英断か? 勇み足か?
ホンダの欧州生産撤退の真の狙いとは

2019.02.25 デイリーコラム

世界的な生産体制の大変換

2019年2月19日、ホンダは突然記者会見を実施した。その内容は大きく2点で「社内の運営体制の変更」と「グローバル四輪車生産体制の変更」というものであった。そこで驚かされたのは、「2021年をもって英国とトルコにおける完成車の生産を終了する」という発表だ。わざわざ平日の夕方に緊急で記者会見を行ったのは、HUM(ホンダ・オブ・ザ・ユーケー・マニュファクチュアリング社)での労使間の協議が始まるタイミングに合わせたというわけだ。

英国とトルコという、欧州での生産の2021年の終了。これは過去のホンダの方針からの大きな転換を意味する。現在のホンダの社長である八郷隆弘氏は、2015年の社長就任からずっと「6極体制」を掲げてきた。「日本、北米、欧州、アジア・大洋州、中国、南米」という6極でクルマを生産し、それぞれの足りないところは補完しあうという体制だ。HUMは2015年に2億ポンド(約300億円)もの投資のもと新型「シビック」の生産拠点となり、世界各国へクルマを送り出した。この方策によって、減産が続いていた欧州拠点は2016年より息を吹き返す。2018年こそ減産となったが、それでも3年ぶり。それほど業績が悪いわけでもない。それなのに、突然の降って湧いたようなリストラだ。英国では、大騒ぎになるに違いない。

HUMのスウィンドン工場。
HUMのスウィンドン工場。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事