「メルセデス・ベンツGLC」に装備充実の限定車

2019.05.23 自動車ニュース
メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICローレウスエディション
メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICローレウスエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年5月23日、「メルセデス・ベンツGLC」に特別仕様車「GLC220d 4MATICローレウスエディション」を設定し、360台の台数限定で発売した。

 
「メルセデス・ベンツGLC」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGLC」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGLC」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGLC」に装備充実の限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は、2.1リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力170ps/最大トルク400Nm)を搭載した「GLC220d 4MATICスポーツ」をベースに、内外装に特別な仕立てを施したモデルである。車名に冠されたローレウスとは、2000年に独ダイムラーが、多くのラグジュアリーブランドを擁するスイスのリシュモンとともに設立した財団の名前からとったもの。スポーツの振興を通じて社会貢献活動を行っている。

エクステリアでは、フロントグリルやフロントスポイラー、リアバンパー、ルーフレールがブラックとなる「ナイトパッケージ」に加えて、専用ハイグロスペイントを施した19インチAMG 5スポークアルミホイールを特徴とする。

インテリアについては、ブラックアッシュのウッドトリムと専用の「Laureus」プレートを採用。パノラミックスライディングルーフやBurmesterサラウンドサウンドシステム、8ウェイパワーシートなども装備する。

ボディーカラーはベース車に設定される8色に加えて、「モハーベシルバー」と「セレナイトグレーマグノ」も用意される。

価格はベース車から7万円アップの717万円。

(webCG)

関連キーワード:
GLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る