フォルクスワーゲンが「up! GTI」を発売

2019.02.13 自動車ニュース
特別仕様車up! GTI
特別仕様車up! GTI拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月13日、コンパクトハッチバック「up!」に特別仕様車「up! GTI」を設定し、販売を開始した。

「up! GTI」のインテリア。2018年に導入されたモデルは、600台の限定販売だったが、今回は通常販売モデルとして登場した。
「up! GTI」のインテリア。2018年に導入されたモデルは、600台の限定販売だったが、今回は通常販売モデルとして登場した。拡大
「up! GTI」のボディーカラーには、新色のタングステンシルバーメタリック(写真)とピュアホワイトの2色が用意されている。
「up! GTI」のボディーカラーには、新色のタングステンシルバーメタリック(写真)とピュアホワイトの2色が用意されている。拡大

今回再び日本に導入されたup! GTIは、2018年に台数600台限定で販売されたup! GTIに続くもの。新たにリアビューカメラや、8チャンネル300Wパワーアンプと6スピーカー+サブウーハーを搭載したプレミアムサウンドシステム“beats sound system”を装備し、ボディーカラーはタングステンシルバーメタリック(新色)とピュアホワイトの2色から選べるようになっている。

最高出力116ps、最大トルク200Nmの1リッター直3 DOHC直噴ターボエンジンに6段MTが組み合わされるパワートレインや、専用17インチホイールに変更はない。

価格は229万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, ゴルフ, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTI」を発売 2019.2.13 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月13日、コンパクトハッチバック「up!」に特別仕様車「up! GTI」を設定し、販売を開始した。「high up!」をベースに、リアビューカメラやプレミアムサウンドシステムを装備している。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.9.13 試乗記 2018年から始まった、日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルモデル拡大戦略。いよいよ本命ともいうべき「ゴルフ」が上陸した。すでにモデル末期ともうわさされている現行型ゴルフ。手を出すべきか、それとも待つべきか……!?
ホームへ戻る