クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)

SUVの皮をかぶったM3 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。

油断禁物

突然、ビクッと針路が乱れて驚いた。車線をはみ出しそうになってレーンキープアシストに引き戻されたのか(最近のBMWのアシストは強力だ)、と思ったがそうではない。のんびり流れる一般道を穏やかに走っていただけだ。そうだ、そうだった、これはそういうクルマだった。気を抜いていたわけではないが、周囲の環境に合わせて静かにスムーズに移動していただけなので、しかも視点の高いSUVだったために正直忘れていたかもしれない。これは本物の「M」であり、しかもハイパフォーマンス仕様の「コンペティション」なのだった。

それにしても、である。昔の車高の低いスポーツカーならいざ知らず、最近は高性能車であっても、路面の轍(わだち)やうねりに敏感に反応して、いわゆるハンドルを取られるという状態になるクルマはまずお目にかかれないのに、これは何というか、スパルタンなレーシングカーのようなむき出しの野性が時に垣間見えるようだ。常にナーバスでワンダリングに気を遣う必要があるほどではないが、注意を怠っていると、たまに「ボーッとしているんじゃねーよ!」と叱られてしまう。21インチタイヤとガッチリ引き締まったアダプティプMサスペンションを甘く見てはいけないということだ。

言うまでもなくX3は、今や「X1」から「X7」まで隙間なくそろうBMWのSUV(BMW流ではSAV)の中核車種。X3 MはそのX3の3代目にして初めての「M」バージョン、サーキット走行をも念頭に置いたという硬派な高性能モデルである。

ダブルバーデザインのキドニーグリルやダブルブリッジデザインのサイドミラーが「X3 M」ならではの外装パーツ。さらに「コンペティション」ではこれらのパーツに加えてホイールなどがグロスブラック仕立てとなる。
ダブルバーデザインのキドニーグリルやダブルブリッジデザインのサイドミラーが「X3 M」ならではの外装パーツ。さらに「コンペティション」ではこれらのパーツに加えてホイールなどがグロスブラック仕立てとなる。拡大
「X3 Mコンペティション」の車両本体価格は「X3 M」よりも102万円高い1394万円。
「X3 Mコンペティション」の車両本体価格は「X3 M」よりも102万円高い1394万円。拡大
タイヤサイズはフロントが255/40ZR21で、リアが265/40ZR21。テスト車にはミシュランのハイパフォーマンススポーツタイヤ「パイロットスポーツ4 S」が装着されていた。
タイヤサイズはフロントが255/40ZR21で、リアが265/40ZR21。テスト車にはミシュランのハイパフォーマンススポーツタイヤ「パイロットスポーツ4 S」が装着されていた。拡大
リアエンドには複雑な形状の「Mルーフスポイラー」を装備。4本出しのテールパイプもブラックにペイントされている。
リアエンドには複雑な形状の「Mルーフスポイラー」を装備。4本出しのテールパイプもブラックにペイントされている。拡大

「M3」より先にデビューした新エンジン

X3とそのクーペ版兄弟車である「X4」に正真正銘の「Mモデル」が設定されるのは初めてのこと。しかもそれぞれにさらにパフォーマンスを追求した「コンペティション」もいっぺんに発売された。搭載される3リッター直6ツインターボエンジンは、これまでのユニットを踏襲したかと思いきや、実はこれが初出である。来年デビューと見られている次期型「M3/M4」にも搭載される予定の新エンジンだが、「M」の代名詞であるM3よりも先にX3とX4のMモデルに積まれてデビューしたというわけだ。最近のBMWはスタンダードの4気筒や6気筒エンジンについてもキャリーオーバーに見えて実は大幅にアップグレードされた新型ユニットを矢継ぎ早に投入している。世を挙げて電動化が叫ばれる中でも、ドイツ勢は内燃エンジンの進化を並行して推し進めており、厳格化されていくいっぽうのEU規制に対応するためであることはもちろんだが、パワー競争でも一歩も引かないという姿勢を明らかにしている。

X3 Mコンペティション用ユニットは、スタンダードのX3 M用エンジンより30PS強力な510PS/6250rpm、600N・m/2600-5950rpmを生み出す(最大トルクは同じ)。現行型「M3コンペティション」のS55型直6ターボエンジンは450PSと550N・m、ウオーターインジェクションを備えた限定モデルの「M4 GTS」用でさえ最高出力は500PSだったから、新しい6気筒ツインターボは最初からそれを上回る。BMWの6気筒ユニットとしてはこれまでで最強である。ちなみにGPF(ガソリンパティキュレートフィルター)は2個、触媒は4個備わるという。いやはや、そういう時代なのである。

搭載される3リッター直6ツインターボエンジンは、スタンダードな「X3 M」よりも30PS強力な最高出力510PSを発生する。
搭載される3リッター直6ツインターボエンジンは、スタンダードな「X3 M」よりも30PS強力な最高出力510PSを発生する。拡大
エンジンカバーをかすめるようにストラットタワーバーが装着される。CFRP製タワーバーもオプション設定されている。
エンジンカバーをかすめるようにストラットタワーバーが装着される。CFRP製タワーバーもオプション設定されている。拡大
テスト車の車両重量は2030kg。前軸1020kg、後ろ軸1010kgという配分になっている。
テスト車の車両重量は2030kg。前軸1020kg、後ろ軸1010kgという配分になっている。拡大

