「アルファ・ロメオ・ジュリア」に50台の限定モデル登場

2019.05.23 自動車ニュース
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション拡大

FCAジャパンは2019年5月22日、スポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」に特別仕様車「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」を設定し、同日に50台限定で販売を開始した。

「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。
「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。拡大
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。拡大
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。拡大
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力200ps、最大トルク330Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジュリア2.0ターボ スーパー」がベースモデルとなる。

特別装備は以下の通り。

  • カーボンエクステリアミラーハウジング
  • 19インチダブルスポークタイプアルミホイール(標準仕様は18インチ)
  • ETC車載器

ベースモデルに装備されるステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、レザーインストゥルメントパネル、ウッドパネルなどのインテリア装備、アダプティブクルーズコントロールやレーンディパーチャーウオーニングといった運転支援装備はそのままに、ベース車の543万円に対してモノクロームエディションは530万円と、リーズナブルな価格設定になっている。

ボディーカラーは「アルファブラック」と「アルファホワイト」の2色。それぞれ25台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリア, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る