先進安全装備を強化した「ボルボXC40」発売

2019.03.06 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月6日、コンパクトSUV「XC40」の仕様を一部変更すると発表した。新たな価格で同年3月25日に販売が開始される。

今回の仕様変更では、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」に、「60」シリーズおよび「90」シリーズでも導入されているステアリングアシスト機能が追加された。車線の変更や車線からの逸脱により隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正することで衝突回避がアシストされるようになる。

また、駐車の操作を補助する「パーク・アシスト・パイロット」には被害軽減ブレーキの新機能が加えられた。駐車中、車両前後の予想進路内でセンサーが車両または歩行者を検知した場合は、この新機能の働きにより自動的にブレーキがかかり停止する。

仕様変更後の価格は以下の通り。3月25日以降に適用される(カッコ内は変更前の価格)。

  • XC40 T4:389万円(389万円)
  • XC40 T4モメンタム:449万円(439万円)
  • XC40 T4 AWDモメンタム:469万円(459万円)
  • XC40 T4 AWD R-DESIGN:499万円(489万円)
  • XC40 T4 AWDインスクリプション:509万円(499万円)
  • XC40 T5 AWD R-DESIGN:549万円(539万円)
  • XC40 T5 AWDインスクリプション:559万円(549万円)

(webCG)

ボルボXC40
ボルボXC40拡大

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース