「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車

2019.03.26 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンspice up!」。エクステリアカラーは限定200台の「ティールブルー」。
「フォルクスワーゲンspice up!」。エクステリアカラーは限定200台の「ティールブルー」。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年3月26日、コンパクトカー「up!」に特別仕様車「spice up!(スパイスアップ)」を設定し、300台の台数限定で発売した。

 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大
こちらのボディーカラーは限定100台の「キャンディホワイト」。
こちらのボディーカラーは限定100台の「キャンディホワイト」。拡大
 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲンup!」にツートンカラーの限定車の画像拡大

spice up!はボディーカラーとルーフおよびデコレーションフィルムのカラーが異なる、ツートンカラー仕様のポップなデザインが最大の特徴だ。ベース車はスタンダードグレードの「move up!(4ドア)」となる。

エクステリアカラーは「ティールブルー」(限定200台)と「キャンディホワイト」(同100台)の2色展開。ティールブルーの場合は全体を青と白のツートンで統一。一方のキャンディホワイトの場合はルーフやデコレーションフィルム、アルミホイールがブラックに、ドアミラーやホイールキャップが赤にコーディネートされる。インテリアは共通で、専用のシートファブリックとダッシュパッドによって飾られる。

装備の強化も図られており、他グレードではオプションとなる「インフォテインメントパッケージ」(純正インフォテインメントシステム“Composition Phone”やスマートフォンホルダーなど)を標準装備するほか、パークディスタンスコントロール(リア)やオプティカルパーキングシステム、シートヒーターなども備わる。

これらを含むspice up!の装備内容は以下の通り。

  • スタティックコーナリングライト
  • パークディスタンスコントロール(リア)
  • オプティカルパーキングブレーキシステム
  • フォグランプ(フロント)
  • ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)
  • Volkswagen純正インフォテインメントシステム"Composition Phone"(5インチカラーディスプレイ、MP3/WMA再生、AM/FM ラジオ、SDカード、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン)
  • スマートフォンホルダー、iPod/iPhone/USBデバイス接続装置
  • インテリアアンビエントライト
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • 専用エクステリア(ルーフ<ブラック/ホワイト>、ドアミラー<レッド/ホワイト>、デコレーションフィルム)
  • 専用ファブリックシート
  • 専用ドアシルプレート
  • レザーステアリングホイール
  • 185/50R16タイヤ&6JX16インチアルミホイール

価格はベース車から17万1000円アップの199万円。

(webCG)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第597回:外装デザインのリーダーを直撃取材! デザインにみる新型「ルノー・ルーテシア」のキモ 2019.11.1 エディターから一言 第46回東京モーターショーにおいて、日本でもいよいよ公開された新型「ルノー・ルーテシア」。このクルマは、好評を博した従来モデルから何を受け継ぎ、何を刷新したのか? デザインに見るポイントを、モーターショーに合わせて来日したキーマンに聞いた。
ホームへ戻る