11秒でオープンに 「マクラーレン720Sスパイダー」登場

2018.12.11 自動車ニュース
マクラーレン720Sスパイダー
マクラーレン720Sスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは、2018年12月8日(現地時間)、マクラーレン・スーパーシリーズのニューモデル「720Sスパイダー」を発表した。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒で開閉それぞれのアクションが完了する。

「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。
「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。拡大
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。拡大
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。拡大

今回発表された720Sスパイダーは、「650S」の後継モデルとして2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなる。車名の由来ともなった、最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する。

720Sスパイダーの車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの720S比わずか49kgの重量増に抑えられている。パフォーマンスは0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/hと、クーペと同じ実力を持つと発表されている。ただし、オープン時の最高速度は325km/hとなる。

RHTはカーボン製ルーフのほかに、半透明から透明へと素早く切り替えが可能な「エレクトロミックガラス」も用意されている。11秒で作動が完了するRHTは、50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。先代モデルといえる650Sスパイダーの場合、ルーフ作動時間が15秒、走行中の開閉が30km/hまでだったことを考えると、RHTのシステムそのものが大きく進化したといえるだろう。

欧州でのデリバリー開始は、2019年3月を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
720S, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.3.1 試乗記 マクラーレンの新たなオープントップモデル「720Sスパイダー」に試乗。先行デビューしたクーペ「720S」とは違ったドライビングプレジャーや、両車に共通する走りの特徴について、アメリカ・アリゾナ州から報告する。
  • 期待しているけど不安もある?
    webCG随一のアメ車オタク 新型「コルベット」を語る
    2019.9.16 デイリーコラム 2019年7月の初公開以来、いまだに話題沸騰中の“C8”こと新型「シボレー・コルベット」。従来モデルからの激変ぶりに賛否両論を巻き起こしているC8だが、コルベットにとって本当に大事なこととは何なのか? webCG随一のアメ車好きが、愛と偏見と思い込みで語り倒す。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る