webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)

奥さまウケは万全 2018.01.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。

適度なイタ車らしさが受けている!?

フィアット・クライスラー・オートモービルズが、アルファ・ロメオブランドを再興すべく、莫大(ばくだい)な投資をして生まれたジュリア。

既報のように、ソレは「BMW 3シリーズ」を最大のターゲットとした、直球ど真ん中なFRセダンである。

別にライバルは3シリーズには限らないでしょうが、個人的に現在「320d」に乗っているせいか(激安中古)、ジュリアからは3シリーズへの強い意識をビンビン感じる。

ジュリアの事実上のボトムグレードであり、最量販グレードになるであろう「スーパー」。ボディーサイズもプロポーションも車両重量もほとんど3シリーズと同じだ。

エンジンは4気筒の2リッターターボで、トランスミッションが8段ATという点も同じ。バッテリーを後部トランク内に収めて前後重量配分50:50を実現するなど、何から何まで似ている。

価格は543万円。3シリーズの想定ライバル(18インチタイヤ同士ということで)「320i Mスポーツ」が570万円。価格もほぼガチンコだ。

フォルムも、3シリーズを猛烈に意識した……というより、正直そっくりである。特に横のシルエットは、見分けすらムズカシイ。顔も横長ヘッドライトまでは同じで、違うのはグリルだけともいえる。

従来のアルファファンは、この点に大いに失望している。まるで3シリーズだし、アルファらしい華がないということで。個人的にも、ジュリアのカッコにしびれるものはない。

しかし、一般の皆さまはそうは見ないようだ。とあるカーマニアの奥さまは、イタリア車は壊れそうでキライとのたまいつつ、ジュリアを見て「これならいいんじゃない?」。BMWに似ていることで、なんとなく信頼性が高そうに見えるのかも! 

その心理を勝手に分析すると、ちょっとだけイタ車っぽいところがちょうどいいのではないか。全面的にイタ車っぽいのは、派手で目立ちすぎるしNG。周囲のドイツ車たちに溶け込みつつ、よく見るとちょっと違うところが、さりげなくオシャレさん。それならいいわ~。そんな感じでしょうか?

一般の皆さまがそうおっしゃれば、カーマニアは何も言えない。採算取れなきゃクルマは作れないんで。マルキオンネが狙ってるのはオレらじゃない、もっと広くあまねく幅広く、なのだ。中でも奥さまの賛同を得られやすいというのは(調査サンプル数=1)、日本での販売のカギを握る。勝手に納得である。

今回のテスト車は「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー」。受注生産の「ジュリア」(ベーシックモデル)を除くと、事実上のボトムグレードに位置づけられるモデルだ。
今回のテスト車は「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー」。受注生産の「ジュリア」(ベーシックモデル)を除くと、事実上のボトムグレードに位置づけられるモデルだ。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4645×1865×1435mm。想定ライバルと目される「BMW 320i Mスポーツ」と比べると、全長は同じで、65mm幅広く、5mm低い。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4645×1865×1435mm。想定ライバルと目される「BMW 320i Mスポーツ」と比べると、全長は同じで、65mm幅広く、5mm低い。拡大
テスト車のインテリアカラーは「ブラック/ベージュ」。インパネやセンターコンソールなどには、温かみのある色合いのウオールナットのアクセントが加えられる。
テスト車のインテリアカラーは「ブラック/ベージュ」。インパネやセンターコンソールなどには、温かみのある色合いのウオールナットのアクセントが加えられる。拡大
トランスミッションは8段ATを採用する。シフトセレクターの手前には、ドライブモード切り替え機構「アルファD.N.A.ドライブモードシステム」の操作ダイヤルや、インフォテインメントシステムの操作スイッチが備わる。
トランスミッションは8段ATを採用する。シフトセレクターの手前には、ドライブモード切り替え機構「アルファD.N.A.ドライブモードシステム」の操作ダイヤルや、インフォテインメントシステムの操作スイッチが備わる。拡大
ドアのインナーパネルにも、ホワイトのプレミアムレザーがぜいたくに使用されている。
ドアのインナーパネルにも、ホワイトのプレミアムレザーがぜいたくに使用されている。拡大

実用的でありながら官能性も漂う

で、走りの方はどうなのかというと、実はカッコに渋々ながら納得してしまうのは、走りに納得だったからだ。

スーパーのエンジンは2リッター直噴ターボで、最高出力200ps、最大トルク330Nm。ライバルたる320iのソレは184ps/270Nm。前述のように車両重量はほぼ同じなので、ジュリアの方がパワフルだ。

