トヨタが後付け可能な「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大

2019.05.29 自動車ニュース
 
トヨタが後付け可能な「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大の画像拡大

トヨタ自動車は2019年5月29日、既販車を対象とした後付けの「踏み間違い加速抑制システム」の搭載可能車種を、年内に順次12車種まで拡大すると発表した。

 
トヨタが後付け可能な「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大の画像拡大
 
トヨタが後付け可能な「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大の画像拡大

トヨタの後付け可能な踏み間違い加速抑制システムは、2018年12月に「プリウス」「アクア」を対象として初導入。2019年3月に「プリウスα」「プレミオ」「アリオン」を対象車種に追加した。

システムの概要は、車両の前後に取り付けた超音波センサーで約3mまでの障害物を検知し、ブザー音で注意を喚起。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んだ場合には加速を抑制し、衝突被害の軽減を図るというもの。また、後退時には、障害物を検知していない場合でも約5km/h以上でアクセルを踏むと速度が出過ぎないよう加速を抑制する。

今後は6月3日に「ポルテ」「スペイド」「ウィッシュ」に設定を拡大。さらに、10月には「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「パッソ」に、12月には「ヴィッツ」に拡大する予定だという。

ポルテ、スペイド、ウィッシュ用システムの価格は5万5080円(取り付け費などの諸費用は含まず)。

(webCG)

関連キーワード:
トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事