マクラーレンが「720Sスパイダー」をアジア初公開

2019.01.28 自動車ニュース
マクラーレン720Sスパイダー
マクラーレン720Sスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2019年1月28日、マクラーレン・スーパーシリーズの新型オープンモデル「720Sスパイダー」を東京・晴海で発表した。今回のイベントは、昨2018年12月にイギリスのマクラーレンテクノロジーセンター(MTC)で行われたワールドプレミアに続く、世界で2番目となる実車公開の場となり、同時にアジアプレミアも兼ねていた。

「マクラーレン720Sスパイダー」の発表会で、2018年の事業報告を行った正本嘉宏マクラーレンオートモーティブアジア日本支社代表。2018年は、全世界の販売台数が4806台(対前年比43.9%増)、日本での販売台数は222台(対前年比44%増)となったことを紹介した。


	「マクラーレン720Sスパイダー」の発表会で、2018年の事業報告を行った正本嘉宏マクラーレンオートモーティブアジア日本支社代表。2018年は、全世界の販売台数が4806台(対前年比43.9%増)、日本での販売台数は222台(対前年比44%増)となったことを紹介した。
	拡大
インテリアでは、マクラーレンの各モデルに採用されている、縦型のタッチパネル式液晶ディスプレイをセンターコンソールに配置。
インテリアでは、マクラーレンの各モデルに採用されている、縦型のタッチパネル式液晶ディスプレイをセンターコンソールに配置。拡大
タイヤサイズは、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20。ブレーキにはカーボンセラミック製のディスクとアルミニウム製キャリパー(前6ピストン、後ろ4ピストン)を採用している。
タイヤサイズは、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20。ブレーキにはカーボンセラミック製のディスクとアルミニウム製キャリパー(前6ピストン、後ろ4ピストン)を採用している。拡大
「マクラーレン720Sスパイダー」のパフォーマンスなどを紹介したマクラーレンオートモーティブアジアの平田寿樹リージョナルセールスマネージャー。
「マクラーレン720Sスパイダー」のパフォーマンスなどを紹介したマクラーレンオートモーティブアジアの平田寿樹リージョナルセールスマネージャー。拡大

720Sスパイダーは、2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなっており、車名の720という数字は、クーペモデル同様720psの最高出力を示している。オープンボディーを採用するにもかかわらず、車重はクーペの720S比わずか49kgの重量増となる1322kgに抑えられており、この車重は同クラスのライバルよりも88kgも軽量だという。

ルーフシステムには軽量なカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒でオープン/クローズそれぞれのアクションが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。

RHTのルーフ部分には、半透明から透明の状態へと素早く切り替えられる、エレクトロクロミックガラスを装備。キャビン後方のピラー部分は“フライングバットレス”と呼ばれるガラス製となっており、360度の視界が得られるとマクラーレンは説明する。トップを閉じた際のデザインは、戦闘機のキャノピーをイメージさせる独特な造形となっている。

4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する720Sスパイダーのパフォーマンスは、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、オープン時の最高速度は325km/h、ルーフクローズ時の最高速度は341km/hと発表されている。

日本での価格は3788万8000円から、デリバリー開始は2019年3月を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
720S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る