2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場

2018.12.21 自動車ニュース
ジャガーEペース(2019年モデル)
ジャガーEペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表。同日、受注を開始した。

 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大

2019年モデルの最大のトピックは、出力を抑えた2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力200ps、最大トルク320Nm)を搭載するエントリーモデルが追加されたこと。これによりラインナップは全30種類に拡大され、スタート価格は443万円にダウンした。

また、人工知能のアルゴリズムにより、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介してドライバーを識別し、エアコンの温度設定やインフォテインメント、シートの位置等をユーザーの好みに合わせて自動調整する「スマート・セッティング」が新たに搭載されている。さらに、離れた場所から車両の状態を確認し操作もできる「リモート」と呼ばれる機能を全グレードに標準装備。スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」も備わるなど、コネクティビティーの強化が図られている。

ボディーカラーは新色のナルヴィックブラックのほか、11色(フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバー)が選べる。

パワーユニット別の価格は、以下の通り。

  • P200(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力200ps):443万円~655万円
  • P250(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力250ps):475万円~687万円
  • P300(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力300ps):596万円~749万円
  • D180(2リッター直4ディーゼルターボ、最高出力180ps):451万円~663万円

(webCG)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Eペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • アウディe-tron 50クワトロSライン(4WD)【試乗記】 2021.3.29 試乗記 アウディの電気自動車ラインナップに正統派SUVスタイルの「e-tron 50クワトロ」が追加設定された。駆動用バッテリーの容量や動力性能は先に導入された「e-tronスポーツバック55クワトロ」よりも控えめになっているが、果たして実際の使い勝手はどうなのか。
ホームへ戻る