【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開

2019.04.16 自動車ニュース
「トヨタC-HR」の電気自動車。
「トヨタC-HR」の電気自動車。拡大

トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」および「IZOA(イゾア)」の電気自動車(EV)を世界初披露した。

 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
「IZOA」の電気自動車。
「IZOA」の電気自動車。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
EVコンセプトの「RHOMBUS」。
EVコンセプトの「RHOMBUS」。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大

C-HRとIZOAのEVはトヨタブランドとしては中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始する予定だ。詳しいスペックなどは発表されていない。IZOAは中国で導入されているC-HRの姉妹車であり、取り扱うチャンネルごとに分けて販売されている。

トヨタは今回の2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVを展開することを明らかにしており、2030年にグローバルで550万台以上の電動車を販売することを目標に掲げている。

このほかトヨタブースには、中国初披露となる新型「RAV4」や「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車、2019年3月に発売した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車に加え、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト「RHOMBUS(ロンバス)」など、さまざまな電動車が並んでいる。

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 上海モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る