「アルファ・ロメオ・ジュリア」に50台の限定モデル登場

2019.05.23 自動車ニュース
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション拡大

FCAジャパンは2019年5月22日、スポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」に特別仕様車「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」を設定し、同日に50台限定で販売を開始した。

「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。
「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」に採用されるカーボンエクステリアミラーハウジング。拡大
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。
日本初導入となるダブルスポークデザインの19インチアルミホイールを装備。拡大
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。
「アルファブラック」のボディーカラーは25台の限定販売。拡大
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。
「アルファホワイト」のボディーカラーも同じく25台分用意される。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力200ps、最大トルク330Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジュリア2.0ターボ スーパー」がベースモデルとなる。

特別装備は以下の通り。

  • カーボンエクステリアミラーハウジング
  • 19インチダブルスポークタイプアルミホイール(標準仕様は18インチ)
  • ETC車載器

ベースモデルに装備されるステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、レザーインストゥルメントパネル、ウッドパネルなどのインテリア装備、アダプティブクルーズコントロールやレーンディパーチャーウオーニングといった運転支援装備はそのままに、ベース車の543万円に対してモノクロームエディションは530万円と、リーズナブルな価格設定になっている。

ボディーカラーは「アルファブラック」と「アルファホワイト」の2色。それぞれ25台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリア, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る