「三菱エクリプス クロス」、FF車の走行性能がアップ

2018.12.13 自動車ニュース

三菱自動車は2018年12月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、走行性能や快適装備の強化が図られている。

走行性能については、従来4WD車の専用装備となっていたアクティブヨーコントロール(AYC)を、新たにFF車にも採用。ハンドリングの軽快感やコーナリングの回頭性、旋回時のライントレース性の向上を図った。

快適装備については、従来のウインドシールドに加えて、新たにフロントドアガラスにも遮音性の高いガラスを採用したほか、パワーウィンドウスイッチに照明を追加したり、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を追加したりと、利便性を高めている。挟みこみ防止機能も全席のパワーウィンドウに設定した。また、本革シートとのセットオプションとしていた運転席および助手席のシートヒーターを標準化し、ファブリックシートの快適性を高めた。

エクステリアでは「M」グレードの16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更したほか、ルーフレールのレス仕様をオプション設定している。

価格は253万9080円から、310万7160円まで。

(webCG)

三菱エクリプス クロスGプラスパッケージ
三菱エクリプス クロスGプラスパッケージ拡大

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
ホームへ戻る