実際に走ってみると、パワフルさよりも官能性の方がココロに刺さった。「クアドリフォリオ」のようなフェラーリ的炸裂(さくれつ)はないが、低い回転からかすかな快音が響くところは、かつて私が乗っていた「155ツインスパーク」(2リッター自然吸気)をもほうふつとさせる。

高回転域まで引っ張っても回転の上昇はよどみなく、快感もじわじわと高まる。決してズコーンではなくじわじわだが、あんまりズコーンと来ると、回してないとモッタイナイ症候群にかかる。ジュリア スーパーはあくまでオシャレさんな日常の足。その点を考えるとこれでよしである。

ライバルの320iのエンジンはどうかといえば、ジュリア スーパーほどの個性はない。ただ淡々と性能が出ているという印象で、エンジンの存在感自体が薄い。320iよりディーゼルの320d(最新モデル)の方が官能的ですらある。

わが自家用車の320dは2014年式につき、ディーゼルのガラガラ音がかなり強く、適度に官能的なジュリア スーパーのガソリンエンジンと比較すれば、ジャージというか野良着というか、色気のない実用車そのもの。ジュリアがとっても華やかに感じられる。

ジュリア スーパーのパワーユニットは、実用性を確保しつつ、イタリア的な官能性をほのかに感じさせるわけで、イタリア製Dセグメントセダンを世界に幅広く受け入れてもらうための最適解かもしれない。いや、だといいな~。

そういえばATはトルコンの8段で、この点も3シリーズと同じですが、アルファ得意の「D.N.A.システム」で、フィーリングを大きく切り替えることができる。
個人的には、常に「d(ダイナミック)モード」がオススメでした。dモードでパドルを使ってシフトダウンすると、鋭いブリッピングで回転を合わせてくれるし、その時響くサウンドがなんとも気持ちイイ。Dレンジに入れっぱなしでもサウンドレベルが一段上がって、ドライブ中、常にイタリア車気分を感じられる。せっかくアルファ・ロメオを買うんだから、これくらいでちょうどいいのではないか?

山岳路を駆け上がる「ジュリア スーパー」。官能性を感じさせる走りが印象的だった。
山岳路を駆け上がる「ジュリア スーパー」。官能性を感じさせる走りが印象的だった。拡大
表皮にプレミアムレザーを使用した「ジュリア スーパー」のシート。8ウェイの電動調整機構を標準装備する。
表皮にプレミアムレザーを使用した「ジュリア スーパー」のシート。8ウェイの電動調整機構を標準装備する。拡大
リアシートは3人掛け。40:20:40の分割可倒機能を備えている。
リアシートは3人掛け。40:20:40の分割可倒機能を備えている。拡大
メーターパネルは2眼式を採用。センターの液晶パネルには、瞬間燃費や先進安全装備の作動状況などを表示できる。
メーターパネルは2眼式を採用。センターの液晶パネルには、瞬間燃費や先進安全装備の作動状況などを表示できる。拡大
トランクルームの容量は480リッター。この数字も仮想敵(?)たる「BMW 3シリーズ」と全く同じ。
トランクルームの容量は480リッター。この数字も仮想敵(?)たる「BMW 3シリーズ」と全く同じ。拡大

クラス屈指のボディー剛性

シャシーのしっかり感に関しては、ヘタすると3シリーズを超えている。従来のイタ車ファンにすれば、「こんなしっかりしたボディーはイタ車じゃない!」と青くなるレベルだ。

「155」の空中分解しそうなユルユルボディーを愛した者としては、隔世の感以上の差。真剣な話、このクラスで世界一ではないでしょうか? メルセデスをも超えているように思います。

この鬼のようなシャシー剛性が、18インチタイヤを履きつつ、ドイツ車的な「ロールを抑えつつしなやかな乗り心地」を実現している。イタ車っぽくはないけれど、いいものはいい! さすがグローバル市場を狙ったアルファブランド復活戦略車。

ただし、ハンドリングもグローバル商品のレベルを大きく超えて……というより逸脱している。

コブシ1個分切っただけで、隣の車線まで吹っ飛ぶようなこのクイックさ! クアドリフォリオなら納得だが、スーパーまでもがこんなんで、奥さまは大丈夫か!?

