ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売

2019.06.11 自動車ニュース
プジョー2008 GTライン ブラックパック
プジョー2008 GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「2008 GTライン ブラックパック」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大

今回のプジョー2008 GTライン ブラックパックは、フロント&バックソナーやバックアイカメラ、パークアシスト、グリップコントロールなどを搭載した上級グレード「GTライン」がベース。内外装のブラックパーツによって精悍(せいかん)さを強調しているのが特徴だ。また、レザーシートなどを備えながらも「輸入車コンパクトSUVとしてリーズナブル」(プレスリリース)な価格設定もセリングポイントとなっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • フロントブラックライオンエンブレム(ダーククローム)
  • フロントグリル「PEUGEOT」ロゴブラック
  • ブラックパーツ(フロントグリル/フォグランプデコレーション/ドアミラー/サイドウィンドウモール/サイドウィンドウデコレーション/リアスポイラー)
  • 17インチ専用シャイニーブラックアロイホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)

ボディーカラーは「パールホワイト」「アルティメットレッド」に、新色の「クエーサーブルー」および新規設定色の「ハリケーングレー」を加えた全4色展開となる。

価格は299万円で、パノラミックガラスルーフ付き仕様の場合は309万9000円。いずれもベース車から11万円アップとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る