シリーズ初となるMモデル 「BMW X3 M/X4 M」登場

2019.06.23 自動車ニュース
BMW X3 Mコンペティション(左)、X4 Mコンペティション(右)
BMW X3 Mコンペティション(左)、X4 Mコンペティション(右)拡大

BMWジャパンは2019年6月23日、同社が富士スピードウェイで開催したサーキットイベント「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2019」において、ミドルクラスSUVの高性能モデル「BMW X3 M」「BMW X4 M」の導入を発表。同日、受注を開始した。

「X3 M」には、高速走行時に標準モデル以上のダウンフォースをもたらす「Mルーフスポイラー」と呼ばれる空力デバイスを採用。
「X3 M」には、高速走行時に標準モデル以上のダウンフォースをもたらす「Mルーフスポイラー」と呼ばれる空力デバイスを採用。拡大
「X3 M」「X4 M」とも、「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」を採用。あらかじめ登録しておいた自分好みのセッティングに、ワンタッチで変更可能な「M1/M2」スイッチがスポーク上部に配置される。
「X3 M」「X4 M」とも、「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」を採用。あらかじめ登録しておいた自分好みのセッティングに、ワンタッチで変更可能な「M1/M2」スイッチがスポーク上部に配置される。拡大
BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載。「コンペティション」モデルでは最高出力が30psアップの510psになる。
BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載。「コンペティション」モデルでは最高出力が30psアップの510psになる。拡大
ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長が、発表会で「X3 M」「X4 M」を紹介。
ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長が、発表会で「X3 M」「X4 M」を紹介。拡大
「コンペティション」モデルでは「X3 M」「X4 M」とも、キドニーグリルやテールパイプなど一部のエクステリアパーツがブラックで統一されている。
「コンペティション」モデルでは「X3 M」「X4 M」とも、キドニーグリルやテールパイプなど一部のエクステリアパーツがブラックで統一されている。拡大

今回導入されたBMW X3 MとBMW X4 Mは、それぞれ「X3」と「X4」をベースとする両シリーズ初の「Mモデル」。BMW M社が開発を手がけた最高出力480ps、最大トルク600Nmを発生する3リッター直6ツインターボエンジンを搭載している。インテリジェント4WDシステム「BMW M xDrive」や「アクティブMディファレンシャル」、ドライブロジック付き8段ATを採用し、サーキット走行を想定したパフォーマンスを持ち合わせているという。

エクステリアでは、Mモデルを象徴するダブルバーデザインとなったキドニーグリルや空力性能を向上させるダブルブリッジデザインのMミラーのほか、Mロゴを配したサイドギル(エアブリーザー)などを装備。アグレッシブなスタイルを構築している。

さらに両モデルには、エンジンの最高出力を30psアップの510psとした「X3 Mコンペティション」「X4 Mコンペティション」もラインナップ。キドニーグリルや各直径100mmの4本出しテールパイプ、ミラーキャップ、サイドギル、ホイールなどエクステリアパーツをブラック仕様としたほか、イルミネーション付きのMエンブレムを配したMマルチファンクションシートなどの専用アイテムを採用している。

価格は以下の通り。

  • X3 M:1268万円
  • X3 Mコンペティション:1368万円
  • X4 M:1299万円
  • X4 Mコンペティション:1399万円

全モデルとも、安全機能・運転支援システムとして、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール(ACC)やレーンチェンジウオーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウオーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウオーニングといった機能からなる「ドライビングアシストプラス」を標準装備している。

納車は2019年9月以降に順次行われる。

(webCG)

関連キーワード:
X3 M, X4 M, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW X4 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.7 試乗記 最高出力510PSの3リッター直6ツインターボエンジンを搭載した「BMW X4 Mコンペティション」に試乗。「X4」に初めてラインナップされた、正真正銘の“M”モデルの出来栄えやいかに!?
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • BMW X7 xDrive35dデザインピュアエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.1.29 試乗記 大仰な“キドニーグリル”に象徴される華美な装飾に目が行きがちだが、「BMW X7」の本質は単なるおしゃれ系SUVではない。広々としたキャビンとBMWならではの軽快な走りを両立したこの超大型SUVは、人も荷物も詰め込んで使い倒したくなる魅力にあふれていた。
ホームへ戻る