ジープ、コンパクトSUV「レネゲード」をマイナーチェンジ

2019.02.15 自動車ニュース
ジープ・レネゲード リミテッド
ジープ・レネゲード リミテッド拡大

FCAジャパンは2019年2月14日、コンパクトSUV「ジープ・レネゲード」をマイナーチェンジし、同年2月23日に販売を開始すると発表した。

「レネゲード リミテッド」では、レザーシートが標準装備されている。
「レネゲード リミテッド」では、レザーシートが標準装備されている。拡大
前後のランプ類は、新型「ラングラー」をモチーフにデザインされている。
前後のランプ類は、新型「ラングラー」をモチーフにデザインされている。拡大
デュアルペインパノラミックサンルーフは「リミテッド」にメーカーオプションとして設定されている。
デュアルペインパノラミックサンルーフは「リミテッド」にメーカーオプションとして設定されている。拡大

今回のマイナーチェンジでは、車体前後のデザインを変更。フロントヘッドライトとリアコンビネーションライトは、新型「ラングラー」との関連性を感じさせる意匠に変更されている。このヘッドライトはLED方式となり、デイタイムランニングライト、ハイビーム、ロービーム、フォグランプのすべてがLEDに統一されている。LEDヘッドライトは、従来のキセノンヘッドライトに比べて明るさが20%向上しているという。

このほかエクステリアデザインでは、一部のモデルでドアミラーの色がシルバーからグレーに変更、ホイールデザインも一新された。

エンジンは、従来搭載されていた最高出力140psの1.4リッター直4マルチエアエンジンに代わり、最高出力151psを発生する新世代1.3リッター直4マルチエア2を採用。セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付きターボチャージャー、スタート/ストップ機構などを搭載し、優れたパフォーマンスと低燃費を両立するとジープはアピールしている。WLTCモード燃費は、13.5km/リッターと発表されている。

装備の充実もフェイスリフトを受けたレネゲードのセリングポイントで、ドアミラーオート格納機能や、オーディオナビゲーションシステム「Uconnect」の地上デジタルTVチューナーが標準装備となった。

グレード構成は、従来通り「Longitude(ロンジチュード)」「Limited(リミテッド)」「Trailhawk(トレイルホーク)」の計3モデル。レザーシートを標準装備するリミテッドから導入がスタートし、エントリーモデルのロンジチュードと4WD仕様のトレイルホークについては、今春の発売を予定している。

価格はリミテッドのみ明らかにされており、355万円。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
ホームへ戻る