クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボ122Sアマゾン(FR/4MT)/240ワゴン タック(FR/4AT)

スマートフォンに疲れたら 2019.03.22 試乗記 ボルボの歴史を彩る名車「122Sアマゾン」と、「ボルボといえばワゴン」というイメージを定着させた「240ワゴン」。日本法人のクラシックカー部門「クラシックガレージ」が整備した2台の試乗を通し、他の時代の、他のブランドのクルマにはない魅力に触れた。

日本人の気質に合うブランド

日本におけるボルボ販売の歴史は長く、アメリカ車が全盛だった1950年代の後半から輸入が開始されている。ディストリビューターは北欧自動車(ヤナセ)から帝人ボルボへと移行し、1980年代には本社出資による法人が設立。この辺りの時系列はメルセデスやBMWと比べても遜色のない早さだ。すなわち、日本人にとってボルボは相性のいいブランドでもあるのだろう。

ボルボが好まれてきた理由は日本人の気質とも関係していると思う。安全性に対する真摯(しんし)な取り組みや、いわゆる“外車”的な悪目立ち感のなさが、質実剛健を好む医師や士業といったアカデミックな富裕層を中心に支持されてきた。ボルボがいる風景として真っ先に思い出すのは、近所のお医者さんの家の車庫に止まっている姿……という人はまずまずなオッさんかもしれないが、少なからずいるのではないかと思う。

そういう環境で飼われてきたクルマだけに、日本にすむ古いボルボの中には良好な保管状況で健康が保たれてきたものも多い。が、今、オーナーの高齢化などもあって、こういった個体が表に出てくることが増えているという。

「全国のディーラーを通じて古いボルボたちの情報が、われわれのところに入ってきます。それを次なるお客さまとのよき出会いにつなげるのがわれわれの仕事です」

そう語るのは、ボルボ・カー・ジャパンの阿部昭男さんだ。インポーターにあって勤続30年以上と筋金入りのボルボマンにして、技術畑でのキャリアが長いこともあり、阿部さんは現在古いボルボの整備から販売を統括するクラシックガレージという部門の責任者となっている。

クラシックガレージは2016年8月に発足したボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門である。当初はレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売も行っている。
クラシックガレージは2016年8月に発足したボルボ・カー・ジャパンのクラシックカー部門である。当初はレストア整備のみを請け負っていたが、2017年より車両の販売も行っている。拡大
2016年が38台、2017年が81台、2018年が95台と、着実に入庫台数が増えているクラシックガレージ。特に「P1800」系のモデルは、日本で登録されている個体のおよそ2割がこちらでお世話になっている計算になるという。
2016年が38台、2017年が81台、2018年が95台と、着実に入庫台数が増えているクラシックガレージ。特に「P1800」系のモデルは、日本で登録されている個体のおよそ2割がこちらでお世話になっている計算になるという。拡大
今回試乗した「122Sアマゾン」。1956年に登場した「120」シリーズの高性能モデルである。試乗車はモデル末期の1970年に生産された個体。
今回試乗した「122Sアマゾン」。1956年に登場した「120」シリーズの高性能モデルである。試乗車はモデル末期の1970年に生産された個体。拡大
1974~1993年に生産されたご長寿モデル「240」シリーズ。ボディータイプはセダンとワゴンで、排気量の異なる数種類の直4モデルに、直4ターボモデル、直6モデルと、さまざまなモデルがラインナップされた。
1974~1993年に生産されたご長寿モデル「240」シリーズ。ボディータイプはセダンとワゴンで、排気量の異なる数種類の直4モデルに、直4ターボモデル、直6モデルと、さまざまなモデルがラインナップされた。拡大

クラシックガレージ創設の経緯

「取り扱うモデルに厳密な区切りがあるわけではないのですが、ざっくり言えば生産中止から15年以上が経過しているモデル、つまりFRの「940」系以前ということになるでしょうか。この辺りはまだ現役で稼働している車両も多く、入手には困りません。販売価格も安めに抑えられますから、この先人気が出るのかなと予想しています」

ちなみに、クラシックガレージは東名横浜インターにほど近い直営ディーラーに併設しており、仕上げられたモデルはここを通して全国に販売される。よほどの重整備、あるいは希少車でもない限りは、各地のディーラーでも整備は行えるように申し送りを行うのも阿部さんの部署の仕事だ。

「日本でクラシックガレージを作ろうという話になった背景には、町の自動車工場の廃業が増えているといった事情もあります。そういう工場と長く付き合いのあるお客さんにとっては、突然維持の環境が途絶えるわけです」

アフターサービスは今やディーラーの収益の柱ゆえ、整備的にも手離れのいい新型車をぐるぐる回したいというのが現場の本音だろう。でも、こういう愛好家がいるからこそブランド価値が保ち続けられるということを、インポーター側はよく理解している。阿部さんはこの双方の意思疎通的なところにも気を巡らせているわけだ。

