ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍に

2019.03.27 自動車ニュース
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、ミドルサイズSUV「XC60」の一部仕様と価格を変更し、販売を開始した。

ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN
ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大

今回の仕様変更では、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加したほか、車線を維持するためにステアリングを自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動によりドライバーにシステムの一時解除を知らせる機能を追加採用した。

また、スポーティーグレードの「R-DESIGN」では、サイドウィンドウトリム、ドアミラーカバー、インテグレーテッドルーフレールをグロッシーブラック仕上げに変更。新たに同グレード専用のオープングリッドテキスタイル/レザーコンビネーションシートを設定している。

このほかにも、「V60」と同じく新車登録から5年間、走行距離無制限の一般保証制度を新たに導入している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • D4 AWDモメンタム:644万円
  • D4 AWD R-DESIGN:694万円
  • D4 AWDインスクリプション:739万円
  • T5 AWDモメンタム:614万円
  • T5 AWDインスクリプション:709万円
  • T6 AWD R-DESIGN:739万円
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:924万円

(webCG)

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • 最新のハイブリッドで成功できるか? 新型「トヨタ・ヤリス」の環境性能について考える 2019.12.27 デイリーコラム 2020年、新型「ヤリス」で先進国のコンパクトカー市場に切り込むトヨタ。環境性能の基準が厳しさを増す中で、最高36.0km/リッターの燃費を掲げる最新型ハイブリッドシステムは十分といえるのか?
  • ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾 2019.10.17 自動車ニュース ボルボ・カーズが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表した。駆動システムは最高出力408hpの電動4WDで、一回の充電で400kmの走行が可能。ボルボは今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、2025年には世界販売の半数をEVにするとしている。
  • 第1回:麗しのタクシードライバー “Assurance WeatherReady”を試す 2018.12.27 使って試すオールシーズンタイヤの真価<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使えるオールシーズンタイヤの新製品「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディー」を、“麗しのタクシードライバー”生田佳那が試す。
ホームへ戻る