「ボルボV90/V90クロスカントリー」に充実装備の限定モデル登場

2019.06.11 自動車ニュース
「ボルボV90 D4ノルディックエディション」(右)と「V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディション」(左)。
「ボルボV90 D4ノルディックエディション」(右)と「V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディション」(左)。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ステーションワゴン「V90」と、同車をベースとしたクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」に特別仕様車「ノルディックエディション」を設定し、販売を開始した。

チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ拡大
harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム
harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム拡大
ヘッドアップディスプレイ
ヘッドアップディスプレイ拡大
ダークフレームバーチウッドパネル
ダークフレームバーチウッドパネル拡大
19インチアルミホイール(左が「V90 D4ノルディックエディション」のもの、右が「V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディション」のもの)
19インチアルミホイール(左が「V90 D4ノルディックエディション」のもの、右が「V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディション」のもの)拡大
ボディーカラーがパールペイントの場合は、価格がプラス2万円となる。
ボディーカラーがパールペイントの場合は、価格がプラス2万円となる。拡大

カタログモデルではオプションでも選べない装備も

今回のノルディックエディションは、ディーゼルエンジン搭載車のエントリーグレード「D4モメンタム」をベースとした各60台の限定モデルで、人気オプションの電動パノラマガラスサンルーフや、通常はモメンタムには設定のないharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムなどを特別装備している。

特別装備は以下の通り。

  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ダークフレームバーチウッドパネル(V90のみ)
  • リアシートヒーター
  • ステアリングホイールヒーター(V90クロスカントリーのみ)
  • 19インチアルミホイール

カラーバリエーションは以下の通り。

【V90 D4ノルディックエディション】

  • ボディーカラー:クリスタルホワイトパール/シートカラー:アンバー
  • ボディーカラー:ブライトシルバーメタリック/シートカラー:ブロンド
  • ボディーカラー:オニキスブラックメタリック/シートカラー:マルーンブラウン

【V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディション】

  • ボディーカラー:クリスタルホワイトパール/シートカラー:アンバー
  • ボディーカラー:オスミウムグレーメタリック/シートカラー:ブロンド
  • ボディーカラー:オニキスブラックメタリック/シートカラー:チャコール

販売台数は、各カラーコンビネーションにつき20台ずつ。価格はV90 D4ノルディックエディションが767万円。V90クロスカントリーD4 AWDノルディックエディションが797万円。ボディーカラーがパールペイントの場合は、ともに2万円高となっている。

(webCG)

関連キーワード:
V90, V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
ホームへ戻る