「部品については大抵の場合で心配はありません。私も始めてみて感心したのですが、ボルボはクラシックのパーツでも部品価格は当時のレートから著しく高くなるようなことはないんですね。あと、リプロダクションも豊富にありますから、再メッキの難しい部品でもそれを使うことができます」

試乗車の「122Sアマゾン」は、北欧自動車(ヤナセ)がディストリビューターだった時代に大阪で新車購入されたもの。高齢となった前オーナーからクラシックガレージが引き取り、管理しているという。
試乗車の「122Sアマゾン」は、北欧自動車(ヤナセ)がディストリビューターだった時代に大阪で新車購入されたもの。高齢となった前オーナーからクラシックガレージが引き取り、管理しているという。拡大
およそ半世紀前の個体とは思えない、きれいな状態の保たれたインテリア。「クラシックガレージ」の阿部氏いわく、入庫時から「シートも新車みたい」な状態だったという。
およそ半世紀前の個体とは思えない、きれいな状態の保たれたインテリア。「クラシックガレージ」の阿部氏いわく、入庫時から「シートも新車みたい」な状態だったという。拡大
運転の仕方は普通のMT車と共通。トランスミッションは左上がリバースのフロアシフト式4段MTで、パーキングブレーキのレバーは運転席の右側に備わっていた。
運転の仕方は普通のMT車と共通。トランスミッションは左上がリバースのフロアシフト式4段MTで、パーキングブレーキのレバーは運転席の右側に備わっていた。拡大
ボルボのクラシックカーは、純正の部品が当時とほぼ変わらぬレートで供給されており、またリプロダクション品も豊富に流通しているという。
ボルボのクラシックカーは、純正の部品が当時とほぼ変わらぬレートで供給されており、またリプロダクション品も豊富に流通しているという。拡大

半世紀前のクルマとは思えない安心感

ちなみに、取材に供してもらった1970年型122Sのエンジンマウントブッシュは純正部品で3000円くらいとのことだった。同じくエンジンマウントで4万円などといわれる某イタリア車の事例などを知っていれば、なるほどフレンドリーである。

ワンオーナーで35万km超というそれは、前オーナーが体力などの諸事情で乗らなくなって久しい、いわゆる“納屋物件”だったそうだ。縁あってクラシックガレージに届いてからは、ブッシュやモールなどのゴムものを中心に消耗品関係をリフレッシュ、往時の輝きを取り戻した。

撮影のためと称してこの貴重なアマゾンのクラッチを恐る恐るつないでみると、特別な作法は何ひとつ求められず、スイスイと元気よく動き回るのに驚かされた。平日の幹線道路はギスギスした流れにもなるが、そんな中でも現代のクルマに交じって、気持ち的にも不安にならずにやっていける。

オッさん的な物言いで恐縮だが、いわゆる“鉄板厚い”的な感触は止まっても走ってもひしひしと伝わるところだ。特に床板の強靱(きょうじん)な手応えはハンパなく、生まれてからそろそろ半世紀がたとうというこのクルマの安心感に大きく寄与している。後で阿部さんに聞いてみれば、形式的にはモノコックとはいえ衝突安全対策で前後に頑丈なフレームがわたされており、それが剛性にも寄与しているとのことだった。当時の考え方ではあろうが、いかにもボルボらしいと納得させられる。

いわゆる“納屋物件”だったとは思えないほど良好な状態だったという「122Sアマゾン」。リフレッシュはブッシュやモールなどといった消耗品の交換が主で、外装についてはフロントの一部を除いて「オリジナルのまま」だという。
いわゆる“納屋物件”だったとは思えないほど良好な状態だったという「122Sアマゾン」。リフレッシュはブッシュやモールなどといった消耗品の交換が主で、外装についてはフロントの一部を除いて「オリジナルのまま」だという。拡大
SUキャブレターが2基装備された「B20B」型1986cc直4 OHVエンジン。「120」シリーズに同エンジンが採用されたのは、モデルライフも終盤の1968年になってからだった。
SUキャブレターが2基装備された「B20B」型1986cc直4 OHVエンジン。「120」シリーズに同エンジンが採用されたのは、モデルライフも終盤の1968年になってからだった。拡大
「122Sアマゾン」には、ミシュランのクラシックタイヤ「XZX」が装着されていた。
「122Sアマゾン」には、ミシュランのクラシックタイヤ「XZX」が装着されていた。拡大
衝突安全性を考慮して、ボディーの前後方向に丈夫なフレームがわたされていたという「122Sアマゾン」。その丈夫なつくりは、走りにも特徴を与えていた。
衝突安全性を考慮して、ボディーの前後方向に丈夫なフレームがわたされていたという「122Sアマゾン」。その丈夫なつくりは、走りにも特徴を与えていた。拡大

