【ジュネーブショー2019】アウディの展示車両はすべて電化モデルに

2019.03.04 自動車ニュース

独アウディは2019年3月1日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、「Q4 e-tronコンセプト」を含む4台のEVを展示、さらに4台の新型プラグインハイブリッド(PHV)を世界初公開すると発表した。

アウディは2025年までに、販売される新車の3台に1台を電化モデルにするという目標を設定しており、今回の発表はその実現に向けての大きな前進を示したものといえる。

ジュネーブのアウディブースに展示される車両は、すべて電動パワートレイン車。世界初公開となるQ4 e-tronコンセプトや、2018年11月のロサンゼルスモーターショーで発表され今回欧州デビューとなる4ドアモデル「e-tron GTコンセプト」、2019年の後半に市販を予定しているクーペバージョンの市販モデル「e-tronスポーツバック」、そして間もなく中国市場に投入される「Q2 L e-tron」という4台の市販あるいは市販予定EVがブースを飾る。

さらに「A6」「A7」「A8」、そして「Q5」という量産ラインナップに新しく追加されるPHVバージョンや既に発売されている「A3」「Q7」のPHVの改良モデルのほか、フォーミュラE参戦マシンの「e-tron FE05」も展示される予定だ。

(webCG)

アウディe-tron GTコンセプト
アウディe-tron GTコンセプト拡大

関連キーワード:
e-tron, アウディ, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.12.18 試乗記 アウディの国内ラインナップでは初となる100%電気自動車「e-tronスポーツバック」に試乗。全長4900mmの大型ボディーにシステム出力408PSを誇るツインモーターを備えた電動SUVは、ドライバーにどんな未来を見せてくれるのだろうか。
  • アウディe-tron 2018.9.18 画像・写真 アウディが電気自動車(EV)「e-tron」を世界初公開。2つのモーターで4輪を駆動するSUVタイプのEVで、生産はベルギー・ブリュッセルに位置するカーボンニュートラルを実現した工場で行われるという。価格はドイツで7万9900ユーロから。
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノM」が日本上陸 2021年秋にデリバリー開始 2021.1.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、オープントップの2+2シータースポーツ「ポルトフィーノM」の国内導入を発表した。日本仕様車の価格は2737万円で、デリバリーは同年秋に開始される。
ホームへ戻る