「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタート

2019.02.20 自動車ニュース
BMW 8シリーズ カブリオレ(写真は欧州仕様車)
BMW 8シリーズ カブリオレ(写真は欧州仕様車)拡大

BMWジャパンは2019年2月19日、フラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」のオープンバージョンとなる「8シリーズ カブリオレ」を発表。同日、販売を開始した。

 
「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタートの画像拡大
 
「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタートの画像拡大
 
「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタートの画像拡大
 
「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタートの画像拡大
 
「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタートの画像拡大

8シリーズ カブリオレは、「6シリーズ カブリオレ」の実質的な後継となるオープントップモデル。8シリーズ クーペをベースにオープン化したもので、「クーペの美しさや卓越した運動性能に加えて、オープンモデルならではの開放感や優雅さを備えている」とアピールされる。2018年11月のロサンゼルスモーターショーにおいて、「8シリーズ コンバーチブル」として世界初公開された。

ルーフには電動式のソフトトップを採用。約15秒でオープン/クローズが可能で、50km/hまでの車速であれば走行中でも操作できる。

乗車定員は4人。「優れた走行性能への期待感をあおるようなデザイン」とうたわれるインテリアは、透明度の高いクリスタルで作られたクラフテッドクリスタルフィニッシュのシフトノブや、ベンチレーション付きの上質なメリノレザーシート、そしてアンビエントライトなどが見どころとなっている。

現時点で国内販売されるのは、4.4リッターV8ガソリンターボエンジン(最高出力530ps、最大トルク750Nm)を搭載する「BMW M850i xDriveカブリオレ」のみ。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4855×1900×1345mmで、ホイールベースは2820mm。車重は2340kgと公表される。

そのほか、「アクティブ・クルーズ・コントロール」や「リバース・アシスト」(車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じルートをバックで正確に戻れる機能)をはじめとする運転支援システムや、「BMW Operating System 7.0」を新たに採用したインフォテインメントシステムもセリングポイントとなっている。

価格はクーペよりも124万円高の1838万円。

(webCG)

「8シリーズ カブリオレ(コンバーチブル)」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
8シリーズ カブリオレ, BMW, 8シリーズ コンバーチブル, 自動車ニュース

BMW 8シリーズ カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
  • BMW Z4 2018.8.24 画像・写真 独BMWは2018年8月23日(現地時間)、米国カリフォルニア州のぺブルビーチ・ゴルフリンクスにおいて、オープン2シーター「Z4」の新型を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る