クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トライアンフ・ストリートスクランブラー(MR/5MT)

思わず夢中になっちまう 2019.02.16 試乗記 堅牢なオフロードスタイルとファッション性、そして多用途性を併せ持つ、トライアンフのネオクラシック「ストリートスクランブラー」。またがってむちを当てるや、ライダーは気軽にどこでも行きたくなる自由な気分に満たされるのだった。

フィーリング重視のツインエンジン

スクランブラーとは、本格的なオフロードバイクがなかった時代、ロードバイクにオフロード用のタイヤ、マフラー、ハンドルを取り付けたモデルのことだ。昨今のネオレトロのムーブメントとともにまた人気となりつつあるのだが、その主たる理由は走りや機能ではなく、そのスタイルにある。ところがストリートスクランブラーに乗ってみて、ロードモデルとは少し違った走りのテイストがあることに気づかされることになった。

ストリートスクランブラーで走りだして最初に感じるのはその乗りやすさだ。ハンドリングもエンジンの特性も非常に扱いやすく、ライダーが神経を使うようなことがない。搭載されている「ボンネビル」系の900ccエンジンは、低回転から非常に力強いトルクを発生し、スロットルを開けると車体を力強く押し出す。しかし、過敏さはまったくない。フライホイールマスが非常に大きなエンジンだからである。

効率や性能を追求してフライホイールマスを小さくしたエンジンは少なくない。最新のマネジメントシステムがあれば、それでも乗りやすい特性にできる。ところがストリートツインはそういったやり方をせず、エンジンそのもので特性を作り込んでいる。回転力がクランクとフライホイールにため込まれ、スロットルを開けた瞬間にエンジン自体のトルクとともに車体を押し出すから、力強く、滑らかな加速感が生まれるのだ。

270度という不等間隔の爆発は、低中回転で歯切れが良い排気音とツインらしい鼓動感を作り出す。前述した大きなフライホイールマスのおかげでアイドリング付近の超低回転からのスタートも容易だから、低い回転でクラッチをつなぎ、ツインのドコドコという鼓動感とともに速度が上がっていく感じを存分に楽しむことができる。回転が上がっていくと鼓動感は弱くなってしまい、振動も出てきてしまうのだけれど、高回転まで回さなくても十分にパワーがあるから、ストリートや高速道路の巡行では、気持ちの良い回転域をキープして走ることができる。

「ストリートスクランブラー」は、クラシカルなオンロードバイク「ストリートツイン」をベースに、オフロードも走れるようカスタマイズされたモデル。今回試乗したのは2019年式の最新型で、従来モデルからはエンジンやシャシー、デザインがリファインされている。
「ストリートスクランブラー」は、クラシカルなオンロードバイク「ストリートツイン」をベースに、オフロードも走れるようカスタマイズされたモデル。今回試乗したのは2019年式の最新型で、従来モデルからはエンジンやシャシー、デザインがリファインされている。拡大
不整地や水場の走行に配慮し、排気管は高い位置にレイアウトされている。車体右側面に沿ってうねるパイプの形状にも注目。
不整地や水場の走行に配慮し、排気管は高い位置にレイアウトされている。車体右側面に沿ってうねるパイプの形状にも注目。拡大
燃料タンクの容量は12リッター(ハイオク仕様)。タンクのカラーは写真の「フュージョンホワイト」のほか、「クランベリーレッド」と「カーキグリーン×マットアルミニウム(ツートンカラー)」もラインナップされる。
燃料タンクの容量は12リッター(ハイオク仕様)。タンクのカラーは写真の「フュージョンホワイト」のほか、「クランベリーレッド」と「カーキグリーン×マットアルミニウム(ツートンカラー)」もラインナップされる。拡大
最高出力は65ps。前年までのモデルより10psのパワーアップが図られている。
最高出力は65ps。前年までのモデルより10psのパワーアップが図られている。拡大
「ストリートスクランブラー」のエンジンは水冷式だが、その側面にはクラシカルな空冷エンジンを思わせる冷却用フィンが与えられる。
「ストリートスクランブラー」のエンジンは水冷式だが、その側面にはクラシカルな空冷エンジンを思わせる冷却用フィンが与えられる。拡大
サスペンションのトラベル量は、前後とも120mm。フロント(写真)には直径310mmのブレーキディスクとブレンボ製の4ピストンキャリパーが装着される。
サスペンションのトラベル量は、前後とも120mm。フロント(写真)には直径310mmのブレーキディスクとブレンボ製の4ピストンキャリパーが装着される。拡大
走行モードセレクターは、2019年モデルからの新機能。標準となる「ロード」のほか、「レイン」と「オフロード」が選択できる。
走行モードセレクターは、2019年モデルからの新機能。標準となる「ロード」のほか、「レイン」と「オフロード」が選択できる。拡大
マイナーチェンジを機に、メーターのデザインも改められた。液晶パネルにはエンジン回転数のほか、燃費や走行モードの情報が表示される。
マイナーチェンジを機に、メーターのデザインも改められた。液晶パネルにはエンジン回転数のほか、燃費や走行モードの情報が表示される。拡大
ファッション性も「ストリートスクランブラー」のセリングポイントのひとつ。純正のカスタムパーツやアクセサリーは、120点以上用意される。
ファッション性も「ストリートスクランブラー」のセリングポイントのひとつ。純正のカスタムパーツやアクセサリーは、120点以上用意される。拡大

