ボルボが新型「V60クロスカントリー」の予約受注を開始

2019.03.01 自動車ニュース
ボルボV60クロスカントリー
ボルボV60クロスカントリー拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月1日、新型「V60クロスカントリー」の予約受注を同日に開始すると発表した。日本での発表および発売は同年4月を予定している。

ベースとなった「V60」よりも最低地上高が65mmアップし、210mmとなっている。(写真は本国仕様)
ベースとなった「V60」よりも最低地上高が65mmアップし、210mmとなっている。(写真は本国仕様)拡大
「V60クロスカントリー」のインテリアデザインは基本的に「V60」を踏襲する。(写真は本国仕様)
「V60クロスカントリー」のインテリアデザインは基本的に「V60」を踏襲する。(写真は本国仕様)拡大
ベースの「V60」と同様に、16種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」が標準装備となる「V60クロスカントリー」。(写真は本国仕様)
ベースの「V60」と同様に、16種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」が標準装備となる「V60クロスカントリー」。(写真は本国仕様)拡大

ボルボV60クロスカントリーは、ミドルクラスワゴン「V60」をベースに悪路走破性能を向上させたクロスオーバーモデル。専用シャシーやサスペンションを用い、最低地上高がベースとなったV60より65mmアップの210mmとなっているほか、標準で4WDの駆動方式を採用している。

スタビリティーコントロールやコーナートラクションコントロール、ヒルディセントコントロールのほか、オフロード向けのドライビングモードなども備わる。

エンジンは最高出力254psの2リッター直4ターボエンジンを搭載。V60シリーズにおいて純ガソリンエンジンと4WDの組み合わせは初めてとなる。

導入グレードと価格は以下の通り。

  • V60クロスカントリーT5 AWD:549万円
  • V60クロスカントリーT5 AWDプロ:649万円

V60クロスカントリーT5 AWDは、従来のグレード「モメンタム」に、同プロは「サマム」に相当する。

(webCG)

関連キーワード:
V60クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60クロスカントリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.25 試乗記 ボルボ伝統のワゴンボディーに悪路走破性能をプラスした「V60クロスカントリー」を、北海道の雪道と雪上特設コースでドライブ。オンロードでの試乗だけでは分からなかった、北欧生まれのクロスオーバーが有するポテンシャルをあらためて確認した。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸 2021.1.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月14日、フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」を同年2月上旬に国内導入すると発表した。7年ぶりとなる新型は「すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデル」とアピールされる。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2020.12.22 試乗記 プラグインハイブリッドシステムを搭載する「ボルボXC60」で、日本有数の豪雪地帯である青森・酸ヶ湯経由のルートをテストドライブ。後輪にモーターを用いたAWDの性能や、ボルボ自慢のセーフティーデバイスの実力を確かめた。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
ホームへ戻る