スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化

2018.12.13 自動車ニュース
スズキ・アルトX(4WD)
スズキ・アルトX(4WD)拡大

スズキは2018年12月13日、軽乗用車「アルト」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大
 
スズキ、軽乗用車「アルト」の安全装備を大幅に強化の画像拡大

運転支援システムの機能を拡充 内外装の仕様変更も

今回の一部改良は、MT車を除いてオプションもしくは標準装備として用意される運転支援システム「スズキセーフティサポート」の強化が主な内容となっている。具体的には、既存のモデルでは約5~30km以下となっていた前方衝突被害軽減ブレーキの作動速度域が、約5~100km/h以下に拡大。対象が歩行者の場合でも検知、作動するようになった。

また、これまで前進にしか対応していなかった誤発進抑制が、後進(バック走行)にも対応。後退時ブレーキサポートや車線逸脱警報、ふらつき警報、オートハイビーム、先行車発進お知らせ機能などが新たに採用された。さらに上級グレードの「S」「X」にはディスチャージヘッドランプもオプション設定されている。

内外装の仕様についても手を加えており、インテリアではインストゥルメントパネルとドアトリムガーニッシュの色をアイボリーからグレージュに、エアコンサイドルーバーの色をアイボリーからブラックに変更。ライトブルーだったシート表皮も落ち着きのあるネイビーとなった。

一方、エクステリアではバックドアをミディアムグレーで塗り分ける「2トーンバックドア」仕様を廃止。「アルト ワークス」のボディーカラーについては、「ピュアレッド」を廃止し、新たに「ブリスクブルーメタリック」を採用した。

グレードラインナップと価格は以下の通り。

  • F(FF/5MT):84万7800円
  • F(FF/5AT):84万7800円
  • F(4WD/5MT):95万3640円
  • F(4WD/5AT):95万3640円
  • L(FF/CVT):89万4240円
  • L(4WD/CVT):100万0080円
  • S(FF/CVT):106万1640円
  • S(4WD/CVT):116万2080円
  • X(FF/CVT):117万1800円
  • X(4WD/CVT):126万6840円
  • ワークス(FF/5MT):150万9840円
  • ワークス(FF/5AT):154万7640円
  • ワークス(4WD/5MT):161万7840円
  • ワークス(4WD/5AT):165万5640円

なお、今回の改良にともない「ターボRS」は廃止。高性能スポーツモデルはアルト ワークスに一本化される。

(webCG)

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車 2018.12.6 自動車ニュース スズキの軽乗用車「アルトラパン」に、特別仕様車「MODE(モード)」が登場。カタログモデルとは趣を異にする、落ち着きのある上質なイメージが特徴で、メッキのフロントグリルや木目調のインテリアオーナメント、ネイビーのシート表皮などが用いられている。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
ホームへ戻る