「アルファ・ロメオ・ジュリア」に50台の限定モデル登場

2019.05.23 自動車ニュース
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション拡大

FCAジャパンは2019年5月22日、スポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」に特別仕様車「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」を設定し、同日に50台限定で販売を開始した。

「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。
「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。拡大
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。拡大
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。拡大
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力200ps、最大トルク330Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジュリア2.0ターボ スーパー」がベースモデルとなる。

特別装備は以下の通り。

  • カーボンエクステリアミラーハウジング
  • 19インチダブルスポークタイプアルミホイール(標準仕様は18インチ)
  • ETC車載器

ベースモデルに装備されるステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、レザーインストゥルメントパネル、ウッドパネルなどのインテリア装備、アダプティブクルーズコントロールやレーンディパーチャーウオーニングといった運転支援装備はそのままに、ベース車の543万円に対してモノクロームエディションは530万円と、リーズナブルな価格設定になっている。

ボディーカラーは「アルファブラック」と「アルファホワイト」の2色。それぞれ25台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリア, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る