爆発力は「M」そのもの

新しいS58型も最新世代のBシリーズモジュラーエンジンをベースにしているはずだが、ボア×ストローク(84×90mm)と2993ccの排気量はガソリンのB58型ではなくディーゼル版のB57型と同一だ。ブロックはベースユニット同様にクローズドデッキを採用、ピストンは鍛造強化型、シリンダー内側にはツインワイヤアークスプレーコーティングと呼ばれる処理が施されている。ドイツ御三家の高性能ユニットには常識となりつつあるこれは、スチールのシリンダーライナーの代わりにカーボンスチールをシリンダー壁に溶射してコーティングする技術で、呼び方はメーカーによって異なり、メルセデス・ベンツは同様の技術を「ナノスライド」と称している。また3Dプリンター技術を使ってシリンダーヘッドのコア(中子)を製作したという点も注目される。従来の鋳造法よりも複雑な形状のクーリングチャンネルやポートをより軽量に成形することができるという。冷却システムも潤滑システムもサーキットでハードな走行を繰り返しても音を上げない性能を持つとBMWは明言している。

トランスミッションはシフトスピード可変式のドライブロジック付きMステップトロニック8段AT、駆動方式は「M xDrive」と称する電子制御式4WDだが、「M5」のように完全後輪駆動を選択することはできないものの、駆動力配分は後輪寄りで、「スポーツ+」モードを選んでタイトコーナーからの脱出時に思い切ってパワーを与えればジリジリと後輪がはらみ出すことからも(アクティブMディファレンシャルも標準装備)このクルマが剽悍(ひょうかん)な性質を持つことが分かる。おとなしく流せば普通のX3と変わらずスムーズに従順に応えるが、フル加速すれば2tを超える車重ながら0-100km/h加速は4.1秒という爆発力を持つ。これは最新型「911カレラ」のスポーツクロノパッケージ付きと同等である。最高速はリミッターで250km/hに制限されるが、Mドライバーズパッケージを選べば285km/hまで引き上げられるという。

駆動方式は「M xDrive」と呼ばれる4WD。後輪駆動モードは用意されないものの、ノーマル状態でも後輪寄りにトルクを配分するセッティングとなっている。
駆動方式は「M xDrive」と呼ばれる4WD。後輪駆動モードは用意されないものの、ノーマル状態でも後輪寄りにトルクを配分するセッティングとなっている。拡大
ブラックを基調に、シルバーとカーボン調パーツでスパルタンにコーディネートされたインテリア。着座位置が高いので、前方視界は良好。
ブラックを基調に、シルバーとカーボン調パーツでスパルタンにコーディネートされたインテリア。着座位置が高いので、前方視界は良好。拡大
リムの太いMスポーツレザーステアリングを標準装備。ホーンボタンの左右には、あらかじめ設定した好みのドライビング設定を呼び出せる「M1/M2」ボタンがレイアウトされる。
リムの太いMスポーツレザーステアリングを標準装備。ホーンボタンの左右には、あらかじめ設定した好みのドライビング設定を呼び出せる「M1/M2」ボタンがレイアウトされる。拡大
テスト車にはレザーメリノとアルカンターラのコンビシートが装着されていた。これも含めてシート表皮のラインナップは全6タイプ。
テスト車にはレザーメリノとアルカンターラのコンビシートが装着されていた。これも含めてシート表皮のラインナップは全6タイプ。拡大

SUVと考えてはいけない

このどう猛なパワーが手綱を振りほどいてしまうことがないように、サスペンションは近ごろまれに見るというか、めったにないほどがっしり引き締まっており、金庫のように頑丈で重厚なボディーの動きを、グイグイ強引に押さえつけているような感触だ。ビシッバシッというラフなハーシュネスの類いはきれいさっぱり取り除かれてはいるものの、不正路面での上下動や段差での突き上げは明瞭かつかなり強烈であり、これでラフロードに乗り入れようとは端から思わない。路面によっては冒頭に書いたようにスパッと針路を乱すこともあるほどスパルタンだ。

サーキットを連続走行してもまったく問題ないタフな高性能がSUVに必要なのか、という疑問が頭の隅に引っかかって消えないままだが、文字通りSUVらしからぬパフォーマンスを秘めていることは間違いない。続々と参入するスーパーSUVに対抗するためにも必要なのだろうが、くれぐれもムチを入れる場合は注意してほしい。X3 Mコンペティションはその辺のSUVとはまったく別物、たけだけしいスポーツカーである。

(文=高平高輝/写真=荒川正幸/編集=藤沢 勝)

サスペンションのセッティングは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3種類。ハードにすればコーナリング時のロール量が減少するが、どれを選んでも乗り心地ははっきりとかたい。
サスペンションのセッティングは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3種類。ハードにすればコーナリング時のロール量が減少するが、どれを選んでも乗り心地ははっきりとかたい。拡大
トランスミッションはMドライブロジック付きの8段AT。シフトノブに備わるボタンでシフトスピードを変えられる。
トランスミッションはMドライブロジック付きの8段AT。シフトノブに備わるボタンでシフトスピードを変えられる。拡大
エンジン回転計のレッドゾーンは7200rpmから。速度計のフルスケールは330km/h。
エンジン回転計のレッドゾーンは7200rpmから。速度計のフルスケールは330km/h。拡大

テスト車のデータ

BMW X3 Mコンペティション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4730×1895×1675mm
ホイールベース:2865mm
車重:2030kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:510PS(375kW)/6250rpm
最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/2600-5950rpm
タイヤ:(前)255/40ZR21 102Y/(後)265/40ZR21 105Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)
燃費:9.1km/リッター(WLTCモード)
価格:1394万円/テスト車=1429万7000円

オプション装備:ボディーカラー<ドニントングレー>(0円)/レザーメリノ×アルカンターラコンビレザー<ブラック/ミッドランドベージュ>(0円)/Mドライバーズパッケージ(33万6000円)/リアシートバックレストアジャストメント(2万1000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:4199km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:338.7km
使用燃料:42.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.0km/リッター(満タン法)/8.1km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW X3 Mコンペティション
BMW X3 Mコンペティション拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。