「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場

2019.02.28 自動車ニュース
MINIクロスオーバー ノーフォークエディション
MINIクロスオーバー ノーフォークエディション拡大

BMWジャパンは2019年2月28日、「MINIクロスオーバー」に特別仕様車「Norfolk Edition(ノーフォークエディション)」を設定し、300台の台数限定で発売した。

「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に“旅”がテーマの限定車登場の画像拡大
都内で開催された車両のお披露目会より。写真左からBMWジャパンの山口智之MINIディビジョン営業部長 、ファッションデザイナーの山根敏史氏、アイリーン・ニッケインMINIマーケティングマネージャー。山根氏は電車に極力乗らない主義のため、移動にはほとんどクルマを利用。洋服などと同じく道具として考えていると語った。
都内で開催された車両のお披露目会より。写真左からBMWジャパンの山口智之MINIディビジョン営業部長 、ファッションデザイナーの山根敏史氏、アイリーン・ニッケインMINIマーケティングマネージャー。山根氏は電車に極力乗らない主義のため、移動にはほとんどクルマを利用。洋服などと同じく道具として考えていると語った。拡大
クラシックMiniと並んだ3人のアート作家。写真左からジェリー鵜飼氏、レターボーイ氏、ボブファウンデーション氏。白いボディーをこちらの3人がリレー形式でデコレーションする企画もスタートした。
クラシックMiniと並んだ3人のアート作家。写真左からジェリー鵜飼氏、レターボーイ氏、ボブファウンデーション氏。白いボディーをこちらの3人がリレー形式でデコレーションする企画もスタートした。拡大

2019年にブランド創設から60周年を迎えたMINI。今回のノーフォークエディションの発売は、それを記念した施策の第1弾となるものである。

ノーフォークエディションのテーマは「未知なる世界が待つ旅へ」。2リッターディーゼルターボエンジン(最高出力150ps、最大トルク330Nm)を搭載した「クーパーD ALL4」をベースに、旅を通して新しい世界・価値観を広げる、アクティブな人に向けた特別な意匠を施している。車名のノーフォークは、広大な海岸線と美しい田園風景に囲まれ、観光地として人気を博す、イングランド東部の地名に由来するものだ。

オリジナルパーツの製作にあたっては、ファッションブランド「F/CE.」のデザイナー山根敏史氏に協力を依頼。シーズンごとにさまざまな国を訪れ、じかにその文化に触れながら得たインスピレーションをデザインに落とし込むという氏の手法が、ノーフォークエディションのテーマと合致したゆえのコラボレートだという。

フロントを飾る専用のボンネットストライプと、テールゲートおよび左右のクオーターピラーに装備された専用ネームバッジは山根氏の手になるもの。特にボンネットストライプでは、左右非対称の道とドットで表現した集落により、ノーフォークエディションの力強さと世界観を表現したという。このほか、フロントグリルに備わるアディショナルLEDヘッドランプセットや、ピクニックベンチ、セパレーションネットなども装備する。

さらに、ストップ&ゴー機能を備えたアクティブクルーズコントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキといった先進安全装備に加えて、ナビゲーションシステムやリアビューカメラなども標準装備となっている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • ノーフォークエディション専用ボンネットストライプ
  • ノーフォークエディション専用ネームバッジ(テールゲート、ピラー)
  • レザレットシート「カーボンブラック」(スポーツシート)
  • ボディーカラー「ブリティッシュレーシンググリーンメタリック」
  • 18インチ アロイホイール「ピンスポークブラック」
  • アディショナルLEDヘッドランプセット
  • アダプティブLEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDフロントフォグランプ
  • ラゲッジセパレーションネット
  • ピクニックベンチ
  • リアPDC(パークディスタンスコントロール)
  • リアビューカメラ
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • ナビゲーションシステム(8.8インチワイドカラーディスプレイ)
  • MINI Connected(MINI Connectedアプリ、リモートサービス、MINIオンライン)
  • ITSスポット対応ETC車載器システム内蔵自動防げんルームミラー
  • シートヒーター(フロント/左右)
  • ビジビリティーパッケージ(ヒーテッドウインドスクリーン)
  • オートマチックテールゲートオペレーション(オープン/クローズ、イージーオープナー機能付き)
  • MINIエキサイトメントパッケージ
  • コンフォートアクセス

価格はベース車から56万円アップの495万円。なお、早期契約の100台限定で、ノーフォークエディション専用のルーフボックスがプレゼントされる。

(webCG)

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
ホームへ戻る