今夏から渋滞時の“手放し運転”が解禁に
BMWの「ハンズ・オフ機能」を解説する

2019.05.03 デイリーコラム

技術の進化が可能にした“手放し運転”

2019年4月10日にBMWジャパンは、国内モデルとしては初となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を、夏以降に順次日本へ導入すると発表した。

「ハンズ・オフ」とはすなわち、「手放しで」という意味だ。この機能によって、“絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて”、ステアリングから手を放しての走行が可能となる。言い換えれば、あくまで責任の所在はドライバーにあるレベル2の自動運転ではあるが、一定条件をクリアしていれば手放し運転ができるというわけだ。

作動条件は、高速道路(道交法の定めにより都市高速なども含む)上で速度は60km/h以下、前走車を追従している状態にあること。あくまで渋滞運転支援という位置づけだ。

同様の機能は、前走車と一定の車間距離を維持しながら追従してくれるアダプティブクルーズコントロール(ACC)と、車載カメラによって車線を認識して逸脱しないようにステアリング操作をしてくれるレーンキープアシスト(LKA)の組み合わせによって、これまでにも存在していた。

ただし、そこには国交省の保安基準による“15秒”ルールがあった。ACC+LKAをセットしての走行シーンで、ドライバーが15秒間、ステアリングから手を放しているとシステムが認識すれば、音やグラフィックで警告し、それでも手をステアリングに戻さなければ運転支援システムを解除しなければならないというものだ。

「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両は、まずは「3シリーズ」(写真)と「8シリーズ」、さらに「X5」が導入される予定。
「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両は、まずは「3シリーズ」(写真)と「8シリーズ」、さらに「X5」が導入される予定。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • 「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大 2019.9.30 自動車ニュース BMWジャパンが新型「3シリーズ ツーリング」を日本で発売。荷室容量は500リッターと、従来モデルよりやや拡大。高速道路でのハンズオフ運転支援システムやAI技術を使った音声操作機能など、先進装備も充実している。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
ホームへ戻る