2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場

2018.12.21 自動車ニュース
ジャガーEペース(2019年モデル)
ジャガーEペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表。同日、受注を開始した。

 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大

2019年モデルの最大のトピックは、出力を抑えた2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力200ps、最大トルク320Nm)を搭載するエントリーモデルが追加されたこと。これによりラインナップは全30種類に拡大され、スタート価格は443万円にダウンした。

また、人工知能のアルゴリズムにより、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介してドライバーを識別し、エアコンの温度設定やインフォテインメント、シートの位置等をユーザーの好みに合わせて自動調整する「スマート・セッティング」が新たに搭載されている。さらに、離れた場所から車両の状態を確認し操作もできる「リモート」と呼ばれる機能を全グレードに標準装備。スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」も備わるなど、コネクティビティーの強化が図られている。

ボディーカラーは新色のナルヴィックブラックのほか、11色(フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバー)が選べる。

パワーユニット別の価格は、以下の通り。

  • P200(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力200ps):443万円~655万円
  • P250(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力250ps):475万円~687万円
  • P300(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力300ps):596万円~749万円
  • D180(2リッター直4ディーゼルターボ、最高出力180ps):451万円~663万円

(webCG)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Eペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る