11秒でオープンに 「マクラーレン720Sスパイダー」登場

2018.12.11 自動車ニュース
マクラーレン720Sスパイダー
マクラーレン720Sスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは、2018年12月8日(現地時間)、マクラーレン・スーパーシリーズのニューモデル「720Sスパイダー」を発表した。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒で開閉それぞれのアクションが完了する。

「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。
「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。拡大
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。拡大
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。拡大

今回発表された720Sスパイダーは、「650S」の後継モデルとして2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなる。車名の由来ともなった、最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する。

720Sスパイダーの車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの720S比わずか49kgの重量増に抑えられている。パフォーマンスは0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/hと、クーペと同じ実力を持つと発表されている。ただし、オープン時の最高速度は325km/hとなる。

RHTはカーボン製ルーフのほかに、半透明から透明へと素早く切り替えが可能な「エレクトロミックガラス」も用意されている。11秒で作動が完了するRHTは、50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。先代モデルといえる650Sスパイダーの場合、ルーフ作動時間が15秒、走行中の開閉が30km/hまでだったことを考えると、RHTのシステムそのものが大きく進化したといえるだろう。

欧州でのデリバリー開始は、2019年3月を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
720S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • マクラーレン・エルヴァ 2020.12.3 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は2020年12月3日、東京・六本木において、世界限定149台のみが販売される「マクラーレン・エルヴァ」の実車を日本で初披露した。ブルーとオレンジのガルフカラーをまとったエルヴァの姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る