「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車

2019.04.22 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「ナチュラルベージュマイカメタリック」。
「ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「ナチュラルベージュマイカメタリック」。拡大

ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。

「ムーヴ キャンバスG“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは新色の「ブルーミングピンクメタリック」。
「ムーヴ キャンバスG“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは新色の「ブルーミングピンクメタリック」。拡大
「ムーヴ キャンバスG“ブラックアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「スムースグレーマイカメタリック」。
「ムーヴ キャンバスG“ブラックアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「スムースグレーマイカメタリック」。拡大
「ムーヴ キャンバスG“ブラックアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「パールホワイトIII」。
「ムーヴ キャンバスG“ブラックアクセントリミテッドSAIII”」。ボディーカラーは「パールホワイトIII」。拡大

今回の2タイプの特別仕様車のベース車は、ホワイトアクセントリミテッドSAIIIが「メイクアップリミテッドSAIII」で、ブラックアクセントリミテッドSAIIIが「ブラックインテリアリミテッドIII」。フロントグリルやフォグランプリング、バンパーモール/サイドモール、ドアミラー、ホイールキャップなどを車名に合わせてパールホワイト、またはブラックに変更したほか、ボディーにはこれらのパーツと同色のピンストライプが施される。

ボディーカラーは、ホワイトアクセントリミテッドSAIIIには「ナチュラルベージュマイカメタリック」「ファインミントメタリック」に新色の「ブルーミングピンクメタリック」を加えた計3色を設定。一方のブラックアクセントリミテッドSAIIIは「スムースグレーマイカメタリック」「パールホワイトIII」の全2色展開となる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”:147万9600円(FF車)/160万3800円(4WD車)
  • G“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”:155万5200円(FF車)/167万9400円(4WD車)
  • X“ブラックアクセントリミテッドSAIII”:147万9600円(FF車)/160万3800円(4WD車)
  • G“ブラックアクセントリミテッドSAIII”155万5200円(FF車)/167万9400円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
ムーヴ キャンバス, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」発売 2016.9.7 自動車ニュース ダイハツ工業は2016年9月7日、新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を発表。同日、販売を開始した。価格は、ベーシックグレードの118万8000円から、最上級グレードの166万8600円まで。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る