【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開

2019.04.16 自動車ニュース
「トヨタC-HR」の電気自動車。
「トヨタC-HR」の電気自動車。拡大

トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」および「IZOA(イゾア)」の電気自動車(EV)を世界初披露した。

 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
「IZOA」の電気自動車。
「IZOA」の電気自動車。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
EVコンセプトの「RHOMBUS」。
EVコンセプトの「RHOMBUS」。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大

C-HRとIZOAのEVはトヨタブランドとしては中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始する予定だ。詳しいスペックなどは発表されていない。IZOAは中国で導入されているC-HRの姉妹車であり、取り扱うチャンネルごとに分けて販売されている。

トヨタは今回の2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVを展開することを明らかにしており、2030年にグローバルで550万台以上の電動車を販売することを目標に掲げている。

このほかトヨタブースには、中国初披露となる新型「RAV4」や「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車、2019年3月に発売した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車に加え、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト「RHOMBUS(ロンバス)」など、さまざまな電動車が並んでいる。

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 上海モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ
    『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
    2019.10.10 読んでますカー、観てますカー 夏帆主演のプチロードムービー。東京でCMディレクターをしている砂田(夏帆)は、ある日思いつきで、秘密の友達清浦(シム・ウンギョン)の愛車「フィアット・パンダ」で故郷の茨城に帰ることに。コンプレックスの根源である大っ嫌いな故郷で彼女(たち)を待ち受けていたものとは。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
ホームへ戻る