BMW Mの新たなフラッグシップモデル「M8」日本上陸

2019.06.25 自動車ニュース
BMW M8コンペティション
BMW M8コンペティション拡大

BMWジャパンは2019年6月25日、「BMW Mモデル」のフラッグシップクーペ「BMW M8」を発表し、同日に受注を開始した。

右から、発表会に登壇したBMWジャパンの代表取締役社長ペーター・クロンシュナーブル氏、ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長とセールス&マーケティングマネージャーであるピーター・シュペッ氏。
右から、発表会に登壇したBMWジャパンの代表取締役社長ペーター・クロンシュナーブル氏、ドイツから来日したBMW M社のピーター・クイントス副社長とセールス&マーケティングマネージャーであるピーター・シュペッ氏。拡大
最新の「Mモデル」であることを示す、ステアリングホイールに備え付けられた赤い「Mスイッチ」。運転支援システムの介入をコントロールする「Mモード」スイッチも「M8」が初採用となる。
最新の「Mモデル」であることを示す、ステアリングホイールに備え付けられた赤い「Mスイッチ」。運転支援システムの介入をコントロールする「Mモード」スイッチも「M8」が初採用となる。拡大
素材の異なる表皮でデザインされた「Mスポーツシート」を採用。ヘッドレスト部分に備わる「M」のロゴはイルミネーション付き。
素材の異なる表皮でデザインされた「Mスポーツシート」を採用。ヘッドレスト部分に備わる「M」のロゴはイルミネーション付き。拡大
「M8」のトップモデルとなる「M8コンペティション」には、BMW M社が開発を行った最高出力625psを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンが搭載される。
「M8」のトップモデルとなる「M8コンペティション」には、BMW M社が開発を行った最高出力625psを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンが搭載される。拡大
「M8コンペティション」には、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルやエンブレム、ドアミラー、リアスポイラーなどが装備されている。
「M8コンペティション」には、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルやエンブレム、ドアミラー、リアスポイラーなどが装備されている。拡大
「M8」のロゴと「competition」の文字が入るハイグロスブラック仕上げのエンブレムをリアに装着。
「M8」のロゴと「competition」の文字が入るハイグロスブラック仕上げのエンブレムをリアに装着。拡大

今回日本デビューを果たしたBMW M8は、「8シリーズ クーペ」をベースとするハイパフォーマンスモデル。BMW M社が開発を手がけた最高出力600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmの4.4リッターV8ツインターボエンジンに、後輪駆動を主とした四輪駆動システム「M xDrive」とドライブロジック付き「Mステップトロニック」と呼ばれる8段ATが組み合わされている。

M8には、エンジンレスポンスやステアリング、サスペンションなどの特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に加え、Mモデルで初めて「M専用インテグレーテッドブレーキシステム」を採用。この装備は、高負荷条件下でも優れた制動性と安定性を実現するために開発されたものだ。非バキューム式のブレーキブースターによって2kgの重量削減を実現したほか、快適性重視の「コンフォート」と素早い反応を重視した「スポーツ」の2つのモード設定を持ち、ブレーキペダルの踏み込み量を変更することも可能だという。

さらに、メーターパネルやヘッドアップディスプレイの表示方法や運転支援システムの介入をすべて有効とする「ロード」モードと、ドライバーが任意に設定した情報に基づき、前車接近警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリングへの介入を無効化する「スポーツ」モードを切り替え可能な「Mモード」スイッチもシフトレバー近くに設置されている。

M社が開発を手がけた四輪駆動システムM xDriveでは、エンジントルクを無段階かつ可変的に4輪に振り分け、搭載される「アクティブMディファレンシャル」によってトラクションを最適化。DSCの介入は極端な場合にのみに制限され、俊敏でスポーティーな走りを実現したという。通常使用される「4WD」モードのほか、ほぼ後輪駆動に近い「4WDスポーツ」モード、DSCをオフにして完全な後輪駆動となる「2WD」モードも用意されている。

さらにM8には、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定した「M8コンペティション」も設定。4.4リッターV8ツインターボエンジンの最高出力は625psにまで高められ、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルやエンブレム、ドアミラー、リアスポイラーを装備するとともに、先述のMモードスイッチには運転支援システムの快適性と安全性に関するすべて機能が無効となる「トラック」モードが追加されている。

日本での発表にあたり、ドイツから来日したBMW M社のセールス&マーケティングマネージャーであるピーター・シュペッ氏は、すでに「M8 GTE」としてレース活動を行っているレーシングマシンからのフィードバックを行っているなどの例を出し、「モータースポーツ由来のパフォーマンスとアグレッシブな内外装デザイン、そしてラグジュアリーな優雅さをすべて備えている」とM8を紹介。完成度の高さに自信をのぞかせた。

価格は以下の通り。

  • M8:2230万円
  • M8コンペティション:2433万円

納車は2019年12月以降に順次行われる。

(webCG)

関連キーワード:
M8クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る