日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジ

2019.03.28 自動車ニュース
新型「日産デイズX」(写真左)と「デイズ ハイウェイスターX」(同右)。
新型「日産デイズX」(写真左)と「デイズ ハイウェイスターX」(同右)。拡大

日産自動車は2019年3月28日、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

フロントマスクには近年の日産車でおなじみのデザインアイコンであるVモーションのグリルやブーメラン型のヘッドランプシグネチャーを採用している。
フロントマスクには近年の日産車でおなじみのデザインアイコンであるVモーションのグリルやブーメラン型のヘッドランプシグネチャーを採用している。拡大
エンジンルームを縮小したことで、先代モデルよりも65mm長い2495mmのホイールベースを確保している。
エンジンルームを縮小したことで、先代モデルよりも65mm長い2495mmのホイールベースを確保している。拡大
キックアップしたウエストラインやルーフが浮いているように見えるウィンドウ処理が特徴的なリアビュー。
キックアップしたウエストラインやルーフが浮いているように見えるウィンドウ処理が特徴的なリアビュー。拡大
インストゥルメントパネルには2段構造を採用。Aピラーをシートに近づけることで視界のよさも追求している。
インストゥルメントパネルには2段構造を採用。Aピラーをシートに近づけることで視界のよさも追求している。拡大
「S」および「X」グレードではシート表皮にアイボリーカラーのトリコットを採用している。
「S」および「X」グレードではシート表皮にアイボリーカラーのトリコットを採用している。拡大
リアシートのスライド幅は170mm。背もたれは左右分割して倒せるが、座面は左右一体型となっている。
リアシートのスライド幅は170mm。背もたれは左右分割して倒せるが、座面は左右一体型となっている。拡大
荷室の奥行きはリアシートを一番後ろに下げた状態で385mm。荷室側からでもシートをスライド/リクライニングさせることができる。
荷室の奥行きはリアシートを一番後ろに下げた状態で385mm。荷室側からでもシートをスライド/リクライニングさせることができる。拡大
「ハイウェイスター」ではLEDヘッドランプやフォグランプ、エアロバンパーが標準装備となる。
「ハイウェイスター」ではLEDヘッドランプやフォグランプ、エアロバンパーが標準装備となる。拡大
「ハイウェイスター」のリアにはルーフスポイラーが備わるほか、フロントと同様、バンパーがエアロタイプに変更される。
「ハイウェイスター」のリアにはルーフスポイラーが備わるほか、フロントと同様、バンパーがエアロタイプに変更される。拡大
「プロパイロット」を起動して「リーフ」(写真右)を追従走行する「デイズ ハイウェイスターXプロパイロットエディション」。
「プロパイロット」を起動して「リーフ」(写真右)を追従走行する「デイズ ハイウェイスターXプロパイロットエディション」。拡大

パワートレインやプラットフォームを刷新

2013年の初代モデルの発売以来、累計で約43万台が販売されてきた日産デイズ。日産と三菱自動車の合弁会社NMKVがマネジメントするのは初代と同様だが、その初代は開発・生産とも三菱が担当していたのに対し、新型では企画・開発を日産が、生産を三菱がそれぞれ担当。パワートレインやプラットフォームを刷新するなど、全方位的な進化を遂げているのが特徴だ。

全長×全幅=3395×1475mmという軽自動車枠いっぱいの外形寸法は変わらないものの、新たなプラットフォームではエンジンルームを縮小し、従来型比で65mm長い2495mmのホイールベースを確保。これにより後席ニールームが70mm、荷室長が135mm、それぞれ拡大(最大値)したほか、前席についてもショルダールームの拡大がうたわれている。

エクステリアデザインは、V字型のフロントグリルやブーメラン型のヘッドランプシグネチャーなどで日産車らしさをアピールしながら、しっかりとした厚みと量感のあるボディーで信頼感のあるプロポーションを表現。空力性能を追求したルーフラインや流れのあるシャープなキャラクターラインによる躍動感も重視されている。また、標準車に加えて、よりスポーティーなスタイルの「ハイウェイスター」がラインナップされるのは従来どおり。

インテリアでは、上部が浮いているように見える2段構成のインストゥルメントパネルが新しい。インパネまわりに7つの収納スペースを設けたり、直感的に操作できるエアコンスイッチを採用したりと使い勝手を高めた一方で、フロントグリルと同じダイヤモンドパターンを室内にも反復するなど、遊び心も加えている。

