マクラーレンが「720Sスパイダー」をアジア初公開

2019.01.28 自動車ニュース
マクラーレン720Sスパイダー
マクラーレン720Sスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2019年1月28日、マクラーレン・スーパーシリーズの新型オープンモデル「720Sスパイダー」を東京・晴海で発表した。今回のイベントは、昨2018年12月にイギリスのマクラーレンテクノロジーセンター(MTC)で行われたワールドプレミアに続く、世界で2番目となる実車公開の場となり、同時にアジアプレミアも兼ねていた。

「マクラーレン720Sスパイダー」の発表会で、2018年の事業報告を行った正本嘉宏マクラーレンオートモーティブアジア日本支社代表。2018年は、全世界の販売台数が4806台(対前年比43.9%増)、日本での販売台数は222台(対前年比44%増)となったことを紹介した。


	「マクラーレン720Sスパイダー」の発表会で、2018年の事業報告を行った正本嘉宏マクラーレンオートモーティブアジア日本支社代表。2018年は、全世界の販売台数が4806台(対前年比43.9%増)、日本での販売台数は222台(対前年比44%増)となったことを紹介した。
	拡大
インテリアでは、マクラーレンの各モデルに採用されている、縦型のタッチパネル式液晶ディスプレイをセンターコンソールに配置。
インテリアでは、マクラーレンの各モデルに採用されている、縦型のタッチパネル式液晶ディスプレイをセンターコンソールに配置。拡大
タイヤサイズは、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20。ブレーキにはカーボンセラミック製のディスクとアルミニウム製キャリパー(前6ピストン、後ろ4ピストン)を採用している。
タイヤサイズは、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20。ブレーキにはカーボンセラミック製のディスクとアルミニウム製キャリパー(前6ピストン、後ろ4ピストン)を採用している。拡大
「マクラーレン720Sスパイダー」のパフォーマンスなどを紹介したマクラーレンオートモーティブアジアの平田寿樹リージョナルセールスマネージャー。
「マクラーレン720Sスパイダー」のパフォーマンスなどを紹介したマクラーレンオートモーティブアジアの平田寿樹リージョナルセールスマネージャー。拡大

720Sスパイダーは、2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなっており、車名の720という数字は、クーペモデル同様720psの最高出力を示している。オープンボディーを採用するにもかかわらず、車重はクーペの720S比わずか49kgの重量増となる1322kgに抑えられており、この車重は同クラスのライバルよりも88kgも軽量だという。

ルーフシステムには軽量なカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒でオープン/クローズそれぞれのアクションが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。

RHTのルーフ部分には、半透明から透明の状態へと素早く切り替えられる、エレクトロクロミックガラスを装備。キャビン後方のピラー部分は“フライングバットレス”と呼ばれるガラス製となっており、360度の視界が得られるとマクラーレンは説明する。トップを閉じた際のデザインは、戦闘機のキャノピーをイメージさせる独特な造形となっている。

4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する720Sスパイダーのパフォーマンスは、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、オープン時の最高速度は325km/h、ルーフクローズ時の最高速度は341km/hと発表されている。

日本での価格は3788万8000円から、デリバリー開始は2019年3月を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
720S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • 「メルセデス・マイバッハSクラス」に10台限定の特別仕様車 2020.6.26 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月26日、「メルセデス・マイバッハSクラス」に特別仕様車「グランドエディション」を設定し、10台の台数限定で発売した。「S560」および「S560 4MATIC」をベースに「ファーストクラスパッケージ」などを標準装備する。
  • 「ポルシェ718ボクスターT/718ケイマンT」の予約注文受け付けがスタート 2020.6.25 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月24日、ミドシップスポーツカー「718ボクスター」「718ケイマン」のラインナップに「718ボクスターT」「718ケイマンT」を設定し、予約受注を開始した。
ホームへ戻る