「プジョー208GTライン」が特別仕様車「ブラックパック」として復活

2019.04.08 自動車ニュース
プジョー208GTライン ブラックパック
プジョー208GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年4月8日、コンパクトカー「208」にスポーティーグレード「GTライン」を復活させ、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」として設定。同日に販売を開始した。

フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208GTライン ブラックパック」。
フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208GTライン ブラックパック」。拡大
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。拡大

208GTライン ブラックパックは、最高出力110psを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。6段ATを組み合わせている。

特別装備としてブラックエクステリアパーツ(フロントグリル&グリルフレーム/フォグランプデコ/ドアミラー/サイドウィンドウモール/Bピラー&Cピラー)のほか、17インチ専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤ、バックカメラ&バックソナー/フロントソナー/パークアシストを装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステムも搭載している。

ボディーカラーはビアンカホワイト、リオハレッド、ペルラネラブラックの3色を用意する。

価格は255万円。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売 2019.8.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
ホームへ戻る