新開発とうたわれるBR06型0.66リッター直3ガソリンユニットは、自然吸気(NA)エンジンが最高出力52ps/6400rpm、最大トルク60Nm/3600rpmを、ターボエンジンが同64ps/5600rpm、同100Nm/2400-4000rpmをそれぞれ発生。標準モデルにはNAエンジンのみが、ハイウェイスターにはNAとターボが設定される。また、ハイウェイスターにはNA、ターボとも同2.0kW/1200rpm、同40Nm/100rpmのモーターとリチウムイオン電池からなるコンパクトなハイブリッドシステムが組み合わされており、発進時に加速をアシストするなどして、効率性を高めている。トランスミッションは全車とも新開発のCVTで、燃費や静粛性の向上に加えて、加速の途中であえて段付き感を加えることで、伸びのあるフィーリングを感じられる制御とした。駆動方式は全グレードでFF、または4WDが選択可能。WLTCモードの燃費値はNA車が18.2km/リッター~21.2km/リッター、NA+ハイブリッド車が18.8km/リッター~21.2km/リッター、ターボ+ハイブリッド車が16.8km/リッター~19.2km/リッター。

充実の先進運転支援装備も自慢で、すでに「セレナ」や「リーフ」などに搭載されている「プロパイロット」を軽自動車としては初めて設定。0-100km/hまで対応可能(先行車に追従して停止も可能)なアダプティブクルーズコントロールと車線中央をキープするステアリングアシストでドライバーをサポートする。また、緊急自動ブレーキについては全車に標準装備としたほか、車線逸脱警報および車線逸脱防止支援システムや踏み間違い衝突防止アシスト、ハイビームアシスト、移動物を検知可能なアラウンドビューモニターなども採用している。事故時などに自動で緊急通報を行う「SOSコール」を軽自動車としては初めて搭載したのもトピックだ。

ボディーカラーは、標準モデルに単色を11種類、ハイウェイスターには単色7種類とツートン4種類をそれぞれラインナップしている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S:127万3320円(FF車)/140万5080円(4WD車)
  • X:132万5160円(FF車)/145万6920円(4WD車)
  • ハイウェイスターX:146万9880円(FF車)/160万1640円(4WD車)
  • ハイウェイスターXプロパイロットエディション:156万7080円(FF車)/169万8840円(4WD車)
  • ハイウェイスターGターボ:154万9800円(FF車)/168万1560円(4WD車)
  • ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション:164万7000円(FF車)/177万8760円(4WD車)
オーテックジャパンが手がける「デイズ ボレロ」も新型に。フロントまわりではグリルのカラーリングがダーククロームに変更されている。
オーテックジャパンが手がける「デイズ ボレロ」も新型に。フロントまわりではグリルのカラーリングがダーククロームに変更されている。拡大
 
日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジの画像拡大
 
日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジの画像拡大
 
日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジの画像拡大
横浜市の日産グローバル本社で行われた新型「デイズ」の発表会より。写真左から、第一製品開発部の齊藤雄之部長、星野朝子専務執行役員、日本商品企画部の豊嶋 浩部長。
横浜市の日産グローバル本社で行われた新型「デイズ」の発表会より。写真左から、第一製品開発部の齊藤雄之部長、星野朝子専務執行役員、日本商品企画部の豊嶋 浩部長。拡大

「ボレロ」もフルモデルチェンジ

また、日産の関連会社であるオーテックジャパンはデイズのフルモデルチェンジに合わせ、デイズのカスタマイズモデル「ボレロ」の新型を発表し、販売を開始した。

デイズの標準モデルをベースに、フロントグリルとバックドアフィニッシャーのカラーリングをダーククロームとしたほか、パールホワイトのドアハンドルとドアミラー、専用14インチアルミホイールを採用することで、上質かつかわいらしいスタイリングに仕立てている。

インテリアには、モーヴピンクとホワイトでコーディネートしたソフトレザー調&トリコットシートに加えて、インストゥルメントパネルと本革巻きステアリングを採用。運転席、助手席ともサンバイザーにバニティーミラーを装備する。

ボレロの特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用フロントグリル(ダーククロームタイプ)
  • 電動格納式リモコンカラードドアミラー(ホワイトパール、ドアロック連動自動格納機能付き)
  • アウトサイドドアハンドル(ホワイトパール)
  • 専用バックドアフィニッシャー(ダーククロームタイプ)
  • 専用14インチアルミホイール(ホワイト)
  • 専用エンブレム「Bolero」
  • 専用ソフトレザー調/トリコットコンビシート(ステッチ付き)
  • 専用インストゥルメントパネル(ソフトパッド・ブラウンピンク)
  • 専用本革巻きステアリング(ベージュ/ブラウンピンクコンビ&ブラウンピンクステッチ付き)
  • 助手席サンバイザー(バニティーミラー付き)
  • メッキボタン付きシフトノブ
  • メッキインサイドドアハンドル
  • ドアトリムクロス(トリコット アイボリー<無地>)

ボディーカラーはホワイトルーフの専用ツートン3タイプを含む、全7タイプを設定。価格はFF車が141万1560円で、4WD車が154万3320円。

(webCG)

◆新型「日産デイズ」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
ホームへ戻る