【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】スズキが四輪、二輪、マリン事業における取り組みを紹介

2019.05.22 自動車ニュース
「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」のスズキの出展ブース。
「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」のスズキの出展ブース。拡大

スズキは2019年5月22日、神奈川・パシフィコ横浜で開催中の「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(開催期間:5月24日まで)にブースを出展。四輪、二輪、マリン事業における同社の取り組みを紹介している。

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニー拡大
会場にはVR技術を用いたドライビングシミュレーターも用意されていた。
会場にはVR技術を用いたドライビングシミュレーターも用意されていた。拡大
スズキ・カタナ
スズキ・カタナ拡大
「スズキ・ダイアグノスティックシステム・モバイル」のQRコードは、メーターやマルチインフォメーションディスプレイなどに表示される。
「スズキ・ダイアグノスティックシステム・モバイル」のQRコードは、メーターやマルチインフォメーションディスプレイなどに表示される。拡大
アプリでは、回転域ごとの稼働時間や、前回のオイル交換からの運転時間などといった、船外機の利用履歴を取得できる。
アプリでは、回転域ごとの稼働時間や、前回のオイル交換からの運転時間などといった、船外機の利用履歴を取得できる。拡大

ブースには「ジムニー」のドライビングシミュレーターも

今回、スズキは軽乗用車「ジムニー」と新型二輪車「KATANA(カタナ)」、船外機のエンジン情報をスマートフォンで確認できるアプリケーションなどを展示している。

ジムニーは軽規格のコンパクトなボディーにラダーフレーム式の車両骨格や副変速機付き4WD、前後リジッドアクスルのサスペンションなどといった、悪路走破性能を高める本格的な機構を組み合わせたクロスカントリーモデルである。現行型は2018年7月に発売された4代目のモデルにあたり、登録車の「ジムニーシエラ」ともども高い人気を博している。今回、スズキは同車の実車展示に加え、その走りを体感できるVR技術を用いたドライビングシミュレーターも持ち込み、ジムニーの魅力をアピールした。

また、カタナは2018年10月にドイツの二輪モーターショーで発表された新型のネイキッドスポーツモデルで、最高出力150psを発生する999ccの水冷直4エンジンを搭載。往年のカタナシリーズをモチーフにした独特のスタイリングが特徴となっている。欧州を皮切りに2019年春より市場投入が開始されており、ファンの間で日本導入が待たれている。

もうひとつ、大きく展示されていた「スズキ・ダイアグノスティックシステム・モバイル」は、アフターサービスの充実を目的とした船外機専用の無料アプリケーションで、メーターやマルチインフォメーションディスプレイなどに表示されるQRコードを読み取るだけで、エンジンの情報を簡単に取得できる。得られる情報は、回転数ごとのエンジンの稼働時間や、オイル交換後の運転時間などで、専用の機器を使わずともこれらの情報を取得し、サービススタッフと共有できることから、より迅速で効率的なアフターサービスが可能になるという。

(webCG)

関連キーワード:
イベント, 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事