【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開

2019.04.16 自動車ニュース
「トヨタC-HR」の電気自動車。
「トヨタC-HR」の電気自動車。拡大

トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」および「IZOA(イゾア)」の電気自動車(EV)を世界初披露した。

 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
「IZOA」の電気自動車。
「IZOA」の電気自動車。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大
EVコンセプトの「RHOMBUS」。
EVコンセプトの「RHOMBUS」。拡大
 
【上海ショー2019】トヨタが「C-HR」と「IZOA」のEVを世界初公開の画像拡大

C-HRとIZOAのEVはトヨタブランドとしては中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始する予定だ。詳しいスペックなどは発表されていない。IZOAは中国で導入されているC-HRの姉妹車であり、取り扱うチャンネルごとに分けて販売されている。

トヨタは今回の2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVを展開することを明らかにしており、2030年にグローバルで550万台以上の電動車を販売することを目標に掲げている。

このほかトヨタブースには、中国初披露となる新型「RAV4」や「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車、2019年3月に発売した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車に加え、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト「RHOMBUS(ロンバス)」など、さまざまな電動車が並んでいる。

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 上海モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る