ポルシェが「マカン」の高性能版「マカンS」を発表

2018.12.13 自動車ニュース
最高出力354psの3リッターV6エンジンを搭載した「ポルシェ・マカンS」。最高速度は「マカン」の225km/hに対し、254km/hに向上している。
最高出力354psの3リッターV6エンジンを搭載した「ポルシェ・マカンS」。最高速度は「マカン」の225km/hに対し、254km/hに向上している。拡大

独ポルシェは2018年12月11日(現地時間)、2018年10月開催のパリモーターショーで発表された新型「マカン」の高性能版となる「マカンS」を公開した。

10.9インチのフルHDタッチスクリーンを採用インテリアデザインは「マカン」に準じている。
10.9インチのフルHDタッチスクリーンを採用インテリアデザインは「マカン」に準じている。拡大
リアガーニッシュ一体式となる、「カイエン」譲りの新しい意匠を持つテールライトを採用。「マカン」よりもブレーキ性能が強化されている。
リアガーニッシュ一体式となる、「カイエン」譲りの新しい意匠を持つテールライトを採用。「マカン」よりもブレーキ性能が強化されている。拡大

ベースモデルといえるマカンに搭載されているエンジンは、2リッター直4ターボで最高出力245ps、最大トルク370Nmという実力。今回追加されたマカンSでは3リッターV6ターボを採用し、最高出力354ps、最大トルク480Nmを発生させている。組み合わせられるトランスミッションは、ポルシェが「PDK」と呼ぶ7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)である。

マカンに対して直径を15mm、厚さを6mm拡大した360×36mmというサイズのブレーキローターをフロントに採用し、向上されたパワーや重量増(マカン比で+70kg)に対応している。

「カイエン」譲りのデザインとなるLEDヘッドライトや“PORSCHE”のロゴが入ったリアガーニッシュ、4灯式ブレーキランプを内蔵する新しいテールライトなど、外観上の特徴はマカンと同様。10.9インチに拡大したフルHDタッチスクリーンや、「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」と呼ばれるコネクティビティーシステムの搭載もマカンに準じている。

日本への導入時期や価格は未発表となっている。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ポルシェ・マカン」の次期モデルは電気自動車に 2019.2.27 自動車ニュース 独ポルシェは2019年2月26日(現地時間)、コンパクトSUV「マカン」の次期モデルを、電気自動車として開発すると発表した。生産は、2020年代はじめにスタートする予定になっている。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.12.19 試乗記 「ポルシェ・マカン」がデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた。いまやポルシェの販売台数の約4割を占める、収益面での柱となりつつあるコンパクトSUVは、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・マヨルカ島からの第一報をお届けする。
  • ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.30 試乗記 「ポルシェ・マカン」のトップパフォーマンスモデル、その名も「マカン ターボ パフォーマンス」に試乗。箱根のワインディングロードで触れることができたのは、最高出力440psという実力のごく一部に過ぎない。それでもなお心に残ったのは“ポルシェイズム”にあふれているということだった。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • 「ポルシェ・マカン」発表会の会場から 2018.12.20 画像・写真 ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデル「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。当日の模様を写真で紹介しよう。
ホームへ戻る