かつての勢いも今は昔……
岐路に立つデトロイトショーの今と未来

2019.01.25 デイリーコラム

開催地は“ビッグスリー”のおひざ元

毎年1月上旬に行われる自動車イベントといえば、日本国内においては千葉・幕張メッセで行われる「東京オートサロン」が有名だが、海外ではアメリカの2大ショーこそが主役だ。近年ではネバダ州ラスベガスで行われるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)が話題を集めているが、あちらは本来、家電を中心とした最新技術のショーに最新の自動車技術の展示が増えているもの。自動車そのものを発表するモーターショーとして長い歴史を誇るのが、NAIAS(ノースアメリカン・インターナショナル・オートショー)だ。

開催地の名前から、通称「デトロイトショー」と呼ばれることの多いNAIASは、初開催が1907年。実に110年余りの歴史を持つ、伝統のモーターショーである。開催地であるデトロイトは、冬季には厳しい寒さに見舞われることでも知られ、マイナス10度以下になることもしばしば。 ショー会場となるCOBOセンターの脇には、カナダとの国境となるデトロイト・リバーが流れているが、その水面が全面凍結することも珍しくないほどだ。

そんな厳寒の時期に行われるモーターショーに、世界中から自動車メーカーやサプライヤーなどの関係者が集まり、多くの新型車両が発表される。その理由は、アメリカが今なお巨大な自動車マーケットであると同時に、デトロイトがアメリカの自動車メーカー(ゼネラルモーターズ、フォード、FCA)が拠点を置く「モーターシティー」であるからだ。

北米国際自動車ショーの会場となるCOBO(コボ)センターの様子。ショーが開催される1月のデトロイトは寒く、気温がマイナス10度以下になることもある。
北米国際自動車ショーの会場となるCOBO(コボ)センターの様子。ショーが開催される1月のデトロイトは寒く、気温がマイナス10度以下になることもある。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事