【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開

2019.04.16 自動車ニュース
「トヨタC-HR」の電気自動車。
「トヨタC-HR」の電気自動車。拡大

トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」および「IZOA(イゾア)」の電気自動車(EV)を世界初披露した。

 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
「IZOA」の電気自動車。
「IZOA」の電気自動車。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
EVコンセプトの「RHOMBUS」。
EVコンセプトの「RHOMBUS」。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大

C-HRとIZOAのEVはトヨタブランドとしては中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始する予定だ。詳しいスペックなどは発表されていない。IZOAは中国で導入されているC-HRの姉妹車であり、取り扱うチャンネルごとに分けて販売されている。

トヨタは今回の2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVを展開することを明らかにしており、2030年にグローバルで550万台以上の電動車を販売することを目標に掲げている。

このほかトヨタブースには、中国初披露となる新型「RAV4」や「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車、2019年3月に発売した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車に加え、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト「RHOMBUS(ロンバス)」など、さまざまな電動車が並んでいる。

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 上海モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • トヨタが新型SUV「ヤリスクロス」を世界初公開 2020.4.24 自動車ニュース トヨタ自動車が新型車「ヤリスクロス」を世界初公開した。「ヤリス」の資質を継承するSUVであり、ヤリスブランドで築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指して開発されている。
ホームへ戻る