大坂なおみ仕様の「日産GT-R」50台限定で発売

2018.12.19 自動車ニュース
日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル
日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル拡大

日産自動車は2018年12月19日、「GT-R」の特別仕様車「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を発表。同日、2019年2月5日までの期間限定、50台の台数限定で予約受け付けを開始した。

インテリアカラーは3タイプが用意される。写真の仕様は「タンレザーインテリア×アーバンブラックレザーフロントシート」。
インテリアカラーは3タイプが用意される。写真の仕様は「タンレザーインテリア×アーバンブラックレザーフロントシート」。拡大
こちらは、アンバーレッドのレザーインテリア。シートカラーは「アーバンブラック」のみとなる。
こちらは、アンバーレッドのレザーインテリア。シートカラーは「アーバンブラック」のみとなる。拡大
エンジンルーム内に添えられる、ゴールドのモデルナンバープレート。
エンジンルーム内に添えられる、ゴールドのモデルナンバープレート。拡大
LEDハイマウントストップランプ付きのドライカーボン製リアスポイラー。
LEDハイマウントストップランプ付きのドライカーボン製リアスポイラー。拡大

今回の特別仕様車は、グランドスラムで日本人初の女子シングルス優勝を果たしたプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手が、同年9月に日産のブランドアンバサダーに就任したことを記念して設定されたもの。「GT-Rプレミアムエディション」をベースに特別な仕立てが施されている。

ボディーカラーには、目にする角度や光の当たり具合によって色の見え方が変わり、宝石のような深みのある輝きを放つという特別塗装色「ミッドナイトオパール」(専用色)を採用。そのほか、「ブリリアントホワイトパール」「メテオフレークブラックパール」も選べる。

インテリアについては、大坂選手の協力のもと、ブラックレザーフロントシートと3色のレザーインテリア(アイボリー、アンバー、タン)をコンビとした全3タイプを新規設定。上記3色のボディーカラーと自由に組み合わせることができる。

そのほか特別装備として、ゴールドのモデルナンバープレート(エンジンルーム内)やLEDハイマウントストップランプ付きのドライカーボン製リアスポイラーが装着される。

価格は後日あらためて発表される。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • 第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
    日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した
    2016.11.21 エディターから一言 実は「日産GT-R」を購入できる販売店は、日本の日産ディーラー全体の5%に満たない。その限られた販売店は「日産ハイパフォーマンスセンター」を名乗る。われわれ取材班は、その販売現場を取材した。日本一GT-Rを売る男とは?
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
ホームへ戻る