11秒でオープンに 「マクラーレン720Sスパイダー」登場

2018.12.11 自動車ニュース
マクラーレン720Sスパイダー
マクラーレン720Sスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは、2018年12月8日(現地時間)、マクラーレン・スーパーシリーズのニューモデル「720Sスパイダー」を発表した。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒で開閉それぞれのアクションが完了する。

「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。
「720Sスパイダー」が採用するカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップは、11秒でオープン/クローズが完了する。50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。拡大
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。
クーペと同じ0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/h(ルーフクローズ時)という実力。オープン時の最高速度は325km/hとなる。拡大
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。
最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボを搭載する。拡大

今回発表された720Sスパイダーは、「650S」の後継モデルとして2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなる。車名の由来ともなった、最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する。

720Sスパイダーの車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの720S比わずか49kgの重量増に抑えられている。パフォーマンスは0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/hと、クーペと同じ実力を持つと発表されている。ただし、オープン時の最高速度は325km/hとなる。

RHTはカーボン製ルーフのほかに、半透明から透明へと素早く切り替えが可能な「エレクトロミックガラス」も用意されている。11秒で作動が完了するRHTは、50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。先代モデルといえる650Sスパイダーの場合、ルーフ作動時間が15秒、走行中の開閉が30km/hまでだったことを考えると、RHTのシステムそのものが大きく進化したといえるだろう。

欧州でのデリバリー開始は、2019年3月を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
720S, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
  • 「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実 2019.6.17 自動車ニュース スズキは2019年6月17日、軽乗用車「アルトラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は予防安全技術「スズキセーフティサポート」の機能を強化し、車線逸脱警報機能などを搭載した。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • 第37回:三菱eKクロス(前編) 2019.6.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。
ホームへ戻る