トヨタが全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒し

2019.06.24 自動車ニュース

トヨタ自動車は2019年6月24日、2022年~25年をめどに行うとしていた全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒しすると発表した。

2018年11月、トヨタは「100年に一度と言われる大変革の時代に、より地域に根差した新たなモビリティーサービスを提供することができる販売ネットワークの変革に取り組む」とし、原則、国内約6000店舗のどのディーラーでもすべての車種が購入できる「全販売店全車種併売化」を実施すると発表している。

その手始めとして、東京では新会社となるトヨタモビリティ東京を立ち上げチャンネル制を廃止、東京直営店を統括している。これらの店舗ではこれまでチャンネルごとに使用されていたネーミングとカラーリングを廃止し、グローバルと共通となるトヨタブランドロゴのシンボルマークを使用。トヨタの全車種が販売されている。

来春5月への計画前倒しに関しトヨタは、「全国どの店舗でも、クルマや移動に関するあらゆるサービスを提供することで、ユーザーニーズにさらに寄り添うサービスの早期実現を目指す。具体的な計画については、今後さらに販売店各社とも相談しつつ進めていく」と述べている。

さらに「CASE(コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化)の進展による市場や時代の変化が加速する中で、ユーザーの利便性をさらに高める観点から、シェアリング事業については、車両販売店だけでなくトヨタレンタリース店にも適用を拡大。垣根を越えた利活用サービスのさらなる拡大を推進し、実施にあたっては全国一律ではなく、地域ごとに最適なネットワーク構築を進める」としている。

(webCG)

 
トヨタが全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒しの画像拡大

関連キーワード:
トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事