シリーズ初となるMモデル 「BMW X3 M/X4 M」登場

2019.06.23 自動車ニュース
BMW X3 Mコンペティション(左)、X4 Mコンペティション(右)
BMW X3 Mコンペティション(左)、X4 Mコンペティション(右)拡大

BMWジャパンは2019年6月23日、同社が富士スピードウェイで開催したサーキットイベント「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2019」において、ミドルクラスSUVの高性能モデル「BMW X3 M」「BMW X4 M」の導入を発表。同日、受注を開始した。

「X3 M」には、高速走行時に標準モデル以上のダウンフォースをもたらす「Mルーフスポイラー」と呼ばれる空力デバイスを採用。
「X3 M」には、高速走行時に標準モデル以上のダウンフォースをもたらす「Mルーフスポイラー」と呼ばれる空力デバイスを採用。拡大
「X3 M」「X4 M」とも、「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」を採用。あらかじめ登録しておいた自分好みのセッティングに、ワンタッチで変更可能な「M1/M2」スイッチがスポーク上部に配置される。
「X3 M」「X4 M」とも、「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」を採用。あらかじめ登録しておいた自分好みのセッティングに、ワンタッチで変更可能な「M1/M2」スイッチがスポーク上部に配置される。拡大
BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載。「コンペティション」モデルでは最高出力が30psアップの510psになる。
BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載。「コンペティション」モデルでは最高出力が30psアップの510psになる。拡大
ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長が、発表会で「X3 M」「X4 M」を紹介。
ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長が、発表会で「X3 M」「X4 M」を紹介。拡大
「コンペティション」モデルでは「X3 M」「X4 M」とも、キドニーグリルやテールパイプなど一部のエクステリアパーツがブラックで統一されている。
「コンペティション」モデルでは「X3 M」「X4 M」とも、キドニーグリルやテールパイプなど一部のエクステリアパーツがブラックで統一されている。拡大

今回導入されたBMW X3 MとBMW X4 Mは、それぞれ「X3」と「X4」をベースとする両シリーズ初の「Mモデル」。BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載している。インテリジェント4WDシステム「BMW M xDrive」や「アクティブMディファレンシャル」、ドライブロジック付き8段ATを採用し、サーキット走行を想定したパフォーマンスを持ち合わせているという。

エクステリアでは、Mモデルを象徴するダブルバーデザインとなったキドニーグリルや空力性能を向上させるダブルブリッジデザインのMミラーのほか、Mロゴを配したサイドギル(エアブリーザー)などを装備。アグレッシブなスタイルを構築している。

さらに両モデルには、エンジンの最高出力を30psアップの510psとした「X3 Mコンペティション」「X4 Mコンペティション」もラインナップ。キドニーグリルや各直径100mmの4本出しテールパイプ、ミラーキャップ、サイドギル、ホイールなどエクステリアパーツをブラック仕様としたほか、イルミネーション付きのMエンブレムを配したMマルチファンクションシートなどの専用アイテムを採用している。

価格は以下の通り。

  • X3 M:1268万円
  • X3 Mコンペティション:1368万円
  • X4 M:1299万円
  • X4 Mコンペティション:1399万円

全モデルとも、安全機能・運転支援システムとして、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール(ACC)やレーンチェンジウオーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウオーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウオーニングといった機能からなる「ドライビングアシストプラス」を標準装備している。

納車は2019年9月以降に順次行われる。

(webCG)

関連キーワード:
X3, X4, BMW, 自動車ニュース

BMW X3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X7 2018.10.22 画像・写真 BMWが新しいフラッグシップSUV「X7」を発表。BMWとしては初となる3列シートの大型SUVで、最上級グレード「M50d」には400psの3リッター直6ディーゼルを搭載する。日本にも導入される予定のニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMWの最上級SUV「X7」の国内販売がスタート 2019.6.24 自動車ニュース BMWジャパンは2019年6月24日、「BMW X7」の国内販売を開始した。同ブランドの新たなフラッグシップSUVとなるモデルで、3列シートのゆとりある室内空間や優れた動力性能、豊富な先進装備などがセリングポイントとなっている。
  • 新型「BMW X5」の国内販売がスタート 2019.2.27 自動車ニュース BMWジャパンは2019年2月27日、4代目となるミドルクラスSUV、新型「X5」を発表し、同日に販売を開始した。まずは「X5 xDrive35dスタンダード」「X5 xDrive35d Mスポーツ」という、ディーゼルターボ搭載の2グレードから販売をスタートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • ファンティック・キャバレロ フラットトラック125(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.13 試乗記 このほど日本でも取り扱いが開始されたイタリアのバイクメーカー、ファンティック。オフロードを得意とする同社のラインナップの中から、ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたという「フラットトラック125」に試乗。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る