クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)

スキのないデキ 2019.05.27 試乗記 BMWの最上級クーペ「8シリーズ」をベースとする、オープントップモデル「8シリーズ カブリオレ」に試乗。その優雅さと実用性を両立させる仕立てやスーパースポーツ顔負けの走りは、“フラッグシップ・オブ・ラグジュアリー”と呼ぶにふさわしいものだった。

のほほんとしてもいられない

スポーツカーの乗り心地は劇的に改善され、そしてSUVも台頭と、それらを向こうに回す必要にも迫られた大型2ドアクーペのカテゴリーが年々縮小しているのはご存じの通りだ。が、もはやキャデラックやリンカーンにそれを望めないアメリカ市場ではあるものの、大型2ドアクーペの販売台数は相変わらず他地域を圧倒している。

例えばカテゴリー内でベストセラーといわれてきた「BMW 6シリーズ」でいえば、約半数がアメリカ向けだったというから、メルセデスの「Eクラス クーペ」であれ、「レクサスLC」であれ、思いの半分はアメリカに向けられているとみて間違いはないだろう。で、そのアメリカ市場における6シリーズの販売構成で、これまた約半数にのぼるのがオープンモデルだったという。

こうなるとおのずと、その最大商圏はカリフォルニアであることが察せられるわけだが、すなわちこのセグメントはオープンありきで企画され、その出来いかんでは一気にシェアを失いかねないという厳しい状況にさらされていることになる。上位シフトを意識した8シリーズが、6シリーズのニーズをそのまま引き継げる保証もない。優雅なたたずまいの向こうには、エンジニアたちの苦悩や格闘がうかがえる。

これまでの「6シリーズ カブリオレ」に代わるラグジュアリーオープンカーと位置づけられる「8シリーズ カブリオレ」。国内では2019年2月に発売された。
これまでの「6シリーズ カブリオレ」に代わるラグジュアリーオープンカーと位置づけられる「8シリーズ カブリオレ」。国内では2019年2月に発売された。拡大
ドライバーにスポーティーな走りを意識させるようデザインされたコックピット。センターコンソールはドライバー側に傾けられている。
ドライバーにスポーティーな走りを意識させるようデザインされたコックピット。センターコンソールはドライバー側に傾けられている。拡大
今回試乗したのは、ガソリンターボエンジンを搭載する4WD車「M850i xDriveカブリオレ」。このほか、ディーゼルモデルもラインナップされている。
今回試乗したのは、ガソリンターボエンジンを搭載する4WD車「M850i xDriveカブリオレ」。このほか、ディーゼルモデルもラインナップされている。拡大

実用性の高さも十分

8シリーズ カブリオレの車寸は、先代に相当する「6シリーズ カブリオレ」に対して40mmとわずかながら全長が短くなっている。ホイールベースも35mmほど短い2822mm。全幅は1902mmと、ほぼ変わりはない。ほろ屋根は50km/h以下であれば走行時でもボタンひとつで開閉が可能。その所要時間は約15秒とフル4シーターの大きさを思えば相当速い部類に入るだろう。日本仕様の車重は2tを切るクーペよりは130kg重い2120kgと発表されている。

4層の天井部位にハードパネルを織り込んだほろ屋根の形状は、厚手にもかかわらず縫い目もていねいに内側に織り込まれており、その質感は高い。屋根の形状がトンネルバックのようだった6シリーズのそれからオーソドックスなシェイプへと改められたこともあって、プロポーションは端正なノッチバックフォルムとなっており、ファストバック調なクーペとは異なるクラシカルな趣をみせている。

トランク容量はクローズ時で350リッター、オープン時280リッターと屋根の開閉状況によって異なるも、ハードトップの420リッターに対して著しく小さいというわけではなく、トランクスルー機能も備わるなど実用性には十分に配慮されているといえそうだ。ほろ屋根を上げている時は手荷物置き場としても多用されるであろう後席は、女性や子供が短時間座るにも問題ないレッグスペースを有している。こういった実用性の高さが、かの地において純然たるスポーツカーとは一線を画す支持を集める理由でもあるのだろう。