好きな人が思いを込めて買うクルマ

ボルボのサルーンの名作を触らせてもらった後は、ワゴンの名作ともいえる240ワゴンに乗せてもらった。最終型のタックはボンネットダクトやバンパーの反射テープといった当時の貴重なオプションも程度良く残る1オーナーもので、こちらも足まわりのブッシュやマウントなどといった消耗品のリフレッシュのほか、予防整備を兼ねてATの載せ替えも行っているという。

このクルマが現役だったのは、僕が20歳台の頃。当時から一風変わった古臭い存在感がオシャレな方々にはウケていたが、こちとら速い遅いがクルマの最大価値だったこともあって、牛のようなおっとりキャラに用はなし。仕事で乗る機会があってもアクセルをがつがつベタ踏みしていた覚えがある。

それが今乗ると、これで十分じゃないかという気になるのだから年をとったということだろうか。大きなサークルにはっきりしたフォントで刻まれた速度計も、例の「手袋をしたままうんぬん」なうんちくがよみがえる空調のダイヤルも、気づけば老眼元年を迎えた目には優しい。ピラーが大根のように太い今のクルマに対すれば、前後左右の見晴らしは裸で渋谷を走っているかのように爽快だ。240は近年値上がりしており、特にワゴンは一見さんがちょっかいを出すような値段ではない。好きな人が思いを込めて買うモデルになっているわけだが、聞けば最新の「XC40」辺りと比べて悩んで240を選ぶというカスタマーも多いのだという。

若かりし頃の思い出にどっぷり浸るもよし。大型犬を飼うようなつもりでスローライフのお供にするもよし。スマホに振り回される日々の生活に疲れたら、駆け込むはクラシックガレージなり。それもまた良しではないだろうか。

(文=渡辺敏史/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

試乗車の「240ワゴン」は最終年式にあたる1993年型のエントリーグレード「タック」。グレード名のタック(TACK)は、スウェーデン語で「ありがとう」の意の単語に由来する。
試乗車の「240ワゴン」は最終年式にあたる1993年型のエントリーグレード「タック」。グレード名のタック(TACK)は、スウェーデン語で「ありがとう」の意の単語に由来する。拡大
「240ワゴン タック」のインテリア。センタークラスターなどに備わる大ぶりの押しボタンやロッカースイッチは、「手袋をしたままでも操作しやすいように」という、スウェーデンのプロダクトならではの配慮だった。
「240ワゴン タック」のインテリア。センタークラスターなどに備わる大ぶりの押しボタンやロッカースイッチは、「手袋をしたままでも操作しやすいように」という、スウェーデンのプロダクトならではの配慮だった。拡大
試乗車に搭載されていた、「B230F」型2316cc直4 SOHCエンジン。燃料噴射装置はボッシュの電気式インジェクション「LHジェトロニック」で、115psの最高出力と185Nmの最大トルクを発生した。
試乗車に搭載されていた、「B230F」型2316cc直4 SOHCエンジン。燃料噴射装置はボッシュの電気式インジェクション「LHジェトロニック」で、115psの最高出力と185Nmの最大トルクを発生した。拡大
普段使いに耐えられる実用性の高さとクラシカルなスタイリングにより、「240」シリーズはクラシックボルボの中でも高い人気を誇る。
普段使いに耐えられる実用性の高さとクラシカルなスタイリングにより、「240」シリーズはクラシックボルボの中でも高い人気を誇る。拡大
ボルボ122Sアマゾン
ボルボ122Sアマゾン拡大

テスト車のデータ

ボルボ122Sアマゾン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4450×1619×1505mm
ホイールベース:2600mm
車重:1040kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 OHV 8バルブ
トランスミッション:4段MT
最高出力:118ps(87kW)/5800rpm
最大トルク:167Nm(17.0kgm)/3500rpm
タイヤ:(前)165SR15 86S/(後)165SR15 86S(ミシュランXZX)
燃費:--km/リッター
価格:--円
オプション装備:--
※数値はいずれも参考値

テスト車の年式:1970年型
テスト開始時の走行距離:35万2887km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(10)/高速道路(0)/山岳路(0)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボ240ワゴン タック
ボルボ240ワゴン タック拡大

ボルボ240ワゴン タック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1720×1450mm
ホイールベース:2640mm
車重:1380kg
駆動方式:FR
エンジン:2.3リッター直4 SOHC 8バルブ
トランスミッション:4段AT
最高出力:115ps(85kW)/4900rpm
最大トルク:185Nm(18.9kgm)/2750rpm
タイヤ:(前)185HR14 90H/(後)185HR14 90H(ミシュランMXV-P)
燃費:--km/リッター
価格:--円
オプション装備:--
※数値はいずれも参考値

テスト車の年式:1993年型
テスト開始時の走行距離:6万7107km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(10)/高速道路(0)/山岳路(0)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

注目の記事PR
  • 谷口信輝がサーキットで「ルノー・メガーヌR.S.カップ」に試乗。その印象を動画でリポートする。
    谷口信輝がサーキットで「ルノー・メガーヌR.S.カップ」に試乗。その印象を動画でリポートする。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。