【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】三菱自動車はワンストップで設置可能なV2Hサービスを紹介

2019.05.22 自動車ニュース
「アウトランダーPHEV」のカットモデル。
「アウトランダーPHEV」のカットモデル。拡大

三菱自動車は2019年5月22日、横浜市で開催中の「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(会期:5月22日~24日)にブースを出展し、同社の電動化技術を紹介した。

フロントセクションには2.4リッターガソリンエンジンやジェネレーター、駆動用モーターなどが積まれている。
フロントセクションには2.4リッターガソリンエンジンやジェネレーター、駆動用モーターなどが積まれている。拡大
V2Hサービス「電動ドライブハウス」に用いられるEVパワーステーション(写真右)と家庭用バッテリー(同左)。
V2Hサービス「電動ドライブハウス」に用いられるEVパワーステーション(写真右)と家庭用バッテリー(同左)。拡大
「電動ドライブハウス」のイメージ。
「電動ドライブハウス」のイメージ。拡大

ブースの主役を務めるのはプラグインハイブリッド車「三菱アウトランダーPHEV」のカットモデル。フロントセクションの2.4リッターガソリンエンジンやジェネレーター、フロア下の駆動用バッテリーなどを目で見ることができる。

このほか、2019年中に展開予定のビークルトゥホーム(V2H)サービス「電動ドライブハウス」のコンセプトも展示。電動化車両に蓄えた電気を家庭用に使ったり、電気代の安い夜間にクルマに充電したりといったサービスの概要に目新しさはないが、電動ドライブハウスの特長はシステム機器やソーラーパネル、さらには設置工事やアフターサービスなどがパッケージ化されていることにある。既存のV2Hサービスでは、ソーラーパネルやシステム機器などをそれぞれ別々の業者に注文し、設置やメンテナンスをしてもらう必要があるのだが、電動ドライブハウスの場合は三菱ディーラーとのやりとりだけで済むようになっている。設置料金はソーラーパネルのサイズや家庭用バッテリーの容量などにもよるが、200~300万円ほどになるという。

(webCG)

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜, イベント, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 「三菱エクリプス クロス」のディーゼルエンジン搭載モデル発売 2019.6.13 自動車ニュース 三菱自動車は2019年6月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にディーゼルモデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力145ps、最大トルク380Nmを発生する2.3リッターディーゼルターボエンジンを搭載している。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る