2019年型の「トライアンフ・ストリートスクランブラー」上陸

2018.12.11 自動車ニュース
トライアンフ・ストリートスクランブラー
トライアンフ・ストリートスクランブラー拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2018年12月11日、「トライアンフ・ストリートスクランブラー」の2019年モデルを発表した。国内での販売は同年の12月15日にスタートする。

 
2019年型の「トライアンフ・ストリートスクランブラー」上陸の画像拡大
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンの野田一夫代表取締役社長によれば、「新しいパワーユニットは、回せば回すほど楽しいエンジンに仕上がっている」とのこと。
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンの野田一夫代表取締役社長によれば、「新しいパワーユニットは、回せば回すほど楽しいエンジンに仕上がっている」とのこと。拡大
新デザインのメーターパネル。
新デザインのメーターパネル。拡大
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは今回の発表を皮切りに、今後月1台のペースで新型車・限定車を導入する予定だという。
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは今回の発表を皮切りに、今後月1台のペースで新型車・限定車を導入する予定だという。拡大

トライアンフのストリートスクランブラーは、オンロードバイクの「ストリートツイン」をベースに、オフロード走行にも配慮したカスタマイズを施したモデル。2016年にデビューし、国内では2017年に発売された。

今回の2019年モデルはそのマイナーチェンジ版で、クランクシャフトやバランスシャフトなどの変更によるエンジンのパワーアップをはじめ、制動力の向上、ライディングモードの設定など、走行性能の強化が図られている。あわせてデザインの手直しも施されている。

主な変更点は、以下のとおり。

  • 並列2気筒900ccエンジンの最高出力が65psに向上(従来比+10ps)。フロントブレーキにブレンボ製4ピストンキャリパーを採用
  • 新たなカートリッジフロントフォークにより快適性が向上
  • 「ロード」「レイン」「オフロード」のライディングモードが選択可能に
  • 新デザインのメーターパネルを採用
  • シートの意匠をアドベンチャー志向のものに変更
  • フォームの厚さが10mm増した新デザインのシートを採用
  • 新デザインのクラッチカバーを装着

価格は128万0100円。ボディーカラーは「フュージョンホワイト」「クランベリーレッド」「カーキグリーン×マットアルミニウム(ジェットブラックのコーチライン付き)」の3種類がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
ストリートスクランブラー, トライアンフ, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン701スタイル(MR/6MT)【レビュー】 2019.12.27 試乗記 ハスクバーナのクールなネイキッドバイク「スヴァルトピレン701」に、その個性を一段と強めた特別仕様車が登場。興味津々でむちを当てた筆者は、予想以上に元気でユニークな乗り味に驚かされたのだった。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • 第1回:これぞオートバイのカッコよさ
    大排気量のクラシックモデルに高ぶる
    2019.4.20 JAIA輸入二輪車試乗会2019 昔ながらの“単車らしい”デザインをまとうクラシカルなオートバイ。とはいえ、ブランドや仕立てが変われば、その乗り味もまったく異なるものになる。さて、今回ピックアップした伊・米・英の3台では、どんな走りが楽しめるのか?
ホームへ戻る