新世代エンジンを搭載した「フィアット500X」登場

2019.04.10 自動車ニュース

FCAジャパンは2019年4月10日、マイナーチェンジしたコンパクトカー「フィアット500X」を、同年5月18日に販売開始すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、前後のバンパーやヘッドライトのデザインを変更。上級グレードの「500Xクロス」では、フロントヘッドライトとリアコンビネーションライトがLED式となり、デイタイムランニングライトおよびポジショニングライトに“フィアット500ファミリー”のシンボルである「500」のロゴをモチーフとしたデザインを採用している。

エンジンは、従来搭載されていた1.4リッター直4マルチエアに代わり、最高出力151ps、最大トルク270Nmを発生する新世代のオールアルミ製1.3リッター直4ターボを採用。「ファイアフライ」と呼ばれるこのエンジンは6段DCTと組み合わされ、従来比で10%の燃費向上を果たしているという(欧州計測参考値)。

レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付きのインフォテインメントシステム「Uconnect」やクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなどを全車に標準装備。さらに500Xクロスでは先述のLEDヘッドライトに加え、レザーシート(前席8ウェイパワーシート付き)やシフトパドル、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなども採用している。

価格は500X(受注生産)が298万円、500Xクロスが334万円。

(webCG)

フィアット500Xクロス
フィアット500Xクロス拡大

関連キーワード:
500X, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500X の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事