【オートモビル カウンシル2019】キーワードはM・M思想 ホンダは「シティ」と「モトコンポ」を展示

2019.04.05 自動車ニュース
「ホンダ・モトコンポ」と本田技研工業の朝日嘉徳氏。奥に立っているのは、4分の1のスケールモデルを製作したメンバー。
「ホンダ・モトコンポ」と本田技研工業の朝日嘉徳氏。奥に立っているのは、4分の1のスケールモデルを製作したメンバー。拡大

本田技研工業は2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月7日まで)に、同社の設計思想である「M・M思想」を紹介するブースを出展。1982年型「シティ」など、新旧の四輪、二輪、汎用(はんよう)製品を展示した。

ホンダ・シティ
ホンダ・シティ拡大
「シティ」のラゲッジルームに搭載できるバイクとして開発された「ホンダ・モトコンポ」。
「シティ」のラゲッジルームに搭載できるバイクとして開発された「ホンダ・モトコンポ」。拡大
「N-VAN」の車内には「クロスカブ50」と「LiB-AID E500」も展示されていた。
「N-VAN」の車内には「クロスカブ50」と「LiB-AID E500」も展示されていた。拡大
「ホンダ・シティ」と「デンタEM400」の4分の1スケールモデル。
「ホンダ・シティ」と「デンタEM400」の4分の1スケールモデル。拡大
「ホンダ・モトコンポ」の4分の1スケールモデル。
「ホンダ・モトコンポ」の4分の1スケールモデル。拡大
「モトコンポ」の模型には、実機さながらの灯火類の点灯機能やハンドルなどの格納機能が盛り込まれていた。
「モトコンポ」の模型には、実機さながらの灯火類の点灯機能やハンドルなどの格納機能が盛り込まれていた。拡大

今日に受け継がれる“人中心”のものづくりを紹介

M・M思想とは「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)」というホンダのクルマづくりの基本思想である。今回、ホンダはそのコンセプトを体現したモデルとして、1982型のシティと現行型「N-VAN」の2台を出展。さらに、シティに搭載できる“トランクバイク”「モトコンポ」や、携帯発電機「デンタEM400」、携帯蓄電器「LiV-AID E500」などの展示を通し、四輪、二輪、汎用製品の各分野における“人中心”のものづくりを紹介している。

プレスカンファレンスでは、ブランド・コミュニケーション本部の朝日嘉徳氏が登壇。ホンダが、M・M思想という言葉が生まれる前から“人中心の商品づくり”に力を注いできたこと、それがDNAとなって今日のクルマづくりにも受け継がれていることなどが、1967年に登場した軽乗用車「N360」などの例とともに語られた。

また、展示車両である初代シティについて「『1980年代の画期的な商品をつくれ』という使命のもとに商品開発された」と紹介。「居住性や燃費、動力性能といったクルマの機能を最大限に追求しながら、エンジンやサスペンションなどの機構は最小に設計するという、M・M思想を体現したクルマではないか」と述べた。

精巧なモックアップモデルが注目を集める

こうした“実機”に加え、今回のホンダブースではシティ、モトコンポ、デンタEM400の、4分の1サイズの精巧なスケールモデルも展示されていた。これらは非接触計測技術を用いて当時存在しなかった“実機”の3Dデジタルデータを起こし、それを元に制作したモックアップモデルである。

制作を担ったのは、実機が発売された当時は生まれていなかった若手を中心としたメンバーで、「モトコンポの折りたたみハンドルなど、CADデータもない時代に手書きの図面だけで複雑な機構が備わったモデルが世に出た事実を知ることで、先人へのリスペクトが生まれるきっかけとなった」という。

朝日氏はこれらのモックアップモデルについて、「四輪、二輪、ライフクリエイションと広がる事業を展開するホンダのユニークさを、ひと目で俯瞰(ふかん)できる」と紹介。特にモトコンポの模型には、ヘッドランプ、テールランプの点灯機能や、シートの格納、ハンドルの折りたたみといった実機さながらの機能が盛り込まれており、来訪者の注目を集めていた。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, モーターショー, オートモビル カウンシル2019, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事