの青木孝憲氏に思いを伝えた。リクエストを受けた青木氏が描いたデザインスケッチを見た渡辺氏の感想は、「出来はいいが、ピンとこない」。おとなしく、刺激やワクワク感が足りなかったのだという。

そんな渡辺氏の思いが伝わったのか、それから間もなく1枚のデザインスケッチが青木氏から送られてきた。「タイプ カリフォルニア」と題されたこのデザインスケッチこそがロックスターの原案で、渡辺氏は「見た瞬間にこれだ! と思った」という。渡辺氏と青木氏は、かねがね「アメリカ車をテーマにしたクルマを作りたい」と語り合っていたそうで、それがたまたま50周年記念車として具体化したというわけだ。

ミツオカ独自のボディーパネルを使って製作されたカスタマイズカー「ロックスター」。ベースとなるのは、現行型の「マツダ・ロードスター」(ND型)である。
ミツオカ独自のボディーパネルを使って製作されたカスタマイズカー「ロックスター」。ベースとなるのは、現行型の「マツダ・ロードスター」(ND型)である。拡大
こちらは、今回のデザインモチーフとおぼしき2代目「シボレー・コルベット」。エッジの効いたフェンダーやL字型のバンパーなど、特徴的なディテールが「ミツオカ・ロックスター」のエクステリアに反映されている。
こちらは、今回のデザインモチーフとおぼしき2代目「シボレー・コルベット」。エッジの効いたフェンダーやL字型のバンパーなど、特徴的なディテールが「ミツオカ・ロックスター」のエクステリアに反映されている。拡大
「ロックスター」について説明する光岡自動車の渡辺 稔 執行役員。企画の発端となっているのは、渡辺氏が若かりし頃にアメリカ・カリフォルニア州で目にした「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。
「ロックスター」について説明する光岡自動車の渡辺 稔 執行役員。企画の発端となっているのは、渡辺氏が若かりし頃にアメリカ・カリフォルニア州で目にした「フォルクスワーゲン・カルマンギア」や「ポルシェ914」だったという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ミツオカ・ロックスター」発表会の会場から 2018.11.29 画像・写真 光岡自動車の創業50周年を記念して製作される、200台限定のオープンスポーツカー「ミツオカ・ロックスター」。その発表会が東京・港区のミツオカ麻布ショールームで開催された。往年のアメリカ車を思わせる個性的な姿を、写真で紹介する。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT) 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
ホームへ戻る