ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍に

2019.03.27 自動車ニュース
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月27日、ミドルサイズSUV「XC60」の一部仕様と価格を変更し、販売を開始した。

ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN
ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大
 
ボルボが「XC60」を仕様変更、R-DESIGNがより精悍にの画像拡大

今回の仕様変更では、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加したほか、車線を維持するためにステアリングを自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動によりドライバーにシステムの一時解除を知らせる機能を追加採用した。

また、スポーティーグレードの「R-DESIGN」では、サイドウィンドウトリム、ドアミラーカバー、インテグレーテッドルーフレールをグロッシーブラック仕上げに変更。新たに同グレード専用のオープングリッドテキスタイル/レザーコンビネーションシートを設定している。

このほかにも、「V60」と同じく新車登録から5年間、走行距離無制限の一般保証制度を新たに導入している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • D4 AWDモメンタム:644万円
  • D4 AWD R-DESIGN:694万円
  • D4 AWDインスクリプション:739万円
  • T5 AWDモメンタム:614万円
  • T5 AWDインスクリプション:709万円
  • T6 AWD R-DESIGN:739万円
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:924万円

(webCG)

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • 熱血“スバリスト”も大興奮! ここがすごいぞ新型「レヴォーグ」 2020.10.9 デイリーコラム 2020年10月15日にいよいよ正式デビューを迎える新型「スバル・レヴォーグ」。待ちに待った2代目は、果たして買いなのか、それとも……? 自他ともに認める熱烈なスバルファン、マリオ高野はその仕上がりをこう評価する!
ホームへ戻る