【東京オートサロン2019】アストンマーティンが「DB11 AMR」を発表

2019.01.11 自動車ニュース
アストンマーティンDB11 AMR
アストンマーティンDB11 AMR拡大

アストンマーティンは2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)において、「DB11シリーズ」のトップモデルとなる「DB11 AMR」を日本初公開した。

「アストンマーティンDB11 AMR」のインテリア。ダッシュボードのステッチもライムグリーンのカラーでコーディネートしている。
「アストンマーティンDB11 AMR」のインテリア。ダッシュボードのステッチもライムグリーンのカラーでコーディネートしている。拡大
シートはセンターにイメージカラーであるライムグリーンのストライプが入れられた専用品を装備する。
シートはセンターにイメージカラーであるライムグリーンのストライプが入れられた専用品を装備する。拡大
「DB11 AMR」の日本での発表に合わせて、アストンマーティンのビークルエンジニアリング チーフエンジニア、マット・ベッカー氏が来日。プレスカンファレンスで車両紹介を行った。ロータスから3年前に移籍し、市販モデルの開発を行っている。
「DB11 AMR」の日本での発表に合わせて、アストンマーティンのビークルエンジニアリング チーフエンジニア、マット・ベッカー氏が来日。プレスカンファレンスで車両紹介を行った。ロータスから3年前に移籍し、市販モデルの開発を行っている。拡大
「アストンマーティンDB11 AMR」のリアビュー。フロントセクションと同様に、バンパー下部にイメージカラーのライムグリーンのラインが入る。
「アストンマーティンDB11 AMR」のリアビュー。フロントセクションと同様に、バンパー下部にイメージカラーのライムグリーンのラインが入る。拡大
「DB11 AMR」と共にアストンマーティンのブースに展示された新型「ヴァンテージ」。
「DB11 AMR」と共にアストンマーティンのブースに展示された新型「ヴァンテージ」。拡大

AMRはアストンマーティンのサブブランドで、シリーズの高性能バージョンという位置付けとなる。名称は「Aston Martin Racing(アストンマーティンレーシング)」の頭文字から取られており、レーシングマシンで培ったノウハウやパフォーマンスを公道用のモデルにフィードバックするというコンセプトを持っている。

DB11 AMRは、その車名からも分かるようにDB11をベースとするモデルで、2018年5月にドイツで発表された。AMRシリーズとしては、他に4ドアサルーンの「ラピードAMR」もラインナップする。

今回発表されたDB11 AMRでは、フロントミドに搭載される5.2リッターV12ツインターボの最高出力をベースユニットから30ps引き上げた639psとし、同時にトランスミッションやエキゾーストシステムにも専用チューンを施しているという。0-100km/h加速はベース車より0.2秒速い3.7秒、最高速は334km/hを誇っている。

シャシーには、レーシングマシンの開発で培ったパーツを採用。乗り心地を犠牲にすることなく、ベースモデル以上のレスポンスを持つ精密なハンドリングに仕上げているというのがアストンマーティンの主張だ。タイヤは前:255/40ZR20、後ろ:295/35ZR20サイズとなるブリヂストンS007を装着。ホイールも専用デザインのものを組み合わせている。

価格は3083万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
DB11, アストンマーティン, モーターショー, 東京オートサロン2019, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る