2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場

2018.12.21 自動車ニュース
ジャガーEペース(2019年モデル)
ジャガーEペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表。同日、受注を開始した。

 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大

2019年モデルの最大のトピックは、出力を抑えた2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力200ps、最大トルク320Nm)を搭載するエントリーモデルが追加されたこと。これによりラインナップは全30種類に拡大され、スタート価格は443万円にダウンした。

また、人工知能のアルゴリズムにより、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介してドライバーを識別し、エアコンの温度設定やインフォテインメント、シートの位置等をユーザーの好みに合わせて自動調整する「スマート・セッティング」が新たに搭載されている。さらに、離れた場所から車両の状態を確認し操作もできる「リモート」と呼ばれる機能を全グレードに標準装備。スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」も備わるなど、コネクティビティーの強化が図られている。

ボディーカラーは新色のナルヴィックブラックのほか、11色(フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバー)が選べる。

パワーユニット別の価格は、以下の通り。

  • P200(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力200ps):443万円~655万円
  • P250(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力250ps):475万円~687万円
  • P300(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力300ps):596万円~749万円
  • D180(2リッター直4ディーゼルターボ、最高出力180ps):451万円~663万円

(webCG)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る