いや、たぶん大丈夫なのでしょう。むしろ「ハンドルが軽くていいわ~」と気に入られる気がします。ちょっと切るだけでガバッと曲がるのって、パワフルなのと同じベクトルで快感なので。いやむしろ、奥さまにはパワーより、ステアリングの軽さ&クイックさが受ける気もする。

なにせジュリアは、米『モータートレンド』誌のカー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。アルファブランドが撤退して久しかった北米市場に再参入を果たしただけでなく、早速勲章まで手に入れたのだ。北米でウケるってことは、世界中の一般の皆さまにウケるということなのではないでしょうか。

「ジュリア」は新開発のFRプラットフォームをベースに、アルミのボディーパネルやボンネットフード、カーボン製のドライブシャフトなどの軽量パーツを適所に配置することで、50:50の前後重量配分を実現している。「ジュリア スーパー」の場合は、前車軸800kg、後車軸790kg(車検証記載値)。
「ジュリア」は新開発のFRプラットフォームをベースに、アルミのボディーパネルやボンネットフード、カーボン製のドライブシャフトなどの軽量パーツを適所に配置することで、50:50の前後重量配分を実現している。「ジュリア スーパー」の場合は、前車軸800kg、後車軸790kg(車検証記載値)。拡大
「ジュリア スーパー」の2リッター直4ターボエンジン。最高出力200ps、最大トルク330Nmを発生する。
「ジュリア スーパー」の2リッター直4ターボエンジン。最高出力200ps、最大トルク330Nmを発生する。拡大
タイヤサイズはフロントが225/45R18で、リアが255/40R18。テスト車は「ピレリ・チントゥラートP7」のランフラットタイヤを履いていた。
タイヤサイズはフロントが225/45R18で、リアが255/40R18。テスト車は「ピレリ・チントゥラートP7」のランフラットタイヤを履いていた。拡大
ボディー中央に向かって徐々に細くなる、独特な形状のヘッドランプユニットが、フロントマスクを特徴づけている。
ボディー中央に向かって徐々に細くなる、独特な形状のヘッドランプユニットが、フロントマスクを特徴づけている。拡大

小さな欠点を挙げるとすれば……

結論として、ジュリア スーパーは、ドイツ車以上に強固なボディーに、フェラーリのような超絶シャープな操縦性を載せているわけで、3シリーズそっくりに見えつつ、見事な差別化に成功している。

ジュリアから自分の320dに乗り換えた第一印象は「落ち着くなぁ。でもオッサンくさいな~」だった。

付け足しですが、セダンとしての実用性を申し上げますと、トランク容量は480リッターで3シリーズと同じ。ただ、後席足元はかなり狭い。「このボディーサイズでこんなもん!?」と少し驚きました。

これはひょっとして、FFなのに無駄に後席足元が狭かった「159」以来の伝統か? アルファの後席足元は狭い方がらしくていい、という考えなのか?

しかしまあミニバンじゃないんだし、かわいい欠点ということで、受け入れていただけると幸いです。

もうひとつ小さな欠点を挙げると、日本仕様のジュリアには純正ナビが搭載されておりません。ナビもオーディオ(ラジオ以外)も、スマホを介して入力するタイプなのです。これは奥さまの大不評を買いそうです。

個人的には、ナビはスマホのGoogle Maps(グーグルマップ)を使用しているので、純正ナビがなくても何らマイナスはないですが、一般の皆さまのことを考えると、なるはやな対応が必要でしょう。ちなみにiPhoneの場合、グーグルマップをナビ画面に映すことはできません(iPhoneの標準マップは映せます)。

(文=清水草一/写真=田村 弥/編集=藤沢 勝)

「ジュリア スーパー」には、緊急自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターといった先進運転支援システムが標準で備わる。
「ジュリア スーパー」には、緊急自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターといった先進運転支援システムが標準で備わる。拡大
「ジュリア スーパー」の8.8インチセンターディスプレイ。カーナビゲーションはスマートフォンを介して「Apple CarPlay」、または「Android Auto」のマップ機能を利用する。
「ジュリア スーパー」の8.8インチセンターディスプレイ。カーナビゲーションはスマートフォンを介して「Apple CarPlay」、または「Android Auto」のマップ機能を利用する。拡大
テスト車のボディーカラーは、深みのある色合いが特徴的な「モンテカルロ ブルー」。これを含めて全11色が用意されている。
テスト車のボディーカラーは、深みのある色合いが特徴的な「モンテカルロ ブルー」。これを含めて全11色が用意されている。拡大

テスト車のデータ

アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1865×1435mm
ホイールベース:2820mm
車重:1590kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:200ps(147kW)/5000rpm
最大トルク:330Nm(33.7kgm)/1750rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)255/40R18 95W(ピレリ・チントゥラートP7 ランフラット)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
価格:543万円/テスト車=552万7740円
オプション装備:ボディーカラー<モンテカルロ ブルー:メタリック>(8万6400円) ※以下、販売店オプション ETC(1万1340円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:4506km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:270.5km
使用燃料:27.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.8km/リッター(満タン法)/10.7km/リッター(車載燃費計計測値)

アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー
アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com