ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売

2019.06.11 自動車ニュース
プジョー2008 GTライン ブラックパック
プジョー2008 GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「2008 GTライン ブラックパック」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大

今回のプジョー2008 GTライン ブラックパックは、フロント&バックソナーやバックアイカメラ、パークアシスト、グリップコントロールなどを搭載した上級グレード「GTライン」がベース。内外装のブラックパーツによって精悍(せいかん)さを強調しているのが特徴だ。また、レザーシートなどを備えながらも「輸入車コンパクトSUVとしてリーズナブル」(プレスリリース)な価格設定もセリングポイントとなっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • フロントブラックライオンエンブレム(ダーククローム)
  • フロントグリル「PEUGEOT」ロゴブラック
  • ブラックパーツ(フロントグリル/フォグランプデコレーション/ドアミラー/サイドウィンドウモール/サイドウィンドウデコレーション/リアスポイラー)
  • 17インチ専用シャイニーブラックアロイホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)

ボディーカラーは「パールホワイト」「アルティメットレッド」に、新色の「クエーサーブルー」および新規設定色の「ハリケーングレー」を加えた全4色展開となる。

価格は299万円で、パノラミックガラスルーフ付き仕様の場合は309万9000円。いずれもベース車から11万円アップとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る