「プジョー208GTライン」が特別仕様車「ブラックパック」として復活

2019.04.08 自動車ニュース
プジョー208GTライン ブラックパック
プジョー208GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年4月8日、コンパクトカー「208」にスポーティーグレード「GTライン」を復活させ、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」として設定。同日に販売を開始した。

フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208GTライン ブラックパック」。
フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208GTライン ブラックパック」。拡大
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。拡大

208GTライン ブラックパックは、最高出力110psを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。6段ATを組み合わせている。

特別装備としてブラックエクステリアパーツ(フロントグリル&グリルフレーム/フォグランプデコ/ドアミラー/サイドウィンドウモール/Bピラー&Cピラー)のほか、17インチ専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤ、バックカメラ&バックソナー/フロントソナー/パークアシストを装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステムも搭載している。

ボディーカラーはビアンカホワイト、リオハレッド、ペルラネラブラックの3色を用意する。

価格は255万円。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 第566回:ブランドの差別化に電動化……
    「プジョーのいまとこれから」をトップに聞く
    2019.3.30 エディターから一言 プジョーのフラッグシップ「508」の日本上陸に合わせて、オートモビル・プジョーのCEOにしてグループPSA執行委員であるジャン=フィリップ・アンパラト氏が来日。新型508やプジョーブランドのこれからについて質問した。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
  • 4ドアクーペスタイルの新型「プジョー508」発売 2019.3.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、新型「プジョー508」の国内販売を開始した。4ドアセダンの先代と異なる4ドアクーペスタイルや、先進の運転支援システムなどが特徴として挙げられている。
ホームへ戻る