FCAが「ステルヴィオ」と「ジュリア」のディーゼルモデルを日本導入

2019.02.18 自動車ニュース
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4拡大

FCAジャパンは2019年2月18日、SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」とスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」のディーゼルエンジン搭載モデルの日本導入を発表した。同年4月6日に発売する。

「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」は最高出力210ps、最大トルク470Nmとなる2.2リッター直4クリーンディーゼルターボエンジンを搭載している。
「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」は最高出力210ps、最大トルク470Nmとなる2.2リッター直4クリーンディーゼルターボエンジンを搭載している。拡大
ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー
ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー拡大
「ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー」では基本設計を共有しながらチューニングを変更し、最高出力190ps、最大トルク450Nmを発生する同エンジンを搭載。
「ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー」では基本設計を共有しながらチューニングを変更し、最高出力190ps、最大トルク450Nmを発生する同エンジンを搭載。拡大
発表会ではFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長兼CEO(左)とアルファ・ロメオのパオロ・パロッティ エンジン技術部門代表(右)が登壇し、日本導入車両を紹介した。
発表会ではFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長兼CEO(左)とアルファ・ロメオのパオロ・パロッティ エンジン技術部門代表(右)が登壇し、日本導入車両を紹介した。拡大

今回、導入が発表されたのは2.2リッター直4クリーンディーゼルターボエンジンを搭載した「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」および「ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー」。エンジンは基本設計を共有しつつも、モデル特性に合わせたチューニングが施されており、前者は最高出力210psと最大トルク470Nmを、後者は同190psと同450Nmを発生する。0-100km/h加速のタイムは6.6秒/7.2秒で、WLTCモードの燃費値は16.0km/リッター/17.2km/リッター(いずれもステルヴィオ/ジュリア)。

アルファ・ロメオのディーゼルエンジンとしては初となるアルミ製エンジンブロックや中空カムシャフトを採用し、軽量であることもこのユニットの特徴だ。公表されているエンジン単体の重量は155kgで、軽快なハンドリング性能に寄与しているという。

常用域での扱いやすさも考慮されており、1250rpmで300Nm以上を、1750rpmで最大トルクを発生。バランサーシャフトの採用によって振動を低く抑えたほか、8段ATのシフトショック低減も図っている。

先進技術の採用により、高効率かつクリーンであることも自慢で、ターボラグが少なくレスポンスに優れた電子制御式可変ジオメトリーターボや高性能な燃料噴射装置「マルチジェットII」を搭載。DPFやSCR、尿素水溶液噴射装置といった排出ガス後処理技術により、世界で最も厳しいといわれる日本の排出ガス基準「ポスト新長期規制」をクリアしている。

ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4の装備内容はガソリンモデルのベーシックグレード「2.0ターボQ4」に準じたもので、バイキセノンヘッドライトや18インチ5スポークアルミホイール、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した「Connectシステム」、シートヒーター付きレザーシート、リアパーキングカメラ、パワーテールゲート、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)などを標準装備する。価格は617万円。

一方のジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパーの装備内容は、同じくガソリンモデルのベーシックグレード「2.0ターボ スーパー」に準じており、バイキセノンヘッドライトや18インチ10スポークアルミホイール、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応したConnectシステム、シートヒーター付きプレミアムレザーシート、前席パワーシート、harman/kardonプレミアムオーディオシステム、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)などが備わる。価格は556万円。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリア, ステルヴィオ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る