いまクラシックカーは買いなのか?
その価格と価値を“通”はこう考える

2019.04.12 デイリーコラム

海外の相場に異変あり

「クラシックカーの価格が上がってしまって、もうどうにもならないよ……」などといった嘆きの声を、昨今、至るところで耳にする。確かに……。10年ほど前に比べてみれば、多くのクラシックカー相場が“高騰した”と言っていい。特にここ数年における国産旧車の暴騰ぶりには目を見張るものがある。

けれども、世界に目を向けてみると、グローバルな相場は2014年あたりを境にピークを過ぎ、下がるべきモデルはきっちり下がり、上がっているモデルはごくわずか、という状況がなっていることをご存じだろうか? 実際、海外で有名なオークションハウスやコレクターカーのブローカーに話を聞くと、「相場は下降気味」という返答がほとんどで、「堅調だ」という答えが最も明るい部類だ。

理由はいくつか考えられると思う。大きな要因としては世界経済の先行き不安だ。最大のクラシックカー市場であるアメリカが中国と経済戦争を仕掛けたり、伝統的なマーケットであるヨーロッパがブレグジット問題(イギリスのEU離脱問題)を抱えていたりと、心理的マイナスの影響がクラシックカー相場にも飛び火した。それだけクラシックカーが投機の対象になっていた、つまり金融商品化していたと言えなくもない。

もうひとつは、何もかも価格がやみくもに上がってしまった結果、ここが商機とばかりに供給が増え続けた一方、比較的生産台数の多いモデル(例えば、ナローポルシェやフェラーリ・ディーノ)が市場でだぶつき始めたということ。そりゃそうだろう。高く売れるとなれば、次から次へとレストアされマーケットに出てくるのだから。欲しい人にある程度行き渡ってしまえば、そこからはタマの争奪戦(→相場上昇)ではなく、タマの吟味(→相場堅調)が始まるのは当然のこと。結果的に4、5年前に比べて2~4割も相場の下がったモデルもある(それにしたって、10年前に比べたら依然、高値をキープしているわけだけれども)。

さらに、コレクターの高齢化が進んだ結果、大量のコレクションが放出されるケースも増えてきた。需給のバランスが崩れて価格が大きく変動する。当然のことである。

これまで最も高い値をつけたクラシックカーは、フェラーリの「250GTO」。2018年に約76億円で取引された。
これまで最も高い値をつけたクラシックカーは、フェラーリの「250GTO」。2018年に約76億円で取引された。拡大
クルマ好きに広く知られる名車「ディーノ246GTS」(写真手前)。その取引相場は、近年やや落ち着きを見せているものの、日本円にして3000万~4500万円とも。
クルマ好きに広く知られる名車「ディーノ246GTS」(写真手前)。その取引相場は、近年やや落ち着きを見せているものの、日本円にして3000万~4500万円とも。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事