まるでスニーカーのように

ストリートスクランブラーは、同じトライアンフの「ストリートツイン」をベースにしているのだが、乗り比べてみるとハンドリングが異なる。オフロードタイヤを装着するためフロントタイヤがワンサイズ大きな19インチになっているからだ。大きなフロントタイヤが生み出すジャイロ効果のおかげで、バイクがバンクした時もクイックにステアリングが切れていったりしない、ビッグバイクらしいユッタリとしたハンドリングになっている。ロードを軽快に走るのであれば、ストリートツインなどのロードモデルに採用されている18インチタイヤの方が総合的には優れているだろう。けれど、19インチタイヤの作り出すこのフィーリングもまた捨てがたいものだ。

このモデル、形だけのスクランブラーかと思いきやオフロードライディングも考慮されていた。モードセレクターをオフロードに切り替えると、トラクションコントロールがカットされる。とはいっても車体はそれなりに重いし、サスストロークもオンロードモデルと同じレベルだ。タイヤもそれほどオフを強く意識しているわけではないから、無理は禁物。そう自分に言い聞かせて走りだしてみると、これが予想をはるかに超えてよく走る。

オフで特に魅力が際立っていたのは力強いエンジンの特性。スロットルを開ければビッグバイクのトルクでリアタイヤは簡単に滑り出すのだけれど、過敏さがないエンジン特性に加え、不当間隔爆発独特のトラクション性能があるためにリアタイヤの流れ出しも緩やか。ハンドリングも安定感があるから、フラットなダートであれば不安なく走ることが可能。大きな車体を振り回して走るのは予想外に楽しく、最初は撮影のために少し走るだけにしておこうと思っていたのに気がつけば夢中で走り続けてしまったほどだ。

900ccもあるビックバイクでありながら気軽に走りだすことができるほどの乗りやすさ。普段着でマシンにまたがっても違和感なくなじむカジュアルな雰囲気。ストリートでの軽快な走りとその気になればオフも走れてしまう自由さ。それがストリートスクランブラーの特徴。ビックバイクでありながら走る場所や使い方を選ばない。スニーカーのように気軽に使うことができるバイクなのである。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=関 顕也)

トライアンフ・ストリートスクランブラー
トライアンフ・ストリートスクランブラー拡大
2ピースで構成される2人掛けのシート。クッションが従来比で10mm厚くなるなど、マイナーチェンジを機に快適性の向上が図られた。シート高は790mmと、オフロードも守備範囲とするモデルにしては控えめ。
2ピースで構成される2人掛けのシート。クッションが従来比で10mm厚くなるなど、マイナーチェンジを機に快適性の向上が図られた。シート高は790mmと、オフロードも守備範囲とするモデルにしては控えめ。拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2125×835×1180mm
ホイールベース:1445mm
シート高:790mm
重量:198kg
エンジン:900cc 水冷4ストローク直列2気筒SOHC 4バルブ
最高出力:65ps(48kW)/7500rpm
最大トルク:80Nm(8.2kgm)/3200rpm
トランスミッション:5段MT
燃費:4.1リッター/100km(約24.4km/リッター、社内参考値)
価格:128万0100円

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
  • 厳格な検査と整備、保証、そしてリーズナブルな価格──。ジャガー認定中古車の魅力に迫る。
    厳格な検査と整備、保証、そしてリーズナブルな価格──。ジャガー認定中古車の魅力に迫る。 特集
  • モータージャーナリスト藤島知子さんが、初春の南房総を「ホンダ・フィット」で満喫。
    モータージャーナリスト藤島知子さんが、初春の南房総を「ホンダ・フィット」で満喫。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。