「プジョー208 GTライン」が特別仕様車「ブラックパック」として復活

2019.04.08 自動車ニュース
プジョー208 GTライン ブラックパック
プジョー208 GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年4月8日、コンパクトカー「208」にスポーティーグレード「GTライン」を復活させ、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」として設定。同日に販売を開始した。

フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208 GTライン ブラックパック」。
フロントグリルのほかサイドウィンドウモールやBピラー、Cピラーがブラックになる「208 GTライン ブラックパック」。拡大
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。
17インチの専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤを採用。拡大

208 GTライン ブラックパックは、最高出力110psを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。6段ATを組み合わせている。

特別装備としてブラックエクステリアパーツ(フロントグリル&グリルフレーム/フォグランプデコ/ドアミラー/サイドウィンドウモール/Bピラー&Cピラー)のほか、17インチ専用シャイニーブラックアロイホイールと205/45R17タイヤ、バックカメラ&バックソナー/フロントソナー/パークアシストを装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステムも搭載している。

ボディーカラーはビアンカホワイト、リオハレッド、ペルラネラブラックの3色を用意する。

価格は255万円。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
ホームへ戻る