現代によみがえった“ハイドロ”
シトロエンの新たなサスペンションシステムを知る

2019.06.12 デイリーコラム

シトロエン=コンフォート

シトロエンの新フラッグシップとなる「C5エアクロスSUV」の骨格や足まわりの基本構造は、おなじみの「EMP2」プラットフォームのそれだが、サスペンション部分に日本初上陸の「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(以下、PHC)」が使われている。このクルマで好事家の皆さんがもっとも注目する技術的特徴はそこだろう。

今年2019年で創業100周年をむかえるシトロエンはここ数年、ブランド独自性を高める活動を強化している。シトロエンを傘下にもつグループPSAはシトロエン最大の強みを“コンフォート(=快適性)”とあらためて定義して、それを特徴づける技術群を「シトロエン・アドバンストコンフォート・プログラム」と命名。それに属する新技術を随時、市場投入しはじめている。

PHCもそのひとつであり、2017年に中国で先行発売された「C5エアクロス」に加えて、欧州では2017年秋にマイナーチェンジされた「C4カクタス」(日本未導入)にも搭載されている。シトロエンCEOのリンダ・ジャクソン氏によると、PHCは「“新世代のハイドロ”ともいえる“魔法のじゅうたんのような乗り心地”を実現する画期的なサスペンションシステム」だそうである。そういえば、シトロエン伝統のハイドロ(=ハイドロニューマチック/ハイドラクティブ)を搭載した最後の市販車「C5」が2015年に生産終了した際、PSAは「ハイドロにかわる新サスペンションを開発中」とアナウンスしたが、PHCはその翌年の2016年6月に技術発表された。

2019年5月28日に発売された「シトロエンC5エアクロスSUV」。本国仕様や中国向け仕様などには、車名末尾のSUVが付かない。
2019年5月28日に発売された「シトロエンC5エアクロスSUV」。本国仕様や中国向け仕様などには、車名末尾のSUVが付かない。拡大
シトロエン C5エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
ホームへ戻る