クローズ時にはなめらかなシルエットを描くルーフ。全高はクーペモデルよりもわずかに1mmだけ低くなっている。
クローズ時にはなめらかなシルエットを描くルーフ。全高はクーペモデルよりもわずかに1mmだけ低くなっている。拡大
上質なメリノレザーで仕立てられたシート。ヒーターやベンチレーション機能も備わる。
上質なメリノレザーで仕立てられたシート。ヒーターやベンチレーション機能も備わる。拡大
後席の定員は2人。背もたれは可倒式になっており、荷室の容量を拡大することができる。
後席の定員は2人。背もたれは可倒式になっており、荷室の容量を拡大することができる。拡大
後席使用時の荷室容量は、オープン時で280リッター。ほろを上げると350リッターに変化する。
後席使用時の荷室容量は、オープン時で280リッター。ほろを上げると350リッターに変化する。拡大

走りはクーペに劣っていない

搭載されるパワートレインはクーペと同じ。4.4リッターV8ツインターボの「M850i」と、3リッター直6ターボディーゼルの「840d」、2つのバリエーションが用意される。

駆動方式は共にxDrive、すなわち四駆を採用。トランスミッションは8段ATが組み合わされる。ちなみにM850iは530psのパワーと750Nmのトルクを発生。0-100km/h加速は3.9秒とクーペに対して0.2秒落ちとなる。恐らく約130kgの重量増が影響してのことだろうが、それでもスーパースポーツと対峙(たいじ)する一線級の速さを備えていることは間違いない。一方の840dは0-100km/h加速4.9秒と、こちらもディーゼルでありながら十分な速さといえるだろう。ちなみに日本市場にも840dが導入されることはつい先日発表されたが、この大型2ドアクーペカテゴリーでのディーゼルモデル導入は初ということもあり、その動向が注目される。

試乗に供されたモデルはM850i。ほろを下ろせば七難隠れるのがオープンカーということもあって、まずはクローズ状態で音や振動のアラを一生懸命探ってみたが、そこはさすがのフラッグシップ・オブ・ラグジュアリーである。8シリーズ カブリオレは“屋根切り”だからというエクスキューズを一切必要としない。山道でゴリゴリしごいてみても、ほろ骨やピラーとの接合面はみしりともいわずキャビン内は平穏が保たれる。走行音の入りはわずかに大きい気がするが、これも違いがあったとしても乗り比べてみないと察せられない程度のもの。窓面積が小さいぶん若干後方視界が狭いのは仕方ないとして、それ以外はクーペと同じフィーリングで扱えると思って間違いないだろう。

「M850i xDriveカブリオレ」が0-100km/h加速に要する時間は3.9秒。クーペではさらに0.2秒短縮される。
「M850i xDriveカブリオレ」が0-100km/h加速に要する時間は3.9秒。クーペではさらに0.2秒短縮される。拡大
「M850i xDriveカブリオレ」に搭載される4.4リッターV8エンジンは、クーペ用と同じパワーユニット。1800rpmの低回転域から750Nmという豊かなトルクを発生させる。
「M850i xDriveカブリオレ」に搭載される4.4リッターV8エンジンは、クーペ用と同じパワーユニット。1800rpmの低回転域から750Nmという豊かなトルクを発生させる。拡大
クリスタル製のシフトノブが目を引くセンターコンソール。周囲にはインフォテインメントシステムの操作スイッチや走行モードのセレクターが並ぶ。
クリスタル製のシフトノブが目を引くセンターコンソール。周囲にはインフォテインメントシステムの操作スイッチや走行モードのセレクターが並ぶ。拡大
ルーフのオープンおよびクローズに要する時間は15秒。50km/h以下であれば走行中でも開閉の操作を行える。
ルーフのオープンおよびクローズに要する時間は15秒。50km/h以下であれば走行中でも開閉の操作を行える。拡大

踏むほどに軽くなる

M850iの日本仕様では電子制御アクティブスタビライザーを加えた「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」や、「Mアクティブ・ディファレンシャル」などが標準装備となるが、速度を高めるほどに重量増を感じさせずグイグイと軽快感が際立ってくる辺りは、さすがにこれらの奏功するところが大きいはずだ。

そのぶん低い速度域ではさすがに操作に対する反応に性急さを感じる場面もあるが、そこから高速側に向けてのクルマの動きの推移はきちんとつじつまが合っている。個人的には大きなオープンカーらしいゆったり感をもう少し醸してもいいかなという思いもあるが、コンセプトの時点から6シリーズに対して明確なスポーティネスを打ち出していることを鑑みれば、8シリーズのダイナミクスはちょうどいい折衷点とみることもできるだろう。ちなみにほろ屋根はリアウィンドウがディフレクターを兼ねる6シリーズのトンネルバック形状を改めたが、風の巻き込みに著しい変化は感じなかった。

クーペかカブリオレかの迷いは、8シリーズに関してはまったく必要ないものだと思う。機能はひとつでも多いほうがいいからとカブリオレにしてもいいし、ルックスに一目ぼれしてクーペでもいい。実利でも直感でも思いをしかと受け止めてくれるし、比べて損した思いをすることもない。両方の価値がここまでイーブンなクルマも珍しいと思う。個人的にはファストバックフォルムのクーペをディーゼルで乗るという自動車趣味道の達観的選択にちょっと憧れるが、自分の暮らし向きを思えばあまりに遠い存在だ。時間も気持ちもお財布も、すべてがゆったりできる大人にこそおすすめしたい。

(文=渡辺敏史/写真=BMW/編集=関 顕也)

「xDrive」の車名の通り、駆動方式は4WD。「Mアクティブ・ディファレンシャル」も装着され、コーナリング時の俊敏性と安定性が高められている。
「xDrive」の車名の通り、駆動方式は4WD。「Mアクティブ・ディファレンシャル」も装着され、コーナリング時の俊敏性と安定性が高められている。拡大
メーターパネルは、反時計回りに指針が動くエンジン回転計(写真右側)が特徴的。
メーターパネルは、反時計回りに指針が動くエンジン回転計(写真右側)が特徴的。拡大
12基のスピーカーで構成される「Bowers&Wilkinsダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システム」は、クーペモデルにはない装備。オープンモデルにふさわしい室内空間を創出するとアピールされる。
12基のスピーカーで構成される「Bowers&Wilkinsダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システム」は、クーペモデルにはない装備。オープンモデルにふさわしい室内空間を創出するとアピールされる。拡大
「M850i xDriveカブリオレ」には「アダプティブクルーズコントロール」のほか、「レーンチェンジウオーニング」や「ステアリング&レーンコントロール・アシスト」、事故回避ステアリング付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」などが標準装備される。
「M850i xDriveカブリオレ」には「アダプティブクルーズコントロール」のほか、「レーンチェンジウオーニング」や「ステアリング&レーンコントロール・アシスト」、事故回避ステアリング付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」などが標準装備される。拡大

テスト車のデータ

BMW M850i xDriveカブリオレ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4851×1902×1345mm
ホイールベース:2822mm
車重:2090kg
駆動方式:4WD
エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:530ps(390kW)/5500-6000rpm
最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-4600rpm
タイヤ:(前)245/35 R20 95Y/(後)275/30 R20 97Y(ブリヂストン・ポテンザS007)
燃費:10.0-9.9km/100リッター(10.0-10.1km/リッター 欧州複合モード値)
価格:1838万円/テスト車=-- 円
オプション装備:--
※価格は日本仕様車のもの

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

BMW M850i xDriveカブリオレ
BMW M850i xDriveカブリオレ拡大
BMWではおなじみの「キドニーグリル」。「8シリーズ」のものは、リムが中央でひとつながりになった新生代デザインとなっている。
BMWではおなじみの「キドニーグリル」。「8シリーズ」のものは、リムが中央でひとつながりになった新生代デザインとなっている。拡大
10.25インチのタッチパネル式センターディスプレイ。画面に触れることなく指先のジェスチャーだけでオーディオの操作などが可能になる「BMWジェスチャーコントロール」も利用できる。
10.25インチのタッチパネル式センターディスプレイ。画面に触れることなく指先のジェスチャーだけでオーディオの操作などが可能になる「BMWジェスチャーコントロール」も利用できる。拡大
複雑な表情をみせるリアエンド。左右振り分けタイプのエキゾーストパイプとディフューザーも個性を主張する。
 
複雑な表情をみせるリアエンド。左右振り分けタイプのエキゾーストパイプとディフューザーも個性を主張する。
	 拡大
注目の記事PR
  • いよいよ日本に導入された新型「レンジローバー イヴォーク」。その魅力を余すところなく紹介する。
    いよいよ日本に導入された新型「レンジローバー イヴォーク」。その魅力を余すところなく